長続きするカップルの秘訣〈年代別〉15選!すぐ別れるカップルの特徴7選も!

カップルが長続きするためには、彼氏・彼女の年齢や置かれている環境に応じた最適解があります!今回は、会話・LINE・会う頻度など、【中学生】【高校生】【大学生】【社会人】の年代別に、長続きするカップルの秘訣15選をご紹介します。また番外編として、3年以上続いているカップル限定の長続きエピソードもどうぞ!

目次

  1. 大好きな彼と長続きしたい!
  2. 長続きするカップルの秘訣15選
  3. 【中学生】長続きカップルになるには
  4. 【高校生】長続きカップルになるには
  5. 【大学生】長続きカップルになるには
  6. 【社会人】長続きカップルになるには
  7. 【全年代】に共通する絶対に守るべき3つの鉄則!
  8. すぐ別れるカップルの特徴7選!
  9. 長続きするカップルと短命カップルとの違いは?
  10. 別れたくない!喧嘩を上手にするコツ
  11. 熟年カップル直伝!長続きの秘訣は?ラブラブエピソード!
  12. いつまでもラブラブ!長続きカップルを目指そう

高校生になると、ある程度自由になりますので放課後のデートや会う頻度も増えます。しかし、会う頻度が増したり、お互い自由な時間が増えるとマンネリ化しやすくもなりますよね。そこで、二人で一緒にできる共同作業がおすすめです。

まだ高校生ですし、お金もあまりかけられませんので、簡単なものでも大丈夫です。例えば、一緒に図書館に行って時間を決めて勉強をしたり、ボウリングなど二人で楽しめる遊びをしたり、SNSで二人で1つのアカウントを作成して思い出を残したり。二人で楽しめる事があるとマンネリ解消になりますよ。

長続きカップルの秘訣⑤【二人の時間を作る】

高校生は中学生に比べると、今後の進路をより真剣に考えるようになりますよね。また、卒業したら就職する人もいますし、恋人だけではなく友達との思い出作りに時間を割きたくなるものです。長続きカップルを目指すなら、友達との時間を大切にしつつ恋人との時間も確保することが大切です。

ならば、友達と遊ぶ時間に彼を呼んで一緒に過ごしてしまえば良いかというとそうではありません。もちろん、そのような時間があっても良いですが、友達と恋人はしっかり分けて時間を作りましょう。恋人にしか見せられない姿や話せないこともたくさんあります。

恋人と二人きりになりたい時にいつも第三者がいると、相手は不満が溜まってしまいます。LINEや電話などでももちろん会話はできますが、顔を見て身近に相手を感じられる方が相手も安心しますよ。

長続きカップルの秘訣⑥【こまめに連絡をとる】

受験勉強や就職活動、部活にアルバイトなど高校生は意外と忙しいものです。お互いの進路ややりたいことが違えば、やるべきことも変わってきますので、いつも一緒にいられるというわけにもいかなくなります。だからこそ、中学生の頃よりもこまめな連絡が大切です。

特に、学校の外での活動が増え、学校以外での出来事は自分が関わっていなければ見えない部分ですので大きな不安要素になります。放っておくと喧嘩や別れの原因にもなりかねませんので、塾やアルバイトの行き帰りや休憩時間など、空いた時間に連絡をとりましょう。

【大学生】長続きカップルになるには

長続きカップルの秘訣⑦【相手の考えを尊重する】

大学生になるとさらに時間もお金も自由になります。だからこそ、その使い道は人によって本当に様々です。デートにかけられる時間やお金ももちろん増えますので、会う頻度が増えるのではと期待してしまいがちです。しかし、社会人になる前の最後の貴重な4年間です。

気の置けない友人を作ったり、部活に取り組んだり、留学やアルバイトなど今でしかできないこともたくさんあります。一見遊んでばかりに見えたり、アルバイトに明け暮れているように見えても、相手にはそれなりに考えがあってのこと。

不安になったり、もっと自分に時間を割いてほしい時は素直に伝えて、相手の考えも聞き出してみましょう。そして、相手のことを責めずに、お互い一人の大人として相手の考えを尊重するようにしましょう。

特に、大学生になると社会と触れ合う機会も増えるため、自分の考えを受け入れてもらえることも減ってきます。そこで一番好きな恋人から考えを尊重してもらえれば、とても貴重な存在として感謝され、大切にしてくれるでしょう。

長続きカップルの秘訣⑧【お互いを思いやる】

当たり前のようなことですが、時間やお金に余裕ができてくるとお互い自己中心的に行動や言動をしやすくなるのが人間です。ですが、自分が忙しかったり、やりたいことがあるのと同様に相手も忙しく、デートやLINEのやり取り意外にしなければならない事もあります。

だからと言ってLINEの返信が遅かったりすると不安になりますし、異性もいるサークルなどで飲み会があったりするとよからぬ想像をして気になってしまいますよね。

お互い心配事ができないよう相手を思いやる行動を心がければ、こういった不安要素は解消できます。レポートに集中したい日はあらかじめ相手に連絡ができないことを伝えたり、逆に飲み会のある日は頻繁に連絡を取るようにするなど、相手が安心できるように行動するのも大人に近づいた大学生だからこそできることです。

長続きカップルの秘訣⑨【約束は守る】

関連する記事