『好き』とは何?どういう感情?恋愛心理学で意味や定義を解説!診断方法も!

「好きとは何?」と悩んでいる方へ。女性が「好き」と思う時の感情の感じ方をはじめ、好きと言う感情の意味・定義を恋愛心理学的をもとに徹底解説!「好きとは…」と悩んでいる男女の本音や恋愛感情を感じているかの診断項目、自分の感情を確かめるための確認方法・対処法も紹介していきます。

目次

  1. 好きとはどういう感情なの?
  2. 女子が感じる「好き」の感情の感じ方8選
  3. 好きとは?好きの恋愛心理学的な定義・意味とは?
  4. 好きとは...?「好き」の感情が分からない男女の本音
  5. 人はこういう瞬間に人を好きになる!【男女別】の体験談!
  6. これって恋愛感情かも...?8個の診断項目で好きなのか確認しよう!
  7. 好きなのかわからなくて、もやもやする場合の対処法も紹介!
  8. 好きとは…何でしょう?自分の気持ちと向き合ってみて!

好きとはどういう感情なの?

好きという感情は、いったいどんな感情なのか、悩んだり疑問に思ったことはないでしょうか。具体的に好きという感情の定義や意味を知りたいと思ったことのある女性も多いでしょう。今回は、好きという感情について、恋愛心理学的を元に定義や意味を解説していきます。

実際に好きとは何かと悩んでいる女性や男性の本音から、好きという恋愛感情を確かめる判断項目、そして好きとは何かという感情でもやもやしている気持ちを払拭する対処法なども、一緒に解説していきます。

女子が感じる「好き」の感情の感じ方8選

「好き」という感情は、どんな時に感じるものなのでしょう。ここでは、女性が感じる「好き」の感情の感じ方について、8つピックアップしていきます。

「好き」の感情の感じ方とは?①顔が熱くなって胸がドキドキする

相手の顔を見ると、そばにいると、顔が熱くなったり胸がドキドキと高鳴ったりすることがあります。それは、相手のことを意識しているから、その人を認識したり視界に入ったりすると緊張してしまうのです。相手に対して緊張感を感じるというのは、好きという感情を抱いている可能性が高いと言えます。

「好き」の感情の感じ方とは?②無意識にその相手のことばかり考える

相手のことを考えている時間が増えてくるというのも、好きと感じるのサインの一つです。今まで友達だと思っていた相手を、無意識に思い出していたり、頭の中から離れなかったり、その人のことばかり考えてしまうのは、好きという感情を持っているからと言えます。女性は好きと感じる相手に対する、頭の中の割合がとても増えてしまうのです。

「好き」の感情の感じ方とは?③相手の小さなことでも知りたくなる

好きになった相手に対しては、知りたいという気持ちが生まれてきます。好きなものや嫌いなもの、家族や友達のとこ、そして日常の些細なことまで、相手のことを知りたいと思う気持ちは好きという感情から湧き出てくるのです。特に、相手の誕生日などは、好きになると忘れないですね。誕生日のプレゼント選びまで頭に浮かんでしまうものなのです。

「好き」の感情の感じ方とは?④少しでも長く一緒に居たい

好きという感情の中には、一緒に時間を過ごしたいという感情も出てきます。楽しい時だけではなく、辛い時や悲しい時も一緒に居たいと感じるのは、好きな相手に対する恋愛感情からくる心理です。仕事の残業や学校の居残りなど、好きな相手と一緒なら億劫になりません。少しでも長い時間を共に過ごしたいという気持ちは、好きというサインだと言えるでしょう。

「好き」の感情の感じ方とは?⑤自分の時間やお金を捧げてもいいと感じる

好きだと思った相手には、自分の持っている財産を投資しても構わないという気持ちが生まれます。お金は個人差があるのでいくらとは定義できませんが、他の人を基準にした時に投資できる資産は、好きな相手に対しては割合が高い傾向にあります。相手に喜んでほしい、笑顔が見たいという気持ちが、捧げても構わないという感情に繋がると言えるのです。

「好き」の感情の感じ方とは?⑥相手の言葉に一喜一憂する

関連する記事