髪の毛がパサパサ…原因は?速攻で治す改善テク9選!シャンプー・トリートメントの選び方など!

髪の毛がパサパサでいろんな方法を試したけれど改善されない人は必見です。髪の毛のパサパサを改善するにはまず原因を知ることが大切です。髪の毛がパサパサってどういう状態?という疑問をはじめ、髪の毛がパサパサになる原因や、速攻で治す改善テクについて紹介していきます。

目次

  1. 髪の毛がパサパサってどういう状態?
  2. 髪の毛がパサパサになる原因は?
  3. パサパサの髪の毛を速攻で治す!改善テク9選!
  4. 髪の毛がパサパサになるのを予防するケアの仕方
  5. パサパサの髪の毛を改善して綺麗な髪を取り戻そう!

髪の毛がパサパサってどういう状態?

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061572179969/

髪の毛がパサパサして、なかなかまとまらないという人も多いのではないでしょうか。髪の毛がパサパサするせいで、髪の毛をおろしたいけどついつい結んでしまう人や思い通りの髪型にならない人もいるかもしれません。ここでは、そんな髪の毛のパサパサ感に悩んでいる人に参考にしていただきたい改善方法を紹介します。

髪の毛のパサパサを治すためには、まずは髪の毛がパサパサとはどのような状態なのかを知っておきましょう。

パサパサした髪の毛はキューティクルが傷ついている

出典: https://www.pinterest.jp/pin/466052261424623443/

髪の毛のキューティクルは、通常はうろこ状で髪の毛の内部の水分やたんぱく質が逃げないように表面を覆っています。それにより、髪の水分やたんぱく質を内部に閉じ込めてくれており、ツヤ・コシのある髪の毛を保ってくれています。

髪の毛のキューティクルが傷んでいる状態では、うろこ状になっているものが剥がれてしまっている状態です。したがって、剥がれたところから水分・たんぱく質が逃げてパサパサになってしまいます。また、ドライヤーやヘアアイロンの熱でキューティクルが溶けてしまっている状態の場合もあります。

髪の毛の内部が無防備な状態でパサパサに!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/857935797745810338/?nic=1

キューティクルが傷つくことにより、髪の毛の内部が無防備になります。先ほど、キューティクルは髪の毛の周りを覆い、水分やたんぱく質を閉じ込める役割があると紹介しました。

キューティクルが傷つき剥がれることにより、髪の毛の中の水分やたんぱく質を保護するものがなくなるため髪の内部が無防備な状態になります。すると、キューティクルが剥がれた部分から髪の毛の水分が蒸発したり、たんぱく質が流れ出たりすることで、髪の毛は乾燥してパサパサした状態になってしまうのです。

髪の毛がパサパサになる原因は?

出典: https://www.pinterest.jp/pin/780882022866835775/

髪の毛のキューティクルが剥がれて傷つくことで、髪はパサパサになることを紹介しました。どんなことでも、改善したり予防したりするにはなぜそうなるかという原因を知っておくことがとても大切です。

キューティクルが剥がれてしまう原因には、日頃何気なく行っていることが引き金になっていることがあります。次にキューティクルが剥がれ、パサパサになる原因について紹介していきます。

シャンプーに含まれる薬品

出典: https://www.pinterest.jp/pin/209417451408036461/

市販のシャンプーの多くには、合成界面活性剤というものが使われています。これは髪を綺麗に洗い、洗った後にはスッキリさせてくれる効果があります。しかしその反面、髪の毛にとってはかなりの刺激になっているのです。

市販のシャンプーは洗浄力が強いため、必要以上に髪の毛の水分や油分を洗い流してしまうのです。そのため、髪の毛の内部の水分がなくなることで、髪の毛がパサパサになる原因を引き起こしてしまいます。

カラーリングやパーマに使用する薬剤

hair_freedelさんの投稿
64772551 145901406589989 8058179747950945692 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

カラーリングやパーマには刺激の強い薬剤を使用することが多くあります。この薬剤による刺激が、髪の毛のキューティクルにダメージを与えてしまうのです。美容院になかなか行けず、カラーリングとパーマを同時に行う人も多いでしょう。

立て続けに2回強い薬剤を髪の毛に付けていることになるため、髪の毛に相当なダメージを与えていることになります。これでは髪の毛がパサパサになっても仕方がありません。美容院でよくカラーリングやパーマをする際にトリートメントをすすめられるのには、お店の売り上げだけでなく髪の毛のことを考えてのことでもあります。

【美容師直伝】ヘアカラーの最適な頻度とは?色持ちを良くするには?ヘアケア商品も!

地肌のトラブル

出典: https://www.pinterest.jp/pin/225320787591119360/?nic=1

地肌のトラブルというと、フケや頭に湿疹ができて痒いというイメージがあるかもしれません。それらのトラブルが起こる原因としては、シャンプーやコンディショナーが完全に洗い流せていないことが考えられます。

髪の毛は地肌から生えています。シャンプーやコンディショナーが残った地肌では、健康な髪は生えてきません。そのため、シャンプーやコンディショナーが残っている頭皮は地肌トラブルが起こるとともに、髪の毛のパサパサの原因も作っているのです。

紫外線による刺激

出典: https://www.pinterest.jp/pin/225320787590289535/

私たちは1年中、紫外線を浴びています。顔や手足などの肌に対する紫外線予防には気を遣っている人も多いでしょう。しかし、紫外線は肌だけでなく髪の毛にも影響を与えています。したがって、髪の毛も紫外線によって日焼けをしている状態になります。特に体の中で頭は一番高い位置にあり、紫外線の影響を受けやすい箇所です。

にもかかわらず私たちはほかの部位の皮膚よりも対策を疎かにしているのです。それでは髪の毛は紫外線によってダメージを受けて当然でしょう。髪の毛は紫外線からのダメージでキューティクルが剥がれ、パサパサな状態になってしまうのです。

乾燥によるもの

出典: https://www.pinterest.jp/pin/325948091755247090/

キューティクルが剥がれて髪の中の水分が蒸発することが髪がパサパサになる原因です。空気が乾燥していることにより髪も乾燥してきます。乾燥というと冬が思い浮かぶかもしれませんが、夏場もエアコンなどで空気が乾燥していることは多くあります。

そのため、知らず知らずのうちに髪の中が水分不足に陥り、髪の毛がパサパサする原因になっているのです。

髪への摩擦

出典: https://www.pinterest.jp/pin/395261304796290997/

入浴後、みなさんは髪の毛を強い力で拭いていませんか?髪の毛は様々な摩擦でもパサパサになる原因になっています。その一つがタオルで強くゴシゴシ拭くことです。髪の毛の水分を拭き取ろうとついついやってしまいがちな行動ですが、強い力で髪の毛を拭くことで髪への摩擦が起こり、キューティクルを傷つけてしまいます。

そして、髪への摩擦がパサパサな髪の毛になる原因となるのです。また、絡んでいる髪の毛を無理やりブラッシングするのもキューティクルを傷つける原因になります。

ヘアアイロンやドライヤーなどの熱による影響

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061573381353/

高温のヘアアイロンやドライヤーの熱を髪の毛の同じ場所に当て続けていることも、髪の毛をパサパサにしてしまう原因になります。ヘアアイロンやドライヤーの熱を髪の毛の同じ場所に当て続けていると熱でキューティクルが溶けて傷ついてしまうのです。

そして、傷ついて剥がれたキューティクルの部分から髪の毛の水分が蒸発し、髪の中の水分がなくなるためにパサパサした髪の毛になってしまいます。

加齢による変化

出典: https://www.pinterest.jp/pin/632544710140902983/

加齢によって人の体はさまざまな機能が衰えてきます。頭皮も例外ではありません。髪の毛を作る機能が落低下するのです。頭皮で髪の毛を作る機能が低下することで、髪の毛の内部にたんぱく質を十分含んだ髪が作られません。たんぱく質の量が少ない髪になり、中がスカスカな状態になるのでパサパサした髪の毛になってしまいます。

産後のホルモンバランスの変化

出典: https://www.pinterest.jp/pin/720294534130207634/

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性の体に大きく作用し、皮膚や髪の毛を美しく保つ働きがあります。妊娠中にエストロゲンは胎盤から産生されるため増えますが、出産後にはエストロゲンは減少していきます。そのため、髪質が変化してパサパサした髪の毛になってしまうのです。

温泉やサウナ

出典: https://www.pinterest.jp/pin/731131320738644653/

温泉はアルカリ性、中性、酸性の3つの種類がありますが、この中でも特にアルカリ性の温泉には注意が必要です。アルカリ性の温泉はたんぱく質を溶かす働きがあります。キューティクルはたんぱく質でできているため、髪が温泉に触れるとキューティクルが溶けてしまうのです。

そして傷ついたキューティクルから髪の水分が蒸発しパサパサした髪になってしまいます。また、サウナは高温で乾燥しています。そのため、髪の毛の水分が失われ髪の毛がパサパサになってしまいます。サウナに入る際は濡れタオルで髪の毛を保護したりやトリートメントをすることをおすすめします。

パサパサの髪の毛を速攻で治す!改善テク9選!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061572436842/

パサパサした髪の毛では、外出するための身支度に時間がかかったりして、外出が億劫になったりすることもあるかもしれません。ここからはパサパサした髪の毛を速攻で治す、改善テクニックを紹介していきます。

1. シャンプーを変える

出典: https://www.pinterest.jp/pin/847943436074579958/

多くの人はシャンプーを毎日しますよね。髪の毛はそのたびに合成界面活性剤の刺激を受けていることになります。それでは、髪の毛が常にダメージにさらされており、パサパサするのも当然です。まずは、市販のシャンプーを低刺激なものに変更しましょう。シャンプーの選び方については、また後ほど紹介していきます。

2. トリートメントやヘアマスクを使用する

出典: https://www.pinterest.jp/pin/667517976002452650/

髪の毛のパサパサ感が気になるときには、シャンプー後のコンディショナーをトリートメントやヘアマスクに変えることで髪の毛のパサパサ感の改善が見込められます。コンディショナーは髪の毛の外側に膜を作って乾燥を防ぐなど髪を保護するのが役割ですが、トリートメントやヘアマスクは髪の毛の内側に働いて、傷んだ髪の毛を治す効果が期待できます。

髪の毛がパサパサしている状態では、すでに髪の毛の内側の水分が足りていない可能性が高いです。コンディショナーでなく、トリートメントやヘアマスクで髪の毛をケアしてあげることで、傷んだ髪の毛を治すスピードが上がるでしょう。

3. オイルタイプのトリートメントを使用する

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061568488186/

髪の毛のパサパサ感はキューティクルがダメージを負い、剥がれてしまうことが原因で起こります。オイルタイプのトリートメントを使用することで、オイルがキューティクルの変わりに髪の毛に膜を作ってくれます。そして髪の毛の内部の水分やたんぱく質を保護し、髪の毛の感想を防いでくれるでしょう。それにより、髪の毛のパサパサ感の改善が期待できます。

使用する際に頭皮にオイルが付いてしまうと地肌のトラブルになりかねないため、頭皮にはオイルが付かないように注意が必要です。

美容師直伝!ヘアケアオイルおすすめ15選!髪質に合う選び方&口コミも!

4. シャンプー前に優しくブラッシング

出典: https://www.pinterest.jp/pin/225320787591238355/

髪の毛が何らかの摩擦を受け、キューティクルが傷くことが原因で髪の毛がパサパサになることもあります。シャンプー前に優しくブラッシングをしてあげることで、洗う際の髪の毛への摩擦が軽減され、パサパサ感の改善に繋がります。また、摩擦を少しでも減らすようにシャンプーをする際も優しく洗うようにしましょう。

【美容師直伝】正しい髪の毛の洗い方&乾かし方!おすすめヘアケア用品も

5. 卵ヘアパックをする

出典: https://www.pinterest.jp/pin/830773462486877840/

卵にはレシチンという成分が含まれており、細胞を修復してくれる効果が期待できます。したがって、髪に卵を塗ることでダメージを負った髪の毛を治す効果が期待できるでしょう。

卵ヘアパックの方法は、まず卵を割ってかき混ぜます。そのかき混ぜた卵を髪の毛に付け、20分程度おきます。その後はいつものようにシャンプーをして洗い流して終了です。

6. リバースケアでシャンプーをする

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061572845186/

リバースケアとは、トリートメントとシャンプーの順番を逆にして髪の毛を洗う方法のことを言います。シャンプー前にまずトリートメントをつけて洗い流し、シャンプーで洗った後に再度トリートメントするといったケア方法です。

髪を洗う時にはどうしても髪の毛への摩擦が起こってしまいます。シャンプー前にトリートメントをすることで、トリートメントが浸透し髪の毛がパサパサになる原因である摩擦を軽減してくれます。

7. 自然乾燥せずにドライヤーできちんと乾かす

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061567691261/

髪の毛をそのまま自然乾燥したり、乾かさずに寝てしまったりということはないでしょうか。髪の毛が濡れた状態では、キューティクルは開いた状態になっています。キューティクルが閉じていれば、髪の中の水分やたんぱく質を閉じ込めてくれますが、キューティクルが開いている状態では、髪の毛の水分がどんどん蒸発して失われていきます。

そして、髪の毛が乾燥してパサパサな状態になってしまうのです。髪は洗ったらすぐに乾かしましょう。先ほど紹介したようにドライヤーの熱でキューティクルを痛めてしまう可能性もあるため、同じところに長時間熱を与えないように乾かしていきましょう。また、毛先は乾きやすいので、髪の根元や中間部分から乾かしていくことをおすすめします。

8. ヘッドスパで頭皮をケアする

出典: https://www.pinterest.jp/pin/225320787590305163/?nic=1

髪の毛のパサパサを治したいときには、ヘッドスパもおすすめです。ヘッドスパは頭皮を清潔にして、頭皮環境を整えて髪を美しくしてくれる効果が期待できます。良い髪を作るためには頭皮のケアが大切です。可能であれば、月1回ヘッドスパで頭皮のケアを行い、頭皮を清潔に保つことでパサパサした髪の毛が改善されるでしょう。

9. パサパサした毛先のトリミングカットをする

carolmugenさんの投稿
19955569 749195295268722 4418762182049660928 n.jpg? nc ht=scontent gmp1 1.cdninstagram

トリミングカットという言葉を聞いたことがない人もいるでしょう。トリミングカットとは、全体の印象は変えずに髪を整えてあげることを言います。髪の毛のダメージは毛先に蓄積されます。毛先は枝毛や切れ毛が多くなり、パサパサの原因にもなるのです。トリミングカットで毛先を切ってあげることで、パサパサ感が軽減することもあります。

できれば、月に1回トリミングカットしてあげると、パサパサ感の少ない髪の毛で過ごすことができるでしょう。

シャンプーとトリートメントの選び方

出典: https://www.pinterest.jp/pin/614459942885613216/

シャンプーを選ぶ際には、油分を奪いすぎず、水分や栄養を補給してくれるものを選ぶことがポイントです。そのため「アミノ酸系(低刺激)」で「保湿成分配合」「添加物が少ない」といったことを謳っているシャンプーがおすすめです。

トリートメントについては、シャンプーとセットで使う前提で作られているものも多くあるため、同じメーカーで選ぶことをおすすめします。

髪がごわごわになる原因は?自宅でできる改善方法やおすすめヘアケアアイテムも!

髪の毛がパサパサになるのを予防するケアの仕方

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766386061569371724/

パサパサで乾燥した髪をツヤ・コシのある髪に改善するのは本当に大変です。髪の毛の質を改善させるために、お金も時間も必要になってきます。髪の毛がパサパサにならなければ、髪の毛の質を改善させるためのお金も時間もかける必要がなくなります。

では、どのようにしたら髪を良い状態で維持することができるのでしょうか。次に、髪の毛がパサパサになるのを予防するケアの仕方について紹介していきます。

髪の毛を紫外線から守る

出典: https://www.pinterest.jp/pin/225320787590576269/

髪の毛がパサパサになる原因のひとつが、紫外線によるダメージです。外出の際は日焼け止めスプレーをかけたり、帽子をかぶったり、日傘をすることで皮膚と同様に髪の毛も紫外線から守ることで髪の毛のパサパサ感を防ぐことができます。

パーマやカラーリングをする際にはトリートメントも一緒にする

出典: https://www.pinterest.jp/pin/154107618476698764/

パーマやカラーリングの薬剤の成分による刺激は強く、想像している以上に髪にダメージを与えています。パーマやカラーリングをする際は、一緒にトリートメントもセットで髪のケアをしましょう。そうすることで髪へのダメージが軽減され、髪の毛のパサパサ感の軽減に繋がります。

パーマとカラーリングは同じ日にしない

出典: https://www.pinterest.jp/pin/766526799047341710/

先ほどから何度もお伝えしているようにパーマやカラーリングの薬剤はかなり強い刺激があります。パーマ、カラーリングどちらかひとつだけでも髪の毛にはかなりのダメージを与えることになるのに、それをふたつともいっぺんにやっては、髪が傷んで当然です。パーマとカラーリングは同じ日にやらないことをおすすめします。

もし、どうしてもという場合はやはりトリートメントは必ずセットで行った方がいいでしょう。

ヘアクレンジングオイルで地肌のケアをする

出典: https://www.pinterest.jp/pin/152207662390634552/

髪の毛は頭皮から生えてきます。生えてくる部分の地肌が汚れていたり、トラブルを抱えていては良い髪は生えてきません。ヘアクレンジングオイルで地肌を洗い、清潔にすることで健康的な髪が生えパサパサ感を改善してくれます。

また、日々の洗髪でもシャンプーは地肌をしっかり洗い、コンディショナーやトリートメントは地肌になるべくつけず、しっかり洗い流すことで地肌を清潔に保ち、パサパサ感を軽減させてくれます。

就寝時に髪の毛を縛る

出典: https://www.pinterest.jp/pin/416090453056586044/

寝ている間の寝返りなどで頭がこすれることにより髪に摩擦が起こり、キューティクルが傷つくことで、髪の毛がパサパサになる原因となっている可能性があります。就寝時に髪の毛を縛って寝ることで、寝返り時の髪の摩擦が軽減され、パサパサ感を軽減させることができます。また、髪の短い場合はナイトキャップを使用するのもひとつの方法です。

シアバターが髪の保湿に効果大!?ヘアケア術&美容師厳選TOP10!

パサパサの髪の毛を改善して綺麗な髪を取り戻そう!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/605312006141872647/

髪の毛がパサパサになっている原因はひとつとは限りません。いくつもの原因が重なっていることの方が多いでしょう。様々な方法を試してみて、自分の髪に合った対処法を見つけてみてください。そして、パサパサの髪を改善して綺麗な髪を取り戻しましょう!

関連する記事