『の』から始まる男の子&女の子の名前200こ!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

【2019年最新版】『の』から始まる男の子・女の子の名前を漢字1文字・2文字・3文字、ひらがなのみ、外国人風・古風・中性的なものまで多数紹介!さらに、『の』と読める素敵な漢字の意味や由来などもわかりやすく解説!後半では、『の』から始まる名前を名付ける際の注意点、実際に名付けたママ・パパの体験談やアドバイスを紹介!

目次

  1. 『の』から始まる素敵な名前が知りたい!
  2. 『の』と読める素敵な意味の漢字7つ
  3. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字1文字〉5選
  4. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字2文字〉35選
  5. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字3文字〉20選
  6. 『の』から始まる女の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  7. 『の』から始まる女の子の名前〈外国人風〉10選
  8. 『の』から始まる女の子の名前〈古風〉5選
  9. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字1文字〉20選
  10. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字2文字〉25選
  11. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字3文字〉20選
  12. 『の』から始まる男の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  13. 『の』から始まる男の子の名前〈外国人風〉10選
  14. 『の』から始まる男の子の名前〈古風〉5選
  15. 『の』から始まる〈中性的〉な名前10選
  16. 『の』から始まる名前をつけるときの注意点5つ
  17. 『の』から始まる有名人の名前
  18. 『の』から始まる名前をつけた理由は?【みんなの体験談】
  19. 『の』から始まる名前は素敵な名前ばかり!

『の』から始まる男の子の名前〈古風〉5選

のから始まる男の子の名前は、昔ながらに使われている名前が多い特徴があります。男の子に使える古風な名前を見ていきましょう。

さまざまな名付けが増えている現代おいて、古風な名前は古いと感じる人もいるでしょう。しかし、堅実さを持ち合わせている印象が強く、歳をとっても名前と合わなくなるケースが少ない利点があります。むしろ、多種多様な名前があるからこそ古風な名前が、斬新に感じる人もいます。

男の子だからこそ、大人になって社会に出て行く際に、イメージがぶれにくい古風な名前にしたいと考えるママ達も多いです。

漢字読みがな字画数
野々介ののすけ26画
伸篤のぶあつ23画
暢一郎のぶいちろう24画
信勝のぶかつ21画
則之進のりのしん23画

『の』から始まる〈中性的〉な名前10選

のから始まる名前は、女の子、男の子、共に名付けに使いやすい名前だと言えます。そのため、中性的な印象を与える名前をあえて付けるママ達も多いです。ジェンダーについて考えられる現代において、中性的な名付けは、現代に合っている考え方でしょう。

しかし、中性的な印象の名前は、人によって男の子か女の子か分からず困るケースも考えられます。そのため、他人に性別が分からない印象を与えるデメリットも考慮して名付ける必要があるでしょう。子供が名前で悩むリスクも考え、なぜこの名前を付けたのか明確な答えを、ママ達から伝えられるようにしておく必要があるでしょう。

漢字読みがな字画数
野亜のあ18画
乃維のい16画
望未のぞみ16画
のどか8画
乃々佳ののか12画
暢希のぶき21画
伸帆のぶほ13画
伸実のぶみ15画
乃蘭のらん21画
乃羽のわ8画

『の』から始まる名前をつけるときの注意点5つ

のから始まる名前には、さまざまな名前があります。これまでに紹介した名前の中に気になる名前があったママもいることでしょう。しかし、赤ちゃんに名付けをするのであれば、気を付けておきたい注意点があります。のから始まる名前だからこそ気を付けたい注意点を見ていきましょう。のから始まる名前で検討しているのであれば、参考にしてください。

1. 漢字の意味を知ろう

漢字で名付けをするのであれば、漢字の意味を知っておく必要があります。「乃」や「之」など意味はあっても、助詞として使われることが多く、意味が弱い漢字もあります。形がかわいいから、かっこいいからというだけでなく、その漢字の意味や他人が受けるイメージなども考慮して赤ちゃんの名付けを行いましょう。

漢字で名付けるのであれば、字画数も大切です。それらも考慮してぴったりの名前を選びましょう。

2. 無理な当て字は使わない

のから始まる名前は、外国人風の名前が考えられるほど、いろいろな可能性があります。そのため、少し人と違う名前にしたい場合は、無理やり当て字にしたり、キラキラネームにならないように注意しましょう。無理な当て字でキラキラネームになった場合は、意味も字画数もいい名前であったとしても、他人から心ない一言を言われる恐れを考える必要があります。

子供が物心ついた時に、名前が変だと言われないように、当て字に感じない漢字を選びましょう。名前をひらがなにしている先輩ママ達もいます。ひらがなで考えるのもひとつの方法でしょう。

3. イニシャルでも変にならない名前

名前をイニシャルにした場合、おかしくならない名前であることも大切です。のから始まる名前の場合、「N」がつきます。そのため、例えば「が行」が苗字であれば「N.G」になってしまいます。学校でローマ字や英語を習うため、名前をイニシャルで書くケースが多くあります。それをきっかけにして、友達にからかわれるケースも考えられるでしょう。

名前を付ける場合は、苗字のイニシャルと組み合わせても変な意味にならない名前を選びましょう。

4. 変な読み方にならないこと

名前と苗字を並べた時、変な読み方にならない名前を選ぶことも大切です。せっかく赤ちゃんにぴったりの名前を付けても、苗字を組み合わせると変な読み方になってしまうことがあります。例にあげると「埜花(のはな)」という名前を付けたとします。苗字が「佐藤」であれば「砂糖の鼻」などと、言われるケースがあるかもしれません。

名前と苗字を組み合わせることで、違う意味になり、からかわれる原因に発展するケースもあります。名前に意味や思いを込めることも大切ですが、子供がからかわれにくい名前を考慮することも大切でしょう。

5. 苗字にあった名前にする

関連する記事