声真似のコツは?男女別に人気キャラのやり方&練習方法を【動画】で解説!

友達づくりのきっかけや飲み会で使える一発芸が欲しい人必見!いつでもどこでも身一つでできる一発芸、声真似するための基礎練習方法・コツを、真似しやすい人気キャラ別に紹介します。自分が声真似しやすいキャラの見つけ方や、キャラになりきって歌うコツも解説しますよ。

目次

  1. 声真似できる人に憧れる…!
  2. 声真似の基礎練習方法5つ
  3. 声真似するときに意識したい7つのコツ
  4. 〈男性向け〉人気キャラ7選の声真似のやり方&練習方法
  5. 〈女性向け〉人気キャラ7選の声真似のやり方&練習方法
  6. 誰でもお手軽に声真似できるキャラの練習方法
  7. 人気Youtuberの声真似達人芸動画5つ
  8. 自分が声真似しやすいキャラの見つけ方は?
  9. 声真似しながら歌う方法&コツは?
  10. 声真似しながら歌いやすいカラオケの曲3選
  11. 声真似は一発芸にぴったり!

声真似できる人に憧れる…!

楽器やダンス、スポーツなど特技を一つ持っていると人気者になれたり、学校や会社での友人関係を良好にスタートさせられるきっかけになります。しかし、特技の中には、広い場所が必要だったり、道具が必要な場合も多いですよね。一方、声真似なら道具はいらず場所や時間も関係なく披露できるので、一つレパートリーを持っているだけでも損はしません。

人生なんとかなる精神が大切!その実践方法&具体例!逆に危機感を持った方がいい深刻な場合も!

声真似の基礎練習方法5つ

『対象物』がある上での声真似なので、しっかりと対象物の声を研究して再現するのが基本です。また、声真似をする前に、自分の声を客観的に聞き込んでみましょう。自分に合った声真似が可能な対象物を見つけやすくなります。

声真似の基礎①真似たい声をよく聞く

真似する対象物の声をよく聞いて、声の出し方や喋り方のクセなどを研究しましょう。頭の中でしっかりイメージできるように、何度も聞き込んで特徴を把握しておくのが早く上達するコツですよ。

声真似の基礎②自分で真似た声を録音して客観的に聞く

自分に聞いている自分の声は、実際と違っている場合がほとんどです。ただ自分が似ていると思う声真似をしても、他人が聞いたらそうでもなくて、泣きを見るなんてことがないようにしましょう。

声真似の基礎③違いを分析する

声真似を録音したものと対象物の実際の声を聴き比べて細かく修正をしていきましょう。対象物の映像なども活用して、自分と何が違うのか声の出し方の違いを分析します。表情やジェスチャーなども真似ることで、声も似てくるケースもあります。

織田裕二やケイン・コスギなど多くのレパートリーを持つモノマネ芸人の山本高広も、自分の声真似を録音して、対象物に近づけていくという練習方法を実践しています。プロがやっている練習方法なら信用できますよね。モノマネ芸人のモノマネをするのも上達するコツです。

声真似の基礎④繰り返し練習する

関連する記事