トイレブラシの人気おすすめ15選!100均・無印など!収納もおしゃれで機能的に!

いつも清潔で快適な空間にしておきたいトイレの掃除には、トイレブラシが欠かせません。今回はトイレ掃除におすすめのトイレブラシの選び方のポイントや、口コミを交えた人気トイレブラシのおすすめ15選をブラシ・スポンジ・使い捨てなどタイプ別にご紹介します。

目次

  1. トイレ掃除にはトイレブラシが欠かせない!
  2. トイレ掃除におすすめのトイレブラシの選び方は?
  3. トイレブラシを選ぶときには収納ケースも要チェック!
  4. トイレ掃除を快適に!人気トイレブラシのおすすめ15選
  5. 【ブラシ】人気トイレブラシのおすすめ
  6. 【スポンジ】人気トイレブラシのおすすめ
  7. 【使い捨て】人気トイレブラシのおすすめ
  8. トイレブラシを使ったこんな掃除法もおすすめ!
  9. トイレブラシを使った掃除でトイレを清潔に!

トイレ掃除にはトイレブラシが欠かせない!

いつも清潔な空間に保ちたい場所のひとつに、トイレが挙げられます。そんなトイレを、皆さんはどんな方法で掃除していますか?手で直接トイレに触れるのは、どうしても抵抗があるものですよね。快適なトイレ掃除のためには、便器内に手を入れずに磨くことができるトイレブラシが欠かせません。

こちらの記事では、前半でトイレ掃除におすすめのトイレブラシの選び方についてご紹介しています。人気トイレブラシのおすすめ15選について知りたい方は、記事の後半からご覧くださいね。

トイレ掃除におすすめのトイレブラシの選び方は?

まずは、トイレ掃除におすすめのトイレブラシの選び方についてご紹介していきます。「トイレブラシ」といっても、ブラシ部分がスポンジになっているものや使い捨てができるものなど、タイプはさまざま。ここでは、それぞれのタイプの使い方やコスパについても触れていきます。

「トイレ掃除にトイレブラシは使わない」という方も、こちらの選び方を参考にしながら、より快適なトイレ掃除の方法を考えてみてはいかがでしょうか?

(トイレ掃除の方法については以下の記事も参考にしてみてください)

トイレの黒ずみ・水垢を簡単に落とすやり方!汚れの原因や予防法も!
重曹&クエン酸で掃除が簡単ピカピカ!場所別に使い方を紹介!洗濯にも!

掃除で使うトイレブラシにはどんなタイプがおすすめ?

先ほども触れましたが、トイレブラシにはブラシ部分が異なるさまざまなタイプがあります。具体的には、定番のブラシタイプや磨く部分がスポンジになっているタイプ、掃除の度にブラシ部分を交換できる使い捨てタイプです。それぞれに違った良さがありますので、自分の掃除スタイルに合ったものを選ぶと良いですね。

では、各タイプの使い方や気になるコスパについてもご紹介していきます。それぞれの特徴を理解したうえでトイレブラシを取り入れると、トイレ掃除がとても快適になります。普段のトイレ掃除にトイレブラシを使わない方も必見ですよ。

【ブラシ】トイレ掃除でのおすすめの使い方やコスパは?

お店でも見かける機会が多いブラシタイプを使った掃除では、水切れの良い毛に水分と洗剤を含ませて便器を磨いていきます。落ちにくい汚れも力を入れてこすることできれいになるのですが、便器を傷付けてしまうこともあるのが難点です。便器を傷付けたくない場合は、柔らかくふわふわした素材のソフトタイプブラシを選ぶと良いでしょう。

商品によってブラシの形状にもさまざまな特徴があり、便器のフチ裏や排水溝などの厄介な汚れを落としやすい便利なものもあります。普段はトイレブラシを使わない方も、汚れが落ちにくい部分にはぜひトイレブラシを取り入れてみてくださいね。また、ブラシタイプは比較的コスパが良く、こまめに消毒をしていれば毛先が広がるまで使い続けられます。

【スポンジ】トイレ掃除でのおすすめの使い方やコスパは?

磨く部分がスポンジになっているタイプは水がはねにくいので、力を入れて汚れをふき取るように便器をこすりましょう。ただ、水切れがあまり良くないため、こまめに消毒をしたり干したりして衛生面に配慮する必要があります。スポンジの形状は便器のフチ裏や排水溝にも入り込みやすく、1本ですみずみまできれいに磨ける便利なものが多く販売されていますよ。

そして、スポンジタイプのトイレブラシは、スポンジ部分がへたってきたら新しいものに交換しましょう。ただ、スポンジタイプは雑菌が繁殖しやすいので、衛生面が気になる場合はスポンジの状態に関係なくこまめに買い替えるのがおすすめです。そのため、ブラシタイプよりはコスパが悪いと考えるのが良いでしょう。

【使い捨て】トイレ掃除でのおすすめの使い方やコスパは?

ideaco online storeさん(@ideaco_home)がシェアした投稿 -

トイレ掃除の度にブラシの部分を新しいものに交換する使い捨てタイプは、その便利さと衛生的な面から人気を集めるようになりました。使い捨てブラシに洗剤も含まれているので、液体洗剤は使わずに汚れが気になる部分から磨いていきましょう。掃除の後はブラシ部分を捨てるだけで、面倒なお手入れをする必要もありません。

しかし、使い捨てタイプのトイレブラシはコスパが非常に悪いのが難点です。毎回交換しているとすぐにストックがなくなりがちなので、使い捨てブラシの予備はお得なタイミングでまとめ買いをしておくと良いでしょう。

トイレブラシを選ぶときには収納ケースも要チェック!

関連する記事