業務スーパーの冷凍ミニクロワッサンが売り切れ続出?おすすめの焼き方やアレンジレシピを紹介!

業務スーパーの商品の中でも売り切れが続出していると噂の冷凍フレンチミニクロワッサンですが、人気の理由には何があるのでしょうか。ここでは業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンの特徴や味、おいしく食べるための焦げない焼き方やアレンジレシピまで紹介していきます。

目次

  1. 業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンが美味しい
  2. 業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンって何?
  3. 業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンの焼き方
  4. 業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンのおすすめアレンジレシピ3選
  5. 業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンは購入必須!

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンが美味しい

出典:https://www.pinterest.jp/pin/816770082433245381/

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンは、冷凍パンで本格的な味が楽しめると人気の商品です。あまりの人気ぶりに売り切れ店舗が続出し、一部では在庫があることが幻とまでいわれるほどです。冷凍パンなので、生地をオーブントースターで焼くだけで簡単にパン屋さんで食べるようなおいしいクロワッサンが食べられます。

こちらのクロワッサンは、焼いてそのまま食べるのはもちろん、具材をはさんでクロワッフルやクロワッサンサンドなどアレンジを加えてみるのもおすすめです。生地そのものが美味しいので、アレンジ次第でカフェで食べるような一品が簡単にできあがります。

(業務スーパーの人気商品については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーにアーモンドプードルの売り場は?売り切れが多い?他の販売店や作り方も紹介!

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンって何?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/816770082433245400/

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンは、本場フランスからの直輸入品です。フランスの冷凍食品を扱っている「ピカール」という店のオンラインショップでも購入できます。クロワッサン生地に使用するバターは、フランス南西部シャラント県産の「AOP認証発酵バター」を24%配合し、卵は平飼い鶏を使用しているというこだわりのある商品です。

本格的なクロワッサン生地が冷凍の状態で販売されており、あとはオーブントースターで焼くだけで食べられる手軽さも魅力の1つです。さらに、大容量で低価格という業務スーパーならではのコスパの良さも売り切れになるほど人気の理由といえます。

(業務スーパーのパンについては以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーのパン全9選!食パンやベーグルのアレンジレシピや冷凍パンも!

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンの商品詳細

税込価格338円
内容量240g(10個)
賞味期限購入時から10ヶ月
カロリー322kcal(100gあたり)
製造元フランス



クロワッサン生地は冷凍の状態で約7cm、焼きあがると約11~13cmになります。1袋あたり10個入っていて税込321円です。1個当たりに換算すると、約30円という安さです。ピカールのオンラインショップでは同じものが627円で販売されており、約半分の価格で買える業務スーパーでは冷凍フレンチミニクロワッサンが売り切れ続出しているのです。

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンは発酵バターで濃厚な本格生地

出典:https://i.pinimg.com/564x/8f/c5/fd/8fc5fd058c8d647ae0534cfdaee90b3f.jpg

パッケージの裏面に「発酵バターをたっぷりと練りこんだクロワッサン生地」と記述があるように、生地を仕込む際に発酵バターが18%使用されています。通常のバターに比べて、コクが深まり風味が増します。

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンの焼き方

出典:https://www.pinterest.jp/pin/816770082433245383/

せっかくの本格生地クロワッサンを美味しく食べるためには少しコツが必要です。冷凍のクロワッサン生地であるため、まずは常温で半解凍状態にしてから焼き始めましょう。加熱方法によって焼き加減が異なり、焼き方によっては表面が焦げたり、焼きムラができたりしてしまうこともあります。

ここからは、業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンを焦げないように美味しく焼き上げる方法を紹介します。

業務スーパーの冷凍フレンチミニクロワッサンをオーブントースターで焼く場合

関連する記事