長続きするカップルの秘訣〈年代別〉15選!すぐ別れるカップルの特徴7選も!

カップルが長続きするためには、彼氏・彼女の年齢や置かれている環境に応じた最適解があります!今回は、会話・LINE・会う頻度など、【中学生】【高校生】【大学生】【社会人】の年代別に、長続きするカップルの秘訣15選をご紹介します。また番外編として、3年以上続いているカップル限定の長続きエピソードもどうぞ!

目次

  1. 大好きな彼と長続きしたい!
  2. 長続きするカップルの秘訣15選
  3. 【中学生】長続きカップルになるには
  4. 【高校生】長続きカップルになるには
  5. 【大学生】長続きカップルになるには
  6. 【社会人】長続きカップルになるには
  7. 【全年代】に共通する絶対に守るべき3つの鉄則!
  8. すぐ別れるカップルの特徴7選!
  9. 長続きするカップルと短命カップルとの違いは?
  10. 別れたくない!喧嘩を上手にするコツ
  11. 熟年カップル直伝!長続きの秘訣は?ラブラブエピソード!
  12. いつまでもラブラブ!長続きカップルを目指そう

彼との会話の中で、無意識に彼を非難したりしていませんか。自分では彼の気持ちを確認したいだけ、彼にしてほしい事を素直に伝えているだけのつもりでも、彼をとても傷つけている場合があります。非難され続けると人は自信を無くします。自信を無くすと「彼女を幸せにできないかもしれない」と別れを選択する可能性もあります。

自分の考えや思いを伝える前に感情的にならず、どのように伝えれば彼が傷つかず受け入れられるかを考えて言葉を選ぶと自然と優しく会話ができますよ。

短命カップルの特徴④【ステータスだけで付き合っている】

一見ラブラブに見えてもどちらかが相手のステータスだけに魅力を感じて付き合っていると短命への道のりをまっしぐらです。結婚を意識すると、彼の経済面や地位もある程度必要にはなりますが、愛情が無ければ、許せることも許せなかったりします。恋愛は愛情ありきですので、心ときめく相手をパートナーに選びましょう。

短命カップルの特徴⑤【どちらかが依存している】

愛情の比重は状況や時期によっていつも必ずしも同等ではないかもしれませんが、極端にどちらかが依存しているカップルも短命になりがちです。結婚して一緒に生活をするようになっても、彼の忙しさは変わりません。むしろ年齢を重ねていく上でどんどん忙しくなることさえあるでしょう。

彼もそういった将来のことを想像すると、あまりに依存が激しい場合結婚を意識できず別れを選ぶ可能性があります。彼で寂しさを埋めるのではなく、自分で楽しい事を見つけて一人でも過ごせるように少しずつ挑戦してみましょう。

短命カップルの特徴⑥【ルールが多い】

お互いにルールを最初にたくさん作ってしまえば、破った時に伝えやすかったり、それさえ守ってくれたら問題がないように見えますよね。ですが、このルールをたくさん作るというのは相手を信用していない証拠です。また、ルールに縛られていると窮屈に感じ、お付き合いを心から楽しめなくなります。

短命カップルの特徴⑦【自分中心に行動している】

こちらもなにげない会話や、いつものLINEのやり取りを見直してみてください。相手は眠そうなのに遅くまでLINEをしようとしたり、疲れているだけなのに楽しくなさそうだと決めつけたりしていませんか。自分中心に判断したり行動していると相手が本当に思っている事がわからなくなります。

自ら彼の気持ちを無視した行動を取り、そのせいで彼の気持ちがわからなくなっているのに、愛情を確かめられたり求められては、彼もどう振舞って良いかわかりません。彼の気持ちがわからなくなったら、一方的に責めず、まずは自分の行動や発言を振り返ってみましょう。

長続きするカップルと短命カップルとの違いは?

長続きカップルと短命カップルの違いがはっきり分かる特徴をここではご紹介します。コツを掴んでこれからもラブラブなまま長続きさせましょう。

LINEの使い方

長続きカップルのLINEの特徴はお互いが納得行くペースでやり取りをしていることです。一日中しているカップルもいれば、2、3日に1回の頻度でやり取りをしているカップルもいます。ですが、この頻度でお互いが居心地が良いと感じているので問題ありません。

逆に短命カップルのLINEのやり取りはどちらかが相手の頻度に不満を抱いてる状態が多いです。もっと頻繁にLINEが欲しい、こんなに来たら返すのがめんどうだ、などお互いのやり取りに納得がいっていません。ここはお付き合いが始まる時にどのくらいのペースでしたいかを先に話し合っておくのがベストです。

会う頻度よりもデートの内容

関連する記事