ニット帽が似合わない人の特徴は?男女別・輪郭別に正しいかぶり方も!

【美容師監修】ニット帽が似合わない人の特徴を《丸顔》《面長》《エラ張り》《顔がでかい》など輪郭別に見ていきます。また、何故似合わないのかという理由と、ニット帽で自分を表現できるかぶり方やニット帽の種類やその特徴、顔の形のチェックなどをご紹介します。

目次

  1. ニット帽コーデが難しい理由
  2. ニット帽の種類と編み目・編み方の違い
  3. あなたはどれ? 顔の形チェック
  4. 頭のサイズと帽子のサイズ
  5. ニット帽が似合わない男性の特徴7選!
  6. ニット帽が似合わない男性の特徴①丸顔
  7. ニット帽が似合わない男性の特徴②面長
  8. ニット帽が似合わない男性の特徴③逆三角形
  9. ニット帽が似合わない男性の特徴④四角形
  10. ニット帽が似合わない男性の特徴⑤ベース顔
  11. ニット帽が似合わない男性の特徴⑥顔がでかい
  12. ニット帽が似合わない男性の特徴⑦頭が小さい・頭が大きい
  13. ニット帽が似合わない男性へ!《輪郭別》の正しい被り方!
  14. ニット帽が似合わない女性の特徴7選!
  15. ニット帽が似合わない女性の特徴①丸顔
  16. ニット帽が似合わない女性の特徴②面長
  17. ニット帽が似合わない女性の特徴③逆三角形
  18. ニット帽が似合わない女性の特徴④四角形
  19. ニット帽が似合わない女性の特徴⑤ベース顔
  20. ニット帽が似合わない女性の特徴⑥顔がでかい
  21. ニット帽が似合わない女性の特徴⑦頭が小さい・頭が大きい
  22. ニット帽が似合わない女性へ!《輪郭別》の正しい被り方!
  23. ニット帽をかぶる時の注意点
  24. ニット帽はユニセックス(男女兼用)
  25. ニット帽で自分を表現!

シンプルなワッチキャップ(ビーニー)をベース顔の人がかぶると、似合わないです。その理由は、四角顔の人とあとで紹介する顔がでかい人と同じでワッチキャップ(ビーニー)をかぶると顔の輪郭やエラが強調されるからです。ベース顔の人の似合わない髪型は、前髪をパッツンにする髪型です。顔の輪郭が目立ってしまうためです。

ニット帽が似合わない女性の特徴⑥顔がでかい

出典:https://wear.jp/lisaelise/8952339/

顔がでかい人がシンプルなピッタリとしたワッチキャップ(ビーニー)を深めにかぶるととても顔が大きいと思われてしまいます。その理由は、四角顔の人やベース顔の人と同じで、輪郭が強調されるためです。顔がでかい人の似合わない髪型は、前髪をつくる髪型です。顔がでかい人は前髪で顔を隠す髪型にしがちですが、顔の輪郭が目立つため似合いません。

ニット帽が似合わない女性の特徴⑦頭が小さい・頭が大きい

出典:https://wear.jp/chrt/11711454/

男性の似合わない特徴と同じになりますが、頭が大きい人、小さい人は、まずサイズが合っていることが大事です。でないと、ニット帽が似合わない印象になります。ニット帽は伸縮するので、頭が大きい人もかぶれてしまいますが、無理に着用するとシルエットが歪になります。頭が小さい人もかぶってもだぼだぼしているように見えてしまいます。

ニット帽が似合わない女性へ!《輪郭別》の正しい被り方!

出典:https://wear.jp/onozoxxx/9047766/

ここまで、輪郭別などの女性のニット帽の似合わない特徴を見てきましたが、ここからは自分の顔の輪郭別などに正しいニット帽のかぶり方を見ていきます。丸顔、面長、逆三角形、四角形、ベース顔、顔がでかい頭が大きい、小さいなどご本人にとってはコンプレックスになっている方もおられると思いますが、それをカバーできるかぶり方と髪型も合わせて紹介します。

丸顔の女性のニット帽の正しいかぶり方

出典:https://wear.jp/dholic/5244897/

丸顔の人はどのニット帽も似合いますが、それは浅くかぶるということが前提になります。丸顔の人は縦のラインを意識して丸顔が強調されないようにしましょう。丸いデザインのニット帽をおでこを出し浅くかぶるのが一番似合います。また、ボリュームのあるローゲージニットなどを立ててかぶるのもおすすめです。

出典:https://wear.jp/wear10069/12840100/

丸顔の人に似合う髪型は、前髪を分ける髪型です。ニット帽をかぶる際は、少しニット帽の中に前髪を入れてあげると、縦ラインが出来るためとても良いスタイルになります。

面長の女性のニット帽の正しいかぶり方

出典:https://wear.jp/todaysoutfit/11273723/

面長の人はシンプルなワッチキャップ(ビーニー)を深くかぶることをおすすめします。その理由は深くかぶることによって帽子の高さをなくし、面長が強調されないようにするためです。サイドにボリュームがある方が縦の長さがやわらぐので、ハイゲージニットよりローゲージニットがおすすめです。

関連する記事