女子がキュンとする言葉TOP21!言われたいセリフや仕草&行動を徹底解説!

男子にキュンとする言葉を言われてみたいですよね。そこで今回は〈仕事〉〈告白〉〈LINE〉など言われる状況別に女子がキュンとする言葉を厳選しました!さらに実際に言われた女子の本音や、キュンとさせる際の【注意点】も紹介します!

目次

  1. 女子が言われたいキュンとする言葉を厳選して紹介!
  2. 女子が言われたいキュンとする言葉3選【彼氏から】
  3. 女子が言われたいキュンとする言葉3選【友達から】
  4. 女子が言われたいキュンとする言葉3選【仕事で】
  5. 女子が言われたいキュンとする言葉3選【告白】
  6. 女子が言われたいキュンとする言葉3選【LINE】
  7. 女子〈中学生〉が言われたいキュンとする言葉3選
  8. 女子〈高校生〉が言われたいキュンとする言葉3選
  9. 【番外編】女子がキュンとする仕草や行動は?
  10. キュンとする言葉は嬉しい?女子の本音を紹介!
  11. 男子必見!キュンとする言葉を掛ける際の【注意点】を紹介!その言葉くさいかも?
  12. 男子に言われてキュンとしよう!

中学生の男子と言ったらまだまだ幼いところが多く、女子を意識した言動をしないこともしばしばありますよね。その典型例のひとつで、「○○のそういうところ好き」という純粋に自分が好きだと思ったことをズバズバ言ってしまう男子も多いものです。

しかし、そういうストレートなことを急に言われるとキュンとしてしまうことがあります。中学生の男子だからこそ、言えるキュンとする言葉なのかもしれませんね!

大学生 Mさん

20代前半

私の年の離れた妹が中学生なんだけど、今日男子に「お前のそういうところ好き」って言われたらしい。なんか迷惑がってたけど、内心嬉しそうなのが凄く伝わってくる。中学生ならではのキュンとする言葉なのかなー。

女子〈高校生〉が言われたいキュンとする言葉3選

高校生になると中学生のころと比べて男子も女子を意識することが多くなり、少し回りくどい方法で気を引こうと努力したりしますよね。それがかえって逆効果ということもあります。そこで、ここでは女子がキュンとする言葉を高校生バージョンでいくつか紹介します。

①:クラス替えの時「寂しくなるな」

女子高生がキュンとする言葉として代表的なのが、クラス替えの時に「寂しくなるな」と言われることです。高校生になると進路の関係でクラスが変わるので、一度クラスが変わってしまうともう一度一緒に授業を受けることが難しくなります。そんな時に、「寂しくなるな」と言われるとちょっとキュンとしてしまいますね。

②:寝てたら起こして

隣の席の男子に「寝てたら起こして」と言われるとキュンとしちゃいますよね。それだけ自分のことを頼りにしてくれているし、もし本当に寝てたらシャーペンでツンツンとしたり、軽くゆすって起こしてあげるなど青春漫画の1ページのようなシチュエーションになります。ちょっとテンションの上がるキュンとする言葉ですね。

会社員 Aさん

20代後半

あたしの体験したキュンとする言葉は、高校生のときに隣の男子が「寝てたら起こして」って言ってきたことかな。みんなにそれキュンとする?って言われるけど、本当に寝てた時に起こすドキドキ感とか凄かったんだよね。もう一回高校生やりたいな。

③:急に下の名前で呼ばれる

下の名前で呼ぶのって親しい仲じゃないとできませんよね。しかし、いきなり下の名前で男子から呼ばれたらどうでしょう?しかも、気になっている男子からであれば名前を呼ばれただけなのに、キュンとする言葉になりますね!

社会人になってからは、こういった下の名前で呼ぶということは少なくなりますが、高校生くらいであれば下の名前で呼ぶことがあります。

専業主婦 Tさん

30代前半

高校生の時の、いつ頃だったかは忘れちゃったんだけど、急に男友達から下の名前で呼ばれて「これから下の名前で呼ぶわな」って言われてなぜかキュンとしちゃったんだよね。ただの名前なんだけど、下の名前で呼ばれると一気にキュンとする言葉になったって感じだったな。

【番外編】女子がキュンとする仕草や行動は?

女子がキュンとするのは言葉だけではありません。男子の行動や仕草にもキュンとするポイントがたくさんあります。ここでは、そんな女子がキュンする男子の行動などを厳選して紹介します。

①:車道側を歩いてくれる

何気なく一緒に歩いていただけなのに車道側を歩いてくれる男子にキュンとしますよね。キュンとする言葉を掛けられなくても、行動で示してくれるところに好感を持てますね。

当たり前のことですが、女子は自分のことを大切に想ってくれる人に好感を抱きます。車道側を歩いてくれるという行動は、まさに女子を大切にしてくれていることの象徴ではないでしょうか?

②:さり気なく荷物を持ってくれる

関連する記事