よく道を聞かれる人に共通する15の特徴!良いオーラが出てる証拠…?

街を歩くと見ず知らずの人からよく道を聞かれるということはありませんか?こちらの記事では、よく道を聞かれる人の特徴・オーラの関係を解説、また性格やタイプの共通点、心理学的な視点からもくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. どうして?よく道を聞かれる不思議
  2. どんな人がよく道を聞かれる?15の特徴でわかる傾向
  3. 道を聞いてくる人の人選はどうなっている?
  4. よく道を聞かれるけど声をかけられたくない人の対処法
  5. よく道を聞かれる人のオーラ・スピリチュアルとの関係
  6. 外国人観光客によく道を聞かれるのはなぜ?対処法は?
  7. よく道を聞かれる人が道を知らない場合の対処法
  8. 道を聞かれたら無視する人の心理
  9. よく道を聞かれることは良いこと!でも警戒心も必要

どうして?よく道を聞かれる不思議

唐突ですが、皆さんはよく道を聞かれるタイプですか?普段、何気なく歩いていて知らない人から道を聞かれる頻度が多いタイプの人とそうでないタイプの人がいます。良く道を聞かれるタイプの人は少なからず「なぜ、私に聞くんだろう?」と不思議に思ってしまいますよね。

今回は、よく道を聞かれるタイプの人の特徴、共通点をご紹介します。またスピリチュアル的なオーラとの関係、心理学的などの面からも迫っていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どんな人がよく道を聞かれる?15の特徴でわかる傾向

道に迷ってしまった時や初めての場所で目的地までたどり着けないといった場合、皆さんならどうしますか?「誰でもいいから聞く」というタイプの人は少数派のではないでしょうか。では、道に迷った場合はどんな人に道を聞くのでしょう。実はよく道を聞かれる人には特徴・共通点があります。

そこで、よく道を聞かれる人の特徴を15個ご紹介します。

よく道を聞かれる人の特徴①:女性

良く道を聞かれるのは、男性よりも女性が多いという共通点があります。男性の場合、日中は仕事だということもあり歩く速度も速く、声をかけにくい印象があるでしょう。そして女性の中でも10代・20代の人よりも30代から50代位の人が道を聞かれる率が高い傾向にあります。

これは心理学的なことから安心感が持てるといった理由で男性よりも女性が選ばれています。そして少し世代が上がるとより安心感が増すということがあります。

よく道を聞かれる人の特徴②:ちゃんと教えてくれそうな人

道を聞く側はやはり、心理学的にも誠実そう、信用できそう、丁寧に教えてくれそうといった「ちゃんと教えてくれそうなタイプの人」に声をかけることが多いでしょう。やはり、いかにも面倒くさそう、迷惑そうに話をされるよりもちゃんと教えてくれるとお互い気持ちの良いものですよね

よく道を聞かれる人の特徴③:ニコニコとしている人

笑顔で接してくれる人に悪い印象を持つことはあまりありません。心理学的にも言えますが、しかめっ面や怒ったような顔の人には、あまり声をかけたくないものです。

朗らかでにこにこした感じの人、にこやかな人には、道を尋ねたくなり、よく道を聞かれる人の共通点ではないでしょうか。

よく道を聞かれる人の特徴④:おしゃれ過ぎない一般的な服装の人

知り合いや友人、同僚などよく知っている人なら先入観を持って接することはあまりありませんね。心理学的にも流行の最先端を行くファッションは、少し近寄りがたい印象を持ってしまいがちと言われています。

清潔感があり、普通のヘアスタイルやファッションの人は声をかけやすい傾向にあります。また、あまりおしゃれに気を使わないタイプの人も、印象として声をかけやすく感じるといえるでしょう。

よく道を聞かれる人の特徴⑤:賢そうな人

わかりにくい説明よりもわかりやすく簡潔に話してもらえると、とても助かりますね。道を尋ねる場合は心理学的なことからもわかりやすく説明をしてくれることを期待します。そして賢そうな人を無意識に選んでいる人が多いでしょう。

例えば眼鏡をかけていたり、きちんとした服装であるという印象を受けるタイプの人たちです。

よく道を聞かれる人の特徴⑥:危険な雰囲気を感じない人

関連する記事