裏ピースの意味…日本人と外国人の認識の違いが戦争勃発レベル!

日本では一般的な裏ピースですが、実は海外でやるのは【超危険】です!裏ピースの意味や海外では危険な理由を知っていますか?韓国・アメリカ・イギリスなど国別に裏ピースの意味を確認しましょう。裏ピース以外の海外では絶対NGなハンドサイン9選も紹介しますので、海外に行く際は参考にして下さい。


目次

  1. 日本では一般的な裏ピース…だけど海外でやるのは超危険?
  2. 日本で裏ピースが流行した理由は?
  3. 日本での裏ピース意味や使うシーンは?
  4. 裏ピースの意味とその起源は?
  5. 《国別》海外での裏ピースの認識!
  6. 裏ピース以外にも危険なハンドサインがいっぱい!
  7. 裏ピース以外の危険なハンドサイン3選〈アメリカ〉
  8. 裏ピース以外の危険なハンドサイン4選〈ヨーロッパ〉
  9. 裏ピース以外の危険なハンドサイン2選〈アジア〉
  10. 裏ピースも含め危険なサインをちゃんと知っておこう!

日本では一般的な裏ピース…だけど海外でやるのは超危険?

日本では若い人々を中心に非常に馴染み深い、口元に裏ピースのポーズ。海外ではタブーとされる、危険なハンドサインだということをご存知でしょうか?日本人にとっては特に意味はなくても、外国人にとっては絶対にNGというケースもあります。

知らないと危険、外国人に誤解されるかも!裏ピースの意味を知っておこう!

ハンドサインの意味合いは国によって変わってくるため、しっかり把握しておきましょう!海外で知らないまま裏ピースをしていて、外国人から誤解され、トラブルに巻き込まれるといった事がないようにしましょう。

日本にいても外国人に接する機会が増えました。日本から海外旅行に行く機会も増えていますよね。海外旅行に気軽に行ける現代だからこそ、訪ねる側も、迎える側も、互いに理解し合い気持ちよく過ごしたいですよね。外国人とのコミュニケーションにはもう一歩踏み込んだ理解が必要です。

裏ピースとはどんなポーズ?

裏ピースとは、ピースサインを裏返して、相手側に手の甲が見えるようにするポーズのことです。きっと皆さんもどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。この裏返しのピース、日本では特に10代から20代の若い女性の間で見受けられますよね?

日本で裏ピースが流行した理由は?

日本ではいつ頃からピースを裏返した裏ピースがポーズとして使用されるようになったかというと、1990年頃だと言われています。裏ピースの流行と密接な関係にあるものは、プリクラの大流行です。気軽に写真シールが取れて装飾できるプリクラは、当時爆発的人気になりました。

日本での裏ピース意味や使うシーンは?

1990年頃にアムラーやコギャル、ギャルなどが大流行しました。そしてそれと同時にプリクラが大流行しました。女子中高生などの若い女性たちに、プリクラのポーズとして裏ピースが大変人気でした。女子中高生たちは、毎日のようにプリクラを撮って交換していました。

ギャルの髪型〈長さ別〉50選!2018トレンドは?盛れる巻き髪の作り方動画も!

プリクラブームから現在まで、若い女性に裏ピースが人気の理由は?

関連する記事