月星座『蟹座』|性格・相性・恋愛傾向・適職は?【2019運勢】も!

この記事では、月星座が『蟹座』(かに座)の人の性格や相性を男性・女性別に徹底解説!月星座の意味や調べる方法についても丁寧にわかりやすく紹介!さらに、月星座が『蟹座』の人の〈恋愛観〉〈結婚観〉〈仕事観(適職)〉についても詳しく解説し、後半では、【2019年】の金運・恋愛運・仕事運など運勢も紹介中!さらに詳しく知りたい方向けに、月星座『蟹座』×太陽星座の特徴や性格を12パターン紹介します!

目次

  1. 月星座の意味とは?調べる方法は?
  2. 月星座『蟹座』の人の性格や特徴は?【男性・女性別】
  3. 月星座『蟹座』の人の恋愛観6つ
  4. 月星座『蟹座』の人の結婚観4つ
  5. 月星座『蟹座』の人の適職は?
  6. 月星座『蟹座』の人の欠点&上手な付き合い方は?
  7. 【2019最新】月星座『蟹座』の金運は?
  8. 【2019最新】月星座『蟹座』の恋愛運は?
  9. 【2019最新】月星座『蟹座』の仕事運は?
  10. 月星座『蟹座』の人と相性がいい月星座TOP5
  11. 月星座『蟹座』の人と相性が悪い月星座TOP5
  12. 月星座『蟹座』の人と相性がいい太陽星座は?
  13. 月星座『蟹座』の人と相性が悪い太陽星座は?
  14. 月星座『蟹座』×太陽星座の12パターン別の性格は?
  15. 月星座が『蟹座』の人は魅力的!

月星座の意味とは?調べる方法は?

占いのなかで身近に感じるもののひとつに「星座占い」がありますよね。星座占いには「月星座」と「太陽星座」のふたつがあるのを皆さんはご存知でしたか?テレビ番組や雑誌などでよく目にする「誕生日」で星座を分類している占いは、実は「太陽星座」にあたります。では「月星座」とは一体どういったものなのでしょうか?

月星座とは、人の内面に秘められた本当の「性格」「欲求」「魅力」「能力」などを示すものです。月星座占いによって、占う人自身も気付けていなかった特徴を知ることになるケースも少なくありません。

(月星座占いについては以下の記事も参考にしてみてください)

月星座『蠍座』|性格・相性・恋愛傾向・適職は?【2019運勢】も!

月星座を調べる方法

太陽星座の場合は、誕生日のみで自らの星座を知ることができますよね。一方、月星座を知るには誕生日に加えて「誕生時間」も把握しておく必要があります。インターネット上の占いサイトには、誕生日と誕生時間を入力すると自動で月星座を調べてくれるものもあるので、ぜひ活用してみましょう。

月星座と太陽星座の違い

ここで「月星座」と「太陽星座」の違いについて押さえておきましょう。先ほどご説明したように、月星座は「占う人の内面に秘められた特徴・性格」を示すものです。そして、太陽星座は「占う人の表向きの特徴・性格」を示しています。

太陽星座は、他人と関わっている際に表立っている性格や特徴を知らせるものなので「裏表がある」というタイプの方は「占いが当たっていない」と感じることも多いでしょう。太陽星座での占いの結果にいまいちピンと来ない場合は、月星座での占いをおすすめします。

月星座『蟹座』の人の性格や特徴は?【男性・女性別】

ではここから、いよいよ月星座「蟹座」について詳しく解説していきます。まずご説明するのは、月星座「蟹座」の男性・女性別の性格と特徴についてです。

月星座「蟹座」の人は、基本的に「親しみやすい」「人の気持ちに共感できる」「守りたいものを見つけると一気に成長する」といった特徴を持っています。男性・女性別では、いったいどのような性格や特徴が見えてくるのでしょうか?

(蟹座については以下の記事も参考にしてみてください)

蟹座(かに座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

【男性】月星座『蟹座』の人の性格や特徴

月星座「蟹座」の男性には、以下のような性格・特徴が隠れています。

●情に厚く、優しい
●寂しがり屋
●オン・オフの差が激しい
●警戒心が強く、大胆な行動が苦手

月星座「蟹座」ならではの親しみやすさも生まれ持っているものの、警戒心が強いタイプなので「親しみやすい」と感じる仲になるまでは時間がかかるケースもあるでしょう。また、月星座「蟹座」の男性はとにかく寂しがり屋なので、甘えられた際には「寂しい」と感じているサインだと捉えてあげてください。

大学生

蟹座/10代

基本的に人と仲良くしたいと思ってるけど、警戒心も結構強めだから仲が深まるまでに時間がかかっちゃう。そのくせ寂しがりという面倒なタイプ、だと自分では思ってる。人には合わせられるから、周りには優しいって言ってもらえるけどね。

【女性】月星座『蟹座』の人の性格や特徴

月星座が「蟹座」である女性の内面に潜んでいるのは、以下に挙げられる性格・特徴です。

●気に入った相手との仲を積極的に深めようとする
●自らの立場を守ることにとらわれやすい
●優しさや思いやりを利用されがち
●人や物事に対する好みが極端で分かりやすい

月星座が「蟹座」の女性は、人や物事の好き嫌いが極端でわかりやすいのが特徴です。一度気に入った相手には、仲良くなろうと心から尽くすようになるでしょう。また、男性と同様に人に寄り添える優しさも持っているものの、その気持ちを悪用されることも少なくありません。

接客業

蟹座/20代

この人は信用できるかな、って優しくしてるといつも利用されて痛い目をみてる。一度仲良くなりたいって思うと尽くし過ぎちゃうんだろうな。苦手な人に対してはとことん冷たいんだけど。

月星座『蟹座』の人の恋愛観6つ

続いてご紹介するのは、月星座「蟹座」の人が持つ恋愛観6つです。月星座「蟹座」の人は、恋愛においてどんなことを重視する傾向があるのでしょうか?「自分は月星座『蟹座』で、恋愛に悩んでいる」という方は自らの恋愛の分析のために、また「恋人の月星座が蟹座だ」という方も恋愛関係をより良く深めていくために、ぜひこちらに目を通してみてくださいね。

1. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【心のつながりを重視する】

月星座「蟹座」の人は、恋愛において「心と心のつながりを大切にしたい」という考えを持っています。ハグやキスといったつながりも大切ですが、それ以上に「言葉」「行動」での心のつながりが月星座「蟹座」の人にとっては必要不可欠です。月星座「蟹座」の人が感じる寂しさは、心のつながりを示す愛情表現で癒すものだと捉えておきましょう。

2. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【常にかまってほしい】

先ほども触れたように、月星座「蟹座」の人には寂しがりなところがあります。また、近い存在になった相手とは「しっかりと絆を深めたい」と考えるタイプです。そのため、恋愛において「放っておかれたくない、常にかまっていてほしい」と思っています。かまってくれることで相手が自分に関心を持っていると自覚し、絆の深まりを感じているのでしょう。

高校生

蟹座/10代

自分はいわゆる「かまってちゃん」で、恋人にはいつもかまってもらっていないとすごく不安になる。自分にたくさん関心を持ってほしいし、もっと知ろうとしてほしいよ。

3. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【恋人のことを全て知っていたい】

月星座「蟹座」の人の恋愛観としては「恋人のことは全て知っておきたい」というものも挙げられます。これも、自らの不安な心を安心させるためのものです。恋人について自分が知らないことを他人に告げられると、不安が大きくなるうえに嫉妬心が生まれてしまうケースもあります。

介護福祉士

蟹座/20代

これは自分の月星座ってやつの特徴みたいなんだけど、好きな人のことは何もかも知っていないと心配になる。気持ち悪いと思われるかもしれないから、俺は恋人には直接聞けないけど。

4. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【恋愛に依存しがち】

人とのつながりを大切にし過ぎるところや寂しがりなところから、月星座「蟹座」の人は恋愛に依存しがちなところがあると言えるでしょう。恋愛において守りたい相手を見つけた時に、ぐんと自分自身も成長できることを自覚できているため「恋愛は自分にとって欠かせないもの」だと考えている方も少なくありません。

(恋愛依存については以下の記事も参考にしてみてください)

恋愛依存症の特徴10こ!診断方法やなりやすい人の原因、克服方法も!

5. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【結婚を意識した恋愛をする】

月星座「蟹座」の人は「恋愛が始まれば、同時に結婚も意識する」という恋愛観も持っています。もともと好き嫌いがはっきりしているため、恋人関係になれた相手とは「結婚しても構わない」というくらいの愛情を持っていることが多いでしょう。

看護師

蟹座/20代

彼氏ができて付き合い始めたら、やっぱり結婚のことは意識しちゃう。それくらい好きだから付き合ってるわけだし。結婚できないような人なら、付き合うとこまでいかないし好きになれないもん。あたし、好き嫌いはっきりし過ぎかな?

6. 月星座『蟹座』の人の恋愛観【些細なことも共有したい】

人の気持ちに寄り添ってあげることや共感することが好きな月星座「蟹座」の人は、恋愛では「どんなに些細なことでも恋人と共有したい」という考えの持ち主です。相手が感じたことを自分自身も感じようとして、心の距離を近付ける恋愛を楽しみたいと思っています。

飲食店勤務

蟹座/30代

面倒くさいって言われることもよくあるんだけど、好きな人とはどんなに小さなことでも共有し合いたい。好きな人が嬉しい時は自分も喜びたいし、悲しい時は一緒に泣きたいし。それが恋愛の醍醐味じゃないのかな?

月星座『蟹座』の人の結婚観4つ

ここからは、月星座「蟹座」の人が持つ結婚観を4つご紹介します。自らが月星座「蟹座」の方は「自分が望んでいる結婚」がどういったものなのか、こちらの解説や体験談と比べてみてくださいね。また、現在付き合っている相手が月星座「蟹座」だという方は、結婚へのアプローチをする際にこちらが参考になるでしょう。

1. 月星座『蟹座』の人の結婚観【家族を最優先する】

月星座「蟹座」の人は、結婚において「家族のことを何よりも最優先する」という考え方を持っている傾向があります。男性も、仕事がない日には家事や育児に協力的な夫となってくれることでしょう。また、男性も女性も家族で揃って行動することを好み、結婚後に自分の時間がなくなることも苦になりません。

建設業

蟹座/30代

結婚前は遠距離恋愛だったこともあるけど、やっぱり家庭がいちばん。せっかく新しい家族ができたんだから、何よりも大事にしたい。この年頃の男性にしては珍しいってよく言われるけどね。

2. 月星座『蟹座』の人の結婚観【あたたかな家庭を望んでいる】

月星座「蟹座」の人は、結婚してあたたかい家庭を築きたいと考えています。家族同士が思いやりの心を持てる関係でいることを望んでいるでしょう。また、家族間でのトラブルは早いうちに解決したいタイプです。そのため自分に非がないと分かっていても、つい謝ってしまうこともあります。

3. 月星座『蟹座』の人の結婚観【女性は専業主婦に】

月星座「蟹座」の人の特徴的な結婚観には「女性は専業主婦として家庭に入る方が良い」といったものがあります。これは月星座「蟹座」の男性が「女性は家庭に入るべき」と主張するだけでなく、月星座「蟹座」の女性が「男性には仕事を頑張ってもらって、自分は家庭に入りたい」と望んでいるケースも少なくありません。

家族を第一に考えている月星座「蟹座」の人にとっては、家庭を守る存在が欠かせません。女性が専業主婦となって家庭を守っていることで、月星座「蟹座」の人たちは安心した結婚生活を送れると考えています。

事務職

蟹座/20代

最近は働いてる女性だらけだし、こんな考え方する人は少数派だろうけど…。わたしは結婚したら専業主婦になって家庭に入りたい。その方が、家族が安心して帰って来られる家にできそうだから。

4. 月星座『蟹座』の人の結婚観【結婚してもラブラブでいたい】

「結婚しても、恋人時代のような関係でい続けたい」という結婚観も、月星座「蟹座」の人にはあります。寂しがりやでちょっとしたことでも不安になりがちな月星座「蟹座」は、結婚後こそ「ラブラブでいたい」という欲求が強まりがちです。夫婦がラブラブな関係でいることが、あたたかい家庭を作るために何より大切なことだと考えています。

歯科衛生士

蟹座/30代

結婚したら「家族みたいな存在になった」って言って関係が落ち着いちゃうカップルが多いよね。でも、私は結婚した後こそラブラブでいたいなって思う。夫婦がラブラブで安心し合える関係じゃないと、良い家庭ができないんじゃないかな?

月星座『蟹座』の人の適職は?

月星座「蟹座」の人には、いったいどういった職業が適しているのでしょうか?ここでは月星座「蟹座」の人の、性格や特徴を踏まえた適職をいくつかご紹介します。「最近仕事がつまらない」「自分に合った仕事が見つけられない」と悩んでいる月星座「蟹座」の方は、ぜひご覧くださいね。

月星座「蟹座」に適した仕事【人の心理に触れる仕事】

月星座「蟹座」の人に適している仕事としては、まず人の心理に触れるものが挙げられます。月星座「蟹座」の人は相手の心に寄り添って共感したり、アドバイスをしたりすることが得意です。そのため「占い師」「心理カウンセラー」といった、人の心理に触れる仕事が向いていると言えるでしょう。

月星座「蟹座」に適した仕事【優しさや思いやりを活かせる仕事】

月星座「蟹座」の人には、優しさや思いやりを活かして人と関わる仕事もおすすめできます。「保育士」「教師」といった教育に携わるものや、誰かを手助けする立場になる「看護師」「介護福祉士」などが適職です。

月星座『蟹座』の人の欠点&上手な付き合い方は?

親しみやすさや優しさに溢れた魅力を持っている月星座の「蟹座」にも、欠点が全くないとは言えません。そこで、こちらで取り上げるのが月星座が「蟹座」の人にみられる欠点や、月星座が「蟹座」の相手と上手く付き合いを続けられる方法についてです。

月星座『蟹座』の人の欠点

月星座「蟹座」の人の欠点として挙げられるのは「感情的になってしまうと、コントロールがきかなくなる」というところです。普段は周囲を思いやっている月星座「蟹座」ですが、その思いやりによって自らのストレスが溜まってしまうこともあります。

そして、溜まっていたストレスが爆発すると、普段の様子からは想像できないような「攻撃的」「ヒステリック」といった面が強く表に出てしまうことになるでしょう。コントロールできない状態に陥ってしまうことのないよう、適度にストレスを発散させる機会を持つことが重要です。

中学生

蟹座/10代

普段は人のためなら嫌なことも引き受けたり、話を聞いてあげたりもできるんだけど…。ときどきイライラが我慢できなくなると、ばーって悪口ばかり叫んじゃう。

月星座『蟹座』の人との上手な付き合い方

月星座「蟹座」の人と快適な付き合いをするには、いくつかのポイントを押さえたうえで関わりを持つことが大切になってきます。そのポイントは「放っておかずにかまってあげる」「分かりやすい表現で感情を伝える」「嫌われたと感じたら距離を置く」ことです。

月星座「蟹座」の人は、付き合いの中で放置されることやあいまいな感情表現を嫌います。また、自らが苦手だと感じる相手とはとことん関わりを避けるタイプです。ただ、無駄に人との争いを好むタイプではありません。上記のポイントを理解したうえで付き合っていれば、面倒な人間関係になることはほとんどないでしょう。

営業職

魚座/20代

俺の彼女は、自分の仕事が忙しくなってかまえなくなると目に見えて機嫌が悪くなる。だから、会いづらくなる前にはあらかじめそのことを伝えるようにしてるよ。それで、暇ができたら思いっきりかまってあげてる。その時に嬉しそうにしてくれるとこっちも嬉しい。

【2019最新】月星座『蟹座』の金運は?

ここからは、2019年最新の月星座「蟹座」の運勢についてご紹介していきます。まずこちらで取り上げるのは、2019年の月星座「蟹座」の金運です。

月星座「蟹座」の2019年の金運は、比較的良い状態であると言えるでしょう。しっかりと貯金をすることを心がけていれば、2019年は上手なお金の使い方ができます。ついお金を使いがちな長期休暇シーズンやイベント時には、普段以上にお金の管理を徹底するようにしてくださいね。

また「貯金が上手くできない」と悩んでいる月星座「蟹座」の方は、2019年は簡単なお小遣い帳や家計簿を付ける習慣を持つと良いでしょう。欲しいものをリストアップしてその値段を書き込んでいくだけでも、計画的にお金を使うことができますよ。

【2019最新】月星座『蟹座』の恋愛運は?

続いて取り上げるのは、月星座「蟹座」の2019年の恋愛運です。2019年は4月と10月に、月星座「蟹座」の恋愛運がぐっと高まります。2019年春・秋の出会いや、異性との関わりは大切にすると良いでしょう。

また、2019年は人と出会う機会も多いことから、月星座「蟹座」の人の恋愛観が変わりやすくなります。それによってトラブルが発生することもあるので、女性の方も男性の方もご注意くださいね。

【2019最新】月星座『蟹座』の仕事運は?

ここでは月星座「蟹座」の、2019年の仕事運について取り上げていきます。仕事において努力を重ねてきた月星座「蟹座」の2019年の仕事運は、絶好調であると言えるでしょう。この2019年は自分自身の力で問題をどんどん解決でき、それが認められて昇進・昇給する可能性もありますよ。

ただ、2019年は仕事において無理をし過ぎてしまうと思わぬミスを招いてしまうことが多い年です。困ってしまったときに味方が多い状況の方が間違いなく良いので、2019年の仕事では個人的な好き嫌いの感情を持ち込まないよう注意してくださいね。

月星座『蟹座』の人と相性がいい月星座TOP5

月星座「蟹座」について理解を深めたところで気になるのが「他の月星座との相性」ですよね。ここからは月星座「蟹座」と他の月星座との相性について、ランキング形式でご紹介します。まずご紹介するのは、月星座「蟹座」との相性が良い月星座TOP5です。

第5位. 月星座『乙女座』

月星座「蟹座」と相性が良い月星座5位にランクインしたのは、乙女座になります。思ったことをストレートに表現してしまう月星座「乙女座」は、周囲から敬遠されがちです。しかし、月星座「蟹座」は持ち合わせている情の厚さから、乙女座の相手を見捨てることはしません。乙女座側もそんな蟹座を心から必要とするようになり、その気持ちを蟹座も嬉しく感じます。

アパレル店員

乙女座/10代

わたしってよく口を滑らせちゃうから、リアルに女性サイドに嫌われがち。でも、そんな自分でも変わらず仲良くしてくれる子もいて。その子は月星座が蟹座だから、孤立してる人が放っておけないって言ってた。優しいなあ。恋愛とか結婚相手も、月星座が蟹座の男性がいいな。

第4位. 月星座『魚座』

月星座「魚座」も、月星座「蟹座」と相性が良いとされています。月星座「蟹座」と「魚座」の人は共通点が多く、互いに安心し合える関係を築いていけるでしょう。男性・女性に関係なくどちらかが「寂しい、甘えたい」と感じている際には、口にしなくても相手が気付いてあげられるほどの相性の良さです。

第3位. 月星座『蟹座』

第3位にランクインしたのは月星座「蟹座」です。月星座「蟹座」は、お互いを思いやることができるうえに性格のタイプも同じなので「空気のように自然な存在」として付き合っていくことができるでしょう。他の月星座にとっては苦手に感じる部分も、月星座「蟹座」同士であれば心地良く受け入れることができますよ。

会社員

蟹座/20代

同性の男性の友人よりも、居心地が良い女性の友人がいて。お互い何でこんなに仲良しなのか気になって占ってもらったら、月星座が同じ蟹座だった。恋愛とか結婚しても上手くいくって言われたけど、今が気楽すぎてそうはなりたくない感じ。

第2位. 月星座『蠍座』

月星座「蟹座」と相性の良い月星座第2位は、蠍座です。月星座「蟹座」とは感情表現の方法が正反対なので一見相性が悪いように感じるのですが、お互いの心の底にある思いは変わりません。「同じ気持ちでいる」とそれぞれが感じることで、心の距離もどんどん近付いていく相性であると言えるでしょう。

第1位. 月星座『牡牛座』

第1位にランクインした、月星座「蟹座」との相性が最も良い月星座は「牡牛座」になります。相手によって付き合い方を上手く変えて、安心させることができる月星座「牡牛座」は、月星座「蟹座」にとって非常に居心地の良い存在です。特に男性と女性の関係においては、ふたりだけの特別な雰囲気が生まれるでしょう。

メディアライター

牡牛座/30代

夫は友達や恋人時代から本当に居心地の良い相手だった。友達にも何でそんなに仲が良いの?と聞かれることが多くて、自分でもわからずにいたんだけど。この前ネットで月星座の記事を読んで、その理由が分かったよ。月星座の牡牛座と蟹座って、最高に相性が良いんだって。

月星座『蟹座』の人と相性が悪い月星座TOP5

続いてご説明するのが、月星座「蟹座」と相性が良くない月星座TOP5になります。「何だかこの人とは上手くいかない」という相手がいる場合、その相手の月星座がこのランキングに入っている可能性もありますよ。ぜひこちらのランキングの説明や体験談を参考に、相性の良くない相手との付き合い方を考えてみましょう。

第5位. 月星座『天秤座』

月星座「蟹座」と相性が良くない月星座の第5位には「天秤座」がランクインしています。月星座「天秤座」の人とは、付き合いが浅いと「相性が良い相手」だと感じますが、月日が経つにつれて「やっぱり合わない」と感じることになるでしょう。

月星座「天秤座」の人には、仕事や恋愛、結婚において「安定した平和な関係を築きたい」と望む傾向があります。しかし、月星座「蟹座」は男性・女性関係なく好き嫌いをはっきりさせたいタイプなので、少しずつお互いのかかわり方に違和感を覚え始めるでしょう。

大学生

蟹座/20代

ずっと仲良くしてた親友がいたけど、だんだん「これって本当の仲良しなの?」って感じるようになってきて。その子はどんなことでも自分に同調するし、好き嫌いもはっきりしなくて。私に自分を見せてくれてないような気がしちゃう。ちなみにその子は月星座が天秤座。

第4位. 月星座『獅子座』

月星座「蟹座」と相性が良くない月星座第4位は「獅子座」になります。思いのままに行動する月星座「獅子座」の相手を蟹座側も理解しようとするものの、どうしても受け入れられなくなってしまう結果となるでしょう。そして、自分の行動に一喜一憂する月星座「蟹座」に対しても、獅子座側は「面倒だ」と感じるようになってしまいます。

第3位. 月星座『水瓶座』

第3位にランクインした月星座「水瓶座」も、月星座「蟹座」と相性が良くないと言われています。お互いに豊かな感受性を持っているものの、その表現の仕方に大きな違いがあるのがポイントです。「何を考えているのかわからない」と思われがちな月星座「水瓶座」の相手を、月星座「蟹座」は心から信じることができなくなってしまうでしょう。

製造業

水瓶座/20代

彼女が自分のこと信用してない気がする。男性の自分が星座占いのこと気にするのも引かれちゃうかもしれないけど、調べてみたら月星座の相性があんまり良くないんだよね。自分は水瓶座で、彼女は蟹座だから。

第2位. 月星座『射手座』

月星座「蟹座」と相性が良くない月星座第2位は、射手座になります。月星座の蟹座と射手座は生まれ持った性格が正反対であるため、お互いを理解し合うことが困難です。寂しがりな性格の月星座「蟹座」に対して、月星座「射手座」はひとりで何もかもこなすタイプなので、仕事や恋愛においてもすれ違いが多くなってしまいます。

第1位. 月星座『双子座』

月星座「蟹座」と最も相性がよくない月星座としてランクインしたのが、月星座「双子座」です。月星座「蟹座」の人が一緒に過ごしていて最もストレスを感じやすいのが、月星座「双子座」だと言えます。その理由としては「双子座の自由奔放さに寂しさ・不安を感じる」ことが挙げられ、常に双子座からの愛情表現を求めるようになるでしょう。

また、月星座「双子座」側もそんな月星座「蟹座」の相手を重荷に感じ、遠ざけるようになってしまいます。男性と女性の気持ちがぶつかり合う機会が多い恋愛・結婚関係の場合、月星座「蟹座」「双子座」カップルは喧嘩の絶えない仲になる恐れもあるでしょう。

OL

蟹座/30代

女性・男性の性別関係なく、苦手なタイプの人がいる。共通してるのはどこかフワフワしてて頼りないことと、とにかく自由で気分屋なところ。この間いろいろと調べて、月星座が双子座の人が当てはまってるって分かった。

月星座『蟹座』の人と相性がいい太陽星座は?

月星座同士の相性だけでなく「月星座と太陽星座での相性が知りたい」という方も多いでしょう。月星座同士はもちろん、月星座と太陽星座の組み合わせでの相性占いも可能ですよ。月星座「蟹座」と相性の良い太陽星座として挙げられるのは「蟹座」「蠍座」「魚座」になります。これらは、水のエレメントに属している太陽星座です。

太陽星座が水のエレメントにあたる蟹・蠍・魚座の人は、月星座「蟹座」の人が求めているものを持っている存在であると言えます。男性同士や女性同士の友人・仕事関係に加えて、男性と女性との恋愛・結婚関係における相性も良いとされていますよ。

(太陽星座占いの「蠍座」については以下の記事も参考にしてみてください)

蠍座(さそり座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』の人と相性が悪い太陽星座は?

月星座「蟹座」の人と相性が良くないとされている太陽星座には「牡羊座」「獅子座」「射手座」が挙げられます。これらは、火のエレメントに分類される太陽星座です。性格面や恋愛傾向などの特徴が正反対であるケースが多く、男性同士・女性同士の友人や仕事での関係だけでなく男性と女性の友人・恋愛・結婚関係でも上手くいかないことが多いでしょう。

(太陽星座占いの「牡羊座」については以下の記事も参考にしてみてください)

牡羊座(おひつじ座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座の12パターン別の性格は?

最後に、月星座「蟹座」の方がより自分を知ることができる、太陽星座との組み合わせによる性格・特徴について解説しておきます。月星座「蟹座」と12の太陽星座との組み合わせによって、その性格はどのように違ってくるのでしょうか?この占いでは、基本的には「表向きの性格が太陽星座」「内に秘めた本当の性格が月星座」だと捉えておいてくださいね。

月星座『蟹座』×太陽星座『牡羊座』の特徴・性格

月星座「蟹座」と太陽星座「牡羊座」の組み合わせによる占いでは、当てはまる方の表面に現れている性格は「前向きな考え方ができる」「統率力がある」「負けず嫌い」といったものです。内に隠れた性格では情や優しさに溢れているため、仕事や学校では相手を思いやりながらリードしたり競争をしたりする場面も多いと言えるでしょう。

月星座『蟹座』×太陽星座『牡牛座』の特徴・性格

月星座×太陽星座の占いにおいて、月星座「蟹座」と太陽星座「牡牛座」に当てはまる人は「表向きは努力家で家庭的、そして我慢強さをもった性格」だと言えるでしょう。内に秘めた月星座「蟹座」の性格にも家庭を大事にする面があり、表裏があまりないタイプだと考えられます。

(太陽星座占いの「牡牛座」については以下の記事も参考にしてみてください)

牡牛座(おうし座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『双子座』の特徴・性格

月星座「蟹座」と太陽星座「双子座」を組み合わせた占いでは、該当している人の表向きな性格・特徴は「好奇心が強く、頭の回転も非常に速い」と言えます。また、目的ができるとより賢く強くなれるところも内に秘めているので、仕事や学校などでも驚くべき作業効率の良さで周囲を驚かせることもあるでしょう。

(太陽星座占いの「双子座」については以下の記事も参考にしてみてください)

双子座(ふたご座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『蟹座』の特徴・性格

月星座も太陽星座も蟹座の場合、表面上の性格は「人に干渉しない」「過去にこだわる」「物事に敏感」といった点が目立つでしょう。内面的な性格には好き嫌いがはっきりしているところがあるため、一度苦手に感じた相手には全く干渉しないタイプです。

月星座『蟹座』×太陽星座『獅子座』の特徴・性格

月星座×太陽星座の占いでは、月星座「蟹座」と太陽星座「獅子座」の方は表裏にギャップがあるタイプだと言えるでしょう。内面には寂しがりで人とかかわりを持ちたいという気持ちが隠れているものの、表向きには「人前に立ちたい」「嫉妬しやすい」という面が目立ってしまいます。そのため、周囲に人間性を勘違いされてしまうケースも少なくありません。

(太陽星座占いの「獅子座」については以下の記事も参考にしてみてください)

獅子座(しし座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『乙女座』の特徴・性格

月×太陽の星座占いにおいて、月星座「蟹座」と太陽星座「乙女座」の場合は表面的にも内面的にも「思いやりがある」という点が目立つ性格です。ただ、現実主義なところも目に付きやすいため、親しみやすさがあるキャラクターであるにもかかわらず「堅苦しい」という印象を持たれやすいタイプだとも言えるでしょう。

(太陽星座占いの「乙女座」については以下の記事も参考にしてみてください)

乙女座(おとめ座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『天秤座』の特徴・性格

月星座が「蟹座」で太陽星座が「天秤座」の方は、好きな人に対しては「親しみやすい」「自己アピールをする」という点が目立ちます。ただ、嫌いな人に対しては少しエゴイストになってしまう傾向があると言えるでしょう。仕事や学校で多くの人と作業をする際には「人によって態度を変えている」と思われやすいため注意が必要です。

(太陽星座占いの「天秤座」については以下の記事も参考にしてみてください)

天秤座(てんびん座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『蠍座』の特徴・性格

月星座と太陽星座の組み合わせによる占いにおいて、月星座「蟹座」と太陽星座「蠍座」に当てはまる方は「警戒心が強く無口」な面が表れがちです。そのため、どうしても「一人でいたいタイプ」のように見えてしまいます。しかし、実は寂しがりであたたかい人間性が隠れた性格なので、その点を理解してくれる存在がいると心強いものです。

月星座『蟹座』×太陽星座『射手座』の特徴・性格

月星座「蟹座」と太陽星座「射手座」の組み合わせの占いでは、該当している人の表向きな性格は「行動力があって束縛をしない」というものであるため、一人でも生きていけるようなタイプだと勘違いされがちです。内面には寂しがりで人とのつながりを求めているところがあるので、その点を理解してくれる相手が必要だと言えるでしょう。

(太陽星座占いの「射手座」については以下の記事も参考にしてみてください)

射手座(いて座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『山羊座』の特徴・性格

月星座が蟹座で、太陽星座が山羊座の方は「危険は冒さない」「頑固」といった点が表立ってしまう性格です。その根底に「相手への思いやり」があることを周囲に気付いてもらいにくいため「自分のことばかり考えている」と勘違いされてしまう可能性があります。

(太陽星座占いの「山羊座」については以下の記事も参考にしてみてください)

山羊座(やぎ座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『水瓶座』の特徴・性格

月星座×太陽星座の占いで、月星座「蟹座」で太陽星座「水瓶座」の場合は「クールで自分らしさを大事にしている」という性格が目立ちます。内面的な性格には優しさや情に厚いところがあるものの、それをうまく表に出せない傾向があるタイプです。

(太陽星座占いの「水瓶座」については以下の記事も参考にしてみてください)

水瓶座(みずがめ座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座『蟹座』×太陽星座『魚座』の特徴・性格

月星座が「蟹座」で太陽星座が「魚座」の方は、表向きには「周りに流されがち」「感情移入をしやすい」という特徴が目に付きやすいタイプです。そのため、仕事や学校において「自分がない」「八方美人」だと言われることもあるでしょう。周囲に同調しがちなのは「相手を思いやっているからこそ」だという点を理解してくれる存在が欲しいところです。

(太陽星座占いの「魚座」については以下の記事も参考にしてみてください)

魚座(うお座)の特徴|性格や恋愛傾向・相性は?脈ありサイン&落とし方も!

月星座が『蟹座』の人は魅力的!

この記事では、月星座が「蟹座」の人の性格と特徴、恋愛・仕事・結婚観や2019年の運勢、他の月星座との相性などについてご説明しました。月星座が蟹座である人は優しくあたたかい心の持ち主で、多くの人から愛される魅力に溢れています。「身近なところに月星座が蟹座の人がいる」という方は、ぜひかかわりを持ってその魅力に触れてみると良いでしょう。

また「自分自身の月星座が蟹座だ」という方は、こちらの記事をご覧になって自らの新たな魅力に気付けたのではないでしょうか?こちらの記事で解説した太陽星座と組み合わせた性格・特徴などとも照らし合わせながら、自分自身に対する理解をさらに深めてみてくださいね。

関連する記事