【妃】を使った名前(女の子編)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

『妃』を使った女の子の名前を、可愛い・オシャレ・和風/古風なものから、2文字・3文字のもの、2019人気ランキングなど豊富にご紹介!また、『妃』の漢字の意味や読み方の種類・由来・字画数だけでなく、みんなが連想するイメージや印象も解説します。名付けのポイントや、良くない使い方など注意点も徹底解説!後半では、世のママ・パパ達が赤ちゃんの名前に『妃』を入れた理由や意味・由来、良かった点・悪かった点など、体験談も紹介します。番外編として、『妃』を男の子に使う場合の候補も紹介します。

目次

  1. 『妃』は女の子の名前に人気の漢字!
  2. 『妃』の漢字の意味・読み方・由来・字画数は?
  3. 『妃』の漢字は子供の名前に使っても大丈夫?
  4. 【2019】『妃』がつく人気の名前ランキングTOP5
  5. 『妃』から始める〈2文字〉の女の子の名前50個
  6. 『妃』で終わる〈2文字〉の女の子の名前50個
  7. 『妃』を使う〈3文字以上〉の女の子の名前20個
  8. 『妃』を使った〈古風〉な女の子の名前10個
  9. みんなの『妃』から連想するイメージや印象は?
  10. 名前に『妃』が入ってる女性芸能人5選
  11. 名前に『妃』の漢字を使った理由は?子供に込めた願いは?【体験談】
  12. 『妃』を男の子の名前で使うなら?
  13. 『妃』でかわいい名前にしよう!

『妃』は女の子の名前に人気の漢字!

これから生まれてくる子の性別で悩んでいる皆さん、女の子の名前にピッタリな「妃」の漢字が入った名前はいかがですか?女の子らしくて可愛らしいと評判の高い漢字なんです。この記事では「妃」の漢字のつく名前や名前に込められた願いや意味を一挙ご紹介します。女の子の赤ちゃんにピッタリの可愛い名前がいっぱいですのでぜひ、名づけの参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの名前に付けない方がいい漢字は?非推奨の理由・意味を解説!

『妃』の漢字の意味・読み方・由来・字画数は?

妃の意味や由来は?

漢字の「妃」には様々な由来や意味があるといわれていますが、その中でも有力なのは配偶者の「配」の字の省略形であるという説です。配は、寄り添うことを意味し、そこに女へんを組み合わせることで寄り添う女性=妻を意味し表したといわれています。その中でも高貴な位の女性を表す際に用いられるようになり、皇族や王族の女性に付ける称号になっています。

現代でも、日本の皇室やヨーロッパ諸国の王族の女性たちを正式名称で呼ぶ際には「妃」の呼称が付けられますよね。このように妃は、地位の高い女性を意味するのに用いられています。

赤ちゃんの名前に使いたいおすすめ漢字&意味20選!男女別に紹介!

妃の読み方や字画数は?

「妃」の漢字の読み方はいくつか種類があります。音読みでの読み方は「ヒ・ハイ」、訓読みでの読み方は「キサキ」です。名付けに使われる読み方はこの他に、「キ・ヒメ」などもあります。画数は、女へんが3画・己が3画の計6画で構成されています。

子供の名前は画数が大切?名付け方の基本と注意点!数種の占いの観点も紹介!

『妃』の漢字は子供の名前に使っても大丈夫?

女の子らしい可愛い名前としてあげられる「妃」の漢字や意味

漢字に女へんが付くので、女の子の赤ちゃんの名前として多く使うことが多いでしょう。音読みの「ヒ」は昨年の名付けランキングでも上位だった「ひな」に漢字を変えて妃菜や妃那などにすると女の子らしいイメージになるのではないでしょうか?

また、「キ」という人名読みを使って茉妃(マキ)や、優妃(ゆうき)など名付けることが出来るでしょう。

可愛らしい可憐なイメージや意味もある「妃」の漢字

皇族や王族の女性の名前に付けられるイメージから、美しく品格のある女性を意味して名付けることが多いでしょう。加えて、誰もが憧れる皇族の女の子のような礼儀正しい、可憐な女の子を意味することが多いのではないでしょうか?特に、最近ではイギリス王室のシャーロット王女のようなまだ小さくても可憐で純粋な姿は印象的ですよね。

関連する記事