『え』から始まる男の子&女の子の名前200こ!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

【2019年最新版】『え』から始まる男の子・女の子の名前を漢字1文字・2文字・3文字、ひらがなのみ、外国人風・古風・中性的なものまで多数紹介!さらに、『え』と読める素敵な漢字の意味や由来などもわかりやすく解説!後半では、『え』から始まる名前を名付ける際の注意点、実際に名付けたママ・パパの体験談やアドバイスを紹介!

目次

  1. 『え』から始まる素敵な名前が知りたい!
  2. 『え』と読める素敵な意味の漢字7つ
  3. 『え』から始まる女の子の名前〈漢字1文字〉20選
  4. 『え』から始まる女の子の名前〈漢字2文字〉20選
  5. 『え』から始まる女の子の名前〈漢字3文字〉20選
  6. 『え』から始まる女の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  7. 『え』から始まる女の子の名前〈外国人風〉10選
  8. 『え』から始まる女の子の名前〈古風〉5選
  9. 『え』から始まる男の子の名前〈漢字1文字〉5選
  10. 『え』から始まる男の子の名前〈漢字2文字〉35選
  11. 『え』から始まる男の子の名前〈漢字3文字〉20選
  12. 『え』から始まる男の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  13. 『え』から始まる男の子の名前〈外国人風〉10選
  14. 『え』から始まる男の子の名前〈古風〉5選
  15. 『え』から始まる〈中性的〉な名前10選
  16. 『え』から始まる名前をつけるときの注意点5つ
  17. 『え』から始まる有名人の名前
  18. 『え』から始まる名前をつけた理由は?【みんなの体験談】
  19. 『え』から始まる名前は素敵な名前ばかり!

中性的なえから始まる名前と字画数を紹介しています。男女関係なく使える名前は音の響きは同じでも、漢字の選び方によって性別を区別することが可能です。生まれるまで赤ちゃんの性別がはっきりしない場合は、あらかじめ中性的な名前をいくつか考えておくと、生まれてから慌てずに名前を付けてあげることができるでしょう。

性別に関係なく付けることができる中性的な名前は素敵な響きばかりなので、赤ちゃんの名前を考える際に参考にしてみても良いですね。

漢字読みがな字画数
えい12画
鋭実えいみ23画
栄理えいり20画
えつ10画
絵音えのん21画
笑歩えふ18画
恵真えま20画
絵夢えむ25画
絵瑠える26画
円理えんり15画

(中性的な名前な男の子と女の子の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

中性的な名前120選!男の子・女の子に使える名前を外国風/和風などイメージ別に!

『え』から始まる名前をつけるときの注意点5つ

名前を付ける時にはいくつか注意する点があります。名前は赤ちゃんへの最初のプレゼントと言われていますが、赤ちゃんも気に入ってくれる素敵な名前をプレゼントしてあげたいですね。名付ける際の注意点を知っておけば、失敗せずに素敵な名前を付けることができますので、おさえておいてくださいね。

(『ち』から始まる男の子と女の子の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

『ち』から始まる名前|男の子&女の子別200選!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

1. 常用漢字と人名用漢字

名前を付ける時には、常用漢字と人名用漢字を使います。常用漢字とは、社会生活の中で日本語を書く場合に使われる目安となる漢字のことを指し、小学校や中学校で習う漢字も常用漢字です。人名漢字は、名付けに使うことのできる漢字の中で常用漢字を含まれないものを指します。名付けに使用できる常用漢字と人名用漢字は、両方合わせて約3000文字です。

あらかじめ名前に使える漢字であるかどうか確認しておくと良いでしょう。

2. 漢字が持つイメージに注意

漢字が持つイメージを考えながら名付けるのも大切です。漢字のもつイメージが赤ちゃんが成長してからの人として印象に影響することもあるので、例えば穏やかなイメージになってほしい場合は「恵」という漢字を選んでみるなど、それぞれの漢字の意味やイメージを知っておくと良いですね。

3. 字画数

漢字の字画数にも注目して名前を付けましょう。字画数は名前全体のバランスがとれているかどうかを判断する基準にもなります。字画数が多いと子供が名前を書く時に大変になりますし、威圧的なイメージを与えてしまう場合もあるでしょう。フルネームを書いた時に、苗字とのバランスが良い漢字を選んであげてくださいね。

4. 漢字に間違いがないか注意

名付けの際には、漢字に間違いがないかを確認しておく必要があります。漢字を少し間違えただけで読み方や意味が変わってしまうこともあるので、正しい漢字をチェックしてから決めるようにしましょう。名前を提出してしまうと簡単には訂正できないので、間違った漢字を使用してしまわないよう注意してくださいね。

5. 音の響きはどうか

声を出して読んだ時の音の響きも、名付けをする時には重要です。音の響きによっても相手に与えるイメージが変わりますし、響きの良い名前は自分で声に出しても誰かに呼ばれた時も気持ちが良いですね。姓が固い印象の響きなら、名前を柔らかい響きにするとフルネーム全体のバランスが良くなります。

苗字が柔らかい印象なら固い響きの名前を付けると全体が締まり、力強い頼りがいのあるイメージを与えることができるかもしれませんね。

『え』から始まる有名人の名前

関連する記事