100均のすだれおすすめ5選|室内外の日よけに使える!ダイソー・セリア・キャンドゥ別に

100均のダイソーやセリア、キャンドゥに、日よけ効果のあるすだれがあります。室内の目隠しなどにも活用できる、さまざまなサイズがラインナップされています。100均にあるおすすめのすだれや関連アイテム、リメイク&活用術について紹介しましょう。

目次

  1. 100均のすだれはサイズが豊富!
  2. 100均《ダイソー》のすだれおすすめ3選
  3. 100均《セリア》のすだれおすすめ1選
  4. 100均《キャンドゥ》のすだれおすすめ1選
  5. 100均のすだれの基本的な取り付け方は?
  6. 100均【店別】すだれ取付けフック&関連商品7選
  7. 100均のすだれのリメイク&活用術
  8. 100均のすだれは大活躍する便利アイテム!

部屋の窓の外に日よけとしてすだれを取り付けると、室内が日陰になります。夏の暑い日でも涼しく、快適に過ごせるでしょう。すだれは室内にかけるより、屋外にかけた方が涼しくなります。直射日光に当たったすだれは熱を帯び、室内にも熱が伝わります。すだれは屋外にかけるのが、おすすめです。

【用意するもの】

・すだれ
・すだれハンガーなど

【手順】

①すだれハンガーなどを窓のサッシに差し込む
②すだれハンガーのネジを回し、固定する
③すだれハンガーに、すだれをかける

すだれハンガーは窓のサッシだけでなく、雨戸枠や網戸などにも設置できます。すだれハンガーが取り付けられない場合は、100均のダイソーやセリアなどにあるマグネットタイプのフックがおすすめです。耐荷重量を確認し、すだれの重量に耐えられるフックを使いましょう。

強風のときはすだれがあおられるため、室内にしまいます。すだれの裾を紐などで固定するのも良いでしょう。

【100均のすだれの取り付け方】屋内

室内にすだれを取り付けると、悪天候のときにすだれをしまう手間がかかりません。すだれをカーテンレールに取り付ける方法を紹介します。カーテンレールの取り付けたすだれは、左右に移動できます。簡単に取り付けられて、便利です。

【用意するもの】

・すだれ
・カーテン用のアジャスターフックなど

【手順】

①カーテンレールのランナーにフックを取り付け
②フックにすだれをかける

フックの耐荷重量を確認してから、使用しましょう。プラスチック製のフックより、金属製のフックがおすすめです。すだれを固定したい場合は、カーテンレールや窓枠に使えるすだれフックを活用します。カーテンレールなどにすだれフックを挟み、ネジを締めて固定すると取り付けられます。

(ダイソーなどのカーテンフックについては以下の記事も参考にしてみてください。)

100均カーテンフック17選!ダイソー・セリアなど!付け方やアレンジ活用術も!

100均【店別】すだれ取付けフック&関連商品7選

100均のダイソーやセリア、キャンドゥにはすだれだけでなく、すだれを取付けフックなども売られています。簡単にすだれを取り付ける、とても便利なアイテムです。100均にはすだれを巻き上げるアイテムなどの関連商品も、豊富に揃っています。100均の店別に、すだれ取付けフックや関連商品を紹介しましょう。

①【ダイソー】すだれ掛け ネジタイプ

100均のダイソーにあるすだれ掛けネジタイプは、穴開けが不要なのが特徴です。すだれ掛け本体に付いているネジを手動で締めれば、簡単に取り付けられます。すだれ掛けネジタイプは2本入りで、すだれ掛けネジタイプ巻き上げ紐付きは1本入りです。どちらも、耐荷重量は6kgです。

巻き上げ紐を使うと、ロールスクリーンのようにすだれを扱えます。すだれの使い方を考慮して、ダイソーで必要なすだれ掛けを購入しましょう。

②【ダイソー】すだれ巻上器

すだれ巻上器を活用すると、すだれの上げ下ろしがスムーズになります。長さ180cmのすだれまで対応しています。頻繁に出入りする窓にあるすだれに取り付けると、便利です。長いすだれを半分ぐらいまでに巻き上げておく使い方もできます。100均ですだれと一緒に、取付けフックや巻上器も一緒に購入するのをおすすめします。

③【セリア】すだれ・オーニング用 取付けフック

100均のセリアにある、すだれとオーニング兼用の取付けフックです。裏面の粘着素材をマッチなどで炙って溶かし、サッシなどに接着させます。冷めると頑丈に固定でき、すだれを取り付けられます。粘着シールよりも安心と口コミされている、おすすめの取付けフックです。

100均にはすだれだけでなく、日よけ効果のあるオーニングも販売されています。すだれとオーニング兼用の取付けフックは、どちらにも使えて便利です。


④【セリア】ワイドフック

100均のセリアにある、穴開け不要のネジ式フックです。ネジを締めるだけで簡単に取り付けられます。耐荷量2kgで、軽いすだれを取り付けるのに十分活用できます。オーニングの取り付けに活用する際は、重量に注意が必要です。吸盤タイプより安定すると口コミされている、人気のフックです。

奥行き1cm、厚み4.2cm以上の場所には取り付けられません。すだれの設置場所をよく確認しましょう。

関連する記事