よく道を聞かれる人に共通する15の特徴!良いオーラが出てる証拠…?

街を歩くと見ず知らずの人からよく道を聞かれるということはありませんか?こちらの記事では、よく道を聞かれる人の特徴・オーラの関係を解説、また性格やタイプの共通点、心理学的な視点からもくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. どうして?よく道を聞かれる不思議
  2. どんな人がよく道を聞かれる?15の特徴でわかる傾向
  3. 道を聞いてくる人の人選はどうなっている?
  4. よく道を聞かれるけど声をかけられたくない人の対処法
  5. よく道を聞かれる人のオーラ・スピリチュアルとの関係
  6. 外国人観光客によく道を聞かれるのはなぜ?対処法は?
  7. よく道を聞かれる人が道を知らない場合の対処法
  8. 道を聞かれたら無視する人の心理
  9. よく道を聞かれることは良いこと!でも警戒心も必要

地図を見る

まず土地勘がないことを伝え「お役に立てるかどうかわかりませんが」と言って目的地を聞いてみましょう。そして地図を持っていれば確認してみる、またはスマホなどのアプリで探してみましょう。

近くにいる人に聞いてみる

やはり確実なのは、土地勘のありそうな人に聞くことです。代わりに近くにいる人に聞いてあげたり、交番や駅へ行ってもらうなどの対応だけでも充分です。もし、急いでいて時間がない場合は「時間がないので、すみません」といった一言で印象がとても違います。

道を聞かれたら無視する人の心理

人に道を聞いたら無視されたという人もいるでしょう。あまり気持ちのいいものではないのですが、道を聞かれて無視した時の心理はどうなっているのでしょうか。では、道を聞かれて無視する心理についてご紹介します。

人と話すことが苦手・人見知り

性格的なことから、ついつい無視してしまったということが考えられます。人見知りの性格で人と話すことが苦手な場合、外見は関係なく、見ず知らずの他人と話をする事が苦痛となることがありますので、できれば他人と話したくないという心理から無視をしてしまったのでしょう。

怖そうな人に道を聞かれた

主に女性に関して言えることだと思いますが、強面の人や目つきの鋭い人に道を尋ねられるとできれば関わり合いたくないという心理や緊張から、逃げ出してしまうこともあるでしょう。やはり、見ず知らずの他人にに道を聞くことになりますので、聞く側も雰囲気や外見には気を遣った方がいいでしょう。

急いでいた

電車に乗り遅れる、会社や学校に遅刻するといった、とても急いでいる時に道を聞かれ、気が付かずに走り去ってしまった、また、聞こえていたけれど止まることができなかったということがあるでしょう。この場合もできれば「急いでいますので、すみません」などと伝えるといいでしょう。

よく道を聞かれることは良いこと!でも警戒心も必要

よく道を聞かれる人の特徴・共通点、スピリチュアルとの関係などをご紹介しましたが、当てはまるものはありましたでしょうか?よく道を聞かれるということは人の手助けをしていることになるので、できれば続けていくといいでしょう。

ただ、親切に目的地まで一緒に行く場合もあるかもしれませんが、女性一人だけで行くことは避けましょう。よく道を聞かれる人もある程度の警戒心も必要だということは、忘れないようにしてくださいね。

関連する記事