恋人と距離を置く意味はある?男女別の心理を元に解説!別れを防ぐ冷却期間中にすべき行動とは

恋人に「距離を置きたい」と言われたら「別れたいという意味?」と不安に感じる人は多いでしょう。距離を置く行為に意味があるのか疑問に感じる人もいるかもしれません。今回は「距離を置く」に隠された男女別の心理や、冷却期間中にすべき行動などを解説します。

目次

  1. 恋人と距離を置いたことはありますか?
  2. 「距離を置く」とは
  3. 距離を置こうと言う男性心理とは?
  4. 女性の「距離を置く」という意味は?
  5. 距離を置くことに意味はある?ない?
  6. 距離を置いて関係を良くするために
  7. 距離を置いている期間のNG行動
  8. 距離を置いた後はどう行動する?
  9. 距離を置く時は相手が気持ちを整理するまで待つのが大切!

恋人と距離を置いたことはありますか?

恋人から距離を置くことを提案されたら、不安な気持ちになりますよね。その言葉に隠された意味が分からないと感じる人もいるかもしれません。今回は男女別の心理から「距離を置く」という言葉が何を示すのか、距離を置く行為の意味について紹介します。関係を修復するために必要な期間や、冷却期間中にやってはいけないNG行動もあわせて解説します。

「距離を置く」とは

「距離を置く」とは、どのような意味で使用される言葉か知っていますか。ここでは国語的な意味での「距離を置く」という言葉の意味と、恋愛で使用される場合の意味を解説していきます。まずは言葉の意味をしっかりと理解し、具体的にどのような行動をとるべきか考えてみましょう。

「距離を置く」という言葉の意味

国語的な意味合いでの「距離を置く」は「隔たること」「やや疎遠になること」という意味で用いられます。一方、恋愛においての「距離を置く」は「交際相手と連絡を取り合う機会を減らすこと」という意味になります。お互いに干渉せず、会ったり連絡を取り合ったりしないことが「距離を置く」という行動と言えるでしょう。

距離を置こうと言う男性心理とは?

「距離を置こう」と言った場合、人はどのような心理状態なのでしょうか。距離を置く心理は、男女差や個人差があることが知られています。言葉の奥に隠された相手の本心を見誤ると、お互いが望んでいなくとも別れる結果になりかねません。

「距離を置こう」と言ったときの男性の心理から説明していきましょう。

男性心理①自分の気持ちを見直したい

自分の気持ちを見直したいときに、距離を置こうと決意する男性は多いようです。喧嘩が多いカップルは特に「お互いにとって一緒にいないほうが幸せかもしれない」という気持ちになりがちです。彼女への愛情はあるものの、不満も少なからずある場合、男性は「現状を冷静に見つめ直そう」という意味を込めて「距離を置こう」と言うことがあります。

男性心理②別れることを視野に入れている

男性が距離を置く心理として、別れることを視野に入れているときもあります。「別れを突然切り出すのはショックが大きいだろう」という彼女への優しさや「険悪な雰囲気に耐えられない」という気持ちから、別れ話を切り出せない人は多くいます。会わない間に彼女の気持ちが自分から離れて、自然消滅することを期待している場合もあるでしょう。

男性心理③仕事や趣味が忙しい

「仕事や趣味に集中したい」という意味で、距離を置くことを考える男性もいます。彼女を嫌いになったわけではなくても、忙しすぎると恋愛に気持ちが向かなくなることもあるでしょう。

彼氏が完璧主義な場合は特に、仕事と恋愛を両立できない現状に自己嫌悪を感じ「次のプレゼン発表が終わるまでは、仕事だけに注力したい」などと、恋愛を負担に感じてしまうことがあります。

男性心理④恋愛に疲れてしまった

距離を置く彼氏の心理として恋愛自体に疲れを感じている可能性があります。会う前に毎回「デートの計画はどうしよう」「何を話そう」と考えすぎる人は、徐々に疲労が蓄積されがちです。気づけばキャパオーバーとなり、本来ワクワクするはずの恋愛にストレスを感じて、少し彼女と距離を置きたいという気持ちになるのです。

関連する記事