よく道を聞かれる人に共通する15の特徴!良いオーラが出てる証拠…?

街を歩くと見ず知らずの人からよく道を聞かれるということはありませんか?こちらの記事では、よく道を聞かれる人の特徴・オーラの関係を解説、また性格やタイプの共通点、心理学的な視点からもくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. どうして?よく道を聞かれる不思議
  2. どんな人がよく道を聞かれる?15の特徴でわかる傾向
  3. 道を聞いてくる人の人選はどうなっている?
  4. よく道を聞かれるけど声をかけられたくない人の対処法
  5. よく道を聞かれる人のオーラ・スピリチュアルとの関係
  6. 外国人観光客によく道を聞かれるのはなぜ?対処法は?
  7. よく道を聞かれる人が道を知らない場合の対処法
  8. 道を聞かれたら無視する人の心理
  9. よく道を聞かれることは良いこと!でも警戒心も必要

慌ただしそうな人やせかせかした人には心理学的に声をかけにくいものですが、落ち着いて見える人なら道を聞く側も慌てず落ち着いて聞くことができます。やはり、落ち着いた雰囲気の人は、それだけで相手を落ち着かせてくれるものなのでしょう。

よく道を聞かれる人の特徴⑮:頼れそうな人

頼れそうな雰囲気の人なら、道を聞いてもきっちりと教えてくれそうという印象を持つためによく道を聞かれるでしょう。道を聞く人は外見や見た目、自分が持つ相手の印象によって聞く人を決める場合が多いといわれています。

そういった点を考えると普段の服装や髪形、立ち居振る舞いは、とても大切なことになりますね。

道を聞いてくる人の人選はどうなっている?

よく道を聞かれる人の中には、道を聞かれると「あー、またか」「なんでいつも私?」と思ってしまう人もいるでしょう。では、道を聞いてくる側の人はどのような基準で人を選んでいるのか、その共通点をご説明します。

道を聞いてくる人はどうやって人を選ぶ?

「子供の頃におばあちゃんから、道を聞かれる人になりなさいと言われた」という人は多いかもしれません。それほど見ず知らずの他人から道を聞かれる人は、きちんとした身なりで落ち着いた穏やかな表情を持っています。

そして、「この人ならきちんと答えてくれそう」といった印象を持つ人に訪ねることが多くあります。このように道を聞かれることは人は外見で道を聞く人を判断しているといえます。

その他の判断基準

よく道を聞かれる人の特徴について前述でご紹介しましたが、共通点としては優しそうであったり、穏やかであったり、服装や表情などの見た目がまずあるでしょう。そして、人を引き寄せるオーラを感じたり落ち着いた印象を持つなど、その人が持つ雰囲気や性格があります。

また、社会的地位とはあまり関係のなさそうな人ということも声をかけやすそうな印象を持たれやすくなります。よく道を聞かれる人は外見、雰囲気や見た感じの性格で判断されているといえるでしょう。

よく道を聞かれるけど声をかけられたくない人の対処法

よく道を聞かれる人の中には、人見知りな性格や道順の説明があまり上手にできないといった理由で実はあまり声をかけられたくないと思っている人もいるのではないでしょうか?そこで、声をかけられたくない時の対処法をご紹介します。

ニコニコしない

人は誰でも笑顔を見ると安心して、道を聞いてしまう傾向にあります。あえてニコニコせずに笑顔を見せない、にこやかな雰囲気を出さずにいることも一つの対処法です。ただし、人を引き寄せるオーラを発している場合には、効果があまりないかもしれません。

速く歩く

いつもゆっくり歩くという人は、少し速めの速度で歩いてみてはいかがでしょうか?速く歩くことで少しでも忙しい、急いでいるといった印象を持ってもらい、道を聞かれる回数が減る可能性があります。ただ、信号はしっかりと守りましょう。

服装を変えてみる

いつもカジュアルでベーシックなスタイルをしている人は、最新トレンドを取り入れてみるなど、いつもとは違うファッションにしてみてはいかがでしょうか?「ちょっとおしゃれ過ぎるかな」くらいのスタイルで雰囲気を変えてみると、道を聞かれにくくなるかもしれません。

よく道を聞かれる人のオーラ・スピリチュアルとの関係

関連する記事