『の』から始まる男の子&女の子の名前200こ!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

【2019年最新版】『の』から始まる男の子・女の子の名前を漢字1文字・2文字・3文字、ひらがなのみ、外国人風・古風・中性的なものまで多数紹介!さらに、『の』と読める素敵な漢字の意味や由来などもわかりやすく解説!後半では、『の』から始まる名前を名付ける際の注意点、実際に名付けたママ・パパの体験談やアドバイスを紹介!

目次

  1. 『の』から始まる素敵な名前が知りたい!
  2. 『の』と読める素敵な意味の漢字7つ
  3. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字1文字〉5選
  4. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字2文字〉35選
  5. 『の』から始まる女の子の名前〈漢字3文字〉20選
  6. 『の』から始まる女の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  7. 『の』から始まる女の子の名前〈外国人風〉10選
  8. 『の』から始まる女の子の名前〈古風〉5選
  9. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字1文字〉20選
  10. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字2文字〉25選
  11. 『の』から始まる男の子の名前〈漢字3文字〉20選
  12. 『の』から始まる男の子の名前〈ひらがなのみ〉20選
  13. 『の』から始まる男の子の名前〈外国人風〉10選
  14. 『の』から始まる男の子の名前〈古風〉5選
  15. 『の』から始まる〈中性的〉な名前10選
  16. 『の』から始まる名前をつけるときの注意点5つ
  17. 『の』から始まる有名人の名前
  18. 『の』から始まる名前をつけた理由は?【みんなの体験談】
  19. 『の』から始まる名前は素敵な名前ばかり!

『の』から始まる素敵な名前が知りたい!

のから始まる名前は、古くは武将の名前に使われていたり、組み合わせで斬新なイメージになることから外国風の名前にも使われています。その使い方は多種多様であるため、のから始まる名前を付けてみたいと思うママも多いことでしょう。

のから始まる名前は、男の子であれば古風な名前やカッコいい名前になります。女の子であれば、漢字の使い方やひらがなを使うことで、柔らかく優しいイメージを感じさせることもできます。のから始まる名前を使うのではあればどのようなことに注意し、意味をつけて名付けてあげればいいのでしょうか。

赤ちゃんの名前にピッタリ合う、のから始まる名前を合計で200こ紹介します。さまざまな、のから始まる名前があるため、名付けの参考にしてくださいね。

(名前については以下の記事も参考にしてみてください)

『え』から始まる男の子&女の子の名前200こ!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

『の』と読める素敵な意味の漢字7つ

「の」と読め、名前に使われることの多い漢字があります。その中から、よく使われる漢字を7つピックアップし、その漢字の意味と由来を紹介します。名付けにおいて、漢字の意味や成り立ちは名前に込める内容に大きな影響を与えると考えられるでしょう。名付けの参考にするためにも、名前の意味を把握しておくことは大切です。

(かっこいい名前については以下の記事も参考にしてみてください)

イケメンに多い名前ランキングTOP10!将来憧れの男になるかっこいい漢字は?

1. 「乃」の漢字の由来と意味

「乃」の漢字は、のから始まる名前によく使われる漢字で、字画数は2画です。男の子女の子の両方に使われますが、女の子に使うママが多いです。漢字の意味は「すなわち」「つまり」「ようやく」などの意味を持ちます。訓読みで「なんじ」ともの読め、この場合は「あなた」「君」などの相手をさす意味に使われます。

助詞の「の」を漢字で使う場合もこの「乃」が使われるため、あまり深い意味はないように感じるかもしれません。しかし、この漢字の成り立ちが、矢を射る弓の弦を外した形に似ていることに由来しています。その由来から、弦が取れている「そのまま」の状態を意味しており「あるがままの自分でいて欲しい」という意味を名前に込められるでしょう。

(乃の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【乃】を使った名前(女の子・男の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

2. 「望」の漢字の由来と意味

「望」の漢字も、のから始まる名前に付けられることの多い漢字です。字画数は11画です。音読みでは「ボウ」訓読みでは「のぞむ」と読むため、組み合わせて使うことより一文字で「望(のぞむ)」と使う名前が多いことでしょう。しかし、「のぞむ」と読めることから、他の漢字と組み合わせて「の」と読ませているママ達も多いです。

漢字の意味は「のぞむ」「遠くを眺める、見渡す」「願う」などの意味を持ちます。満月を意味する「望月」や、叶って欲しいと願う「希望」も意味することから、赤ちゃんの未来と健やかな健康を「望」の漢字に込めることができるでしょう。

(望の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【望】を使った名前(女の子・男の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

3. 「和」の漢字の由来と意味

「の」と読める漢字として「和」も使われることの多い漢字で、字画数は8画です。訓読みの「わ」が一番多く使われる読み方でしょう。訓読みでは「なごむ」と読めますが「のどか」という読み方もできる漢字です。漢字一文字で「のどか」と読んだり、漢字を組み合わせて「の」と読ませる名前もあり、のから始まる名前に、よく使わる漢字として選ばれています。

「和」は「静かでのんびりとしている様子」や「晴天で天気が穏やかな様子」を意味しています。名付けの「和」には穏やかでのんびりと健やかに育って欲しいという意味を漢字に込めることができるでしょう。

(和の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【和】を使った名前(女の子・男の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

4. 「希」の漢字の由来と意味

「希」の漢字も「の」と読める漢字として名付けに使われます。字画数は7画です。「非常に珍しい」という意味や「こうなって欲しいと願う」という意味があります。訓読みでは「まれ」音読みでは「き」と読みますが、名前用の読み方として「のぞみ」「のぞむ」と、読むこともできます。

名前には漢字1文字で「希(のぞみ・のぞむ)」と使われることが多いです。その他の名前への使い方として「の」の読み方をし「希」を使うこともできます。名前の意味としては、赤ちゃんの未来への希望や望みが叶うと言った内容を漢字に込めることができるでしょう。

(希の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【希】を使った名前(女の子・男の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

5. 「之」の漢字の由来と意味

「の」と読める漢字として「之」も多く使われます。字画数は3画です。特に男の子の名前に使われることが多い傾向にあります。通常の使われ方は、訓読みで「これ」「の」などの読み方をすることが多いです。「これ」「この」などと人や物を指し示し、助詞として使われる意味を持っています。

「之」の文字は「止」まると初めを意味する「一」の2つの漢字から成り立っており、歩き始める「ゆく」という意味があります。「之」の意味は助詞としての意味が強いです。しかし、漢字の成り立ちから、人生という道を真っすぐに進んで欲しいという意味を込めることができるでしょう。

(之の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【之】を使った名前(男の子編)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

6. 「信」の漢字の由来と意味

「信」も「の」として読める漢字のひとつです。字画数は9画です。漢字には「真実」「信じる」という意味が含まれています。「信」の漢字の由来は「人」と「言」が合わさってできています。「言」の字には約束を守るという意味があり、「人」と合わさることで、人を信じるという意味になったと言われているのです。

「信」の漢字を名付けに使うことで、人を信じること、約束を守れる人になって欲しいという思いを込めることができるでしょう。男の子の赤ちゃんにも女の子の赤ちゃんにも使いやすい漢字です。

(信の名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【信】を使った名前(男の子・女の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

7. 「野」の漢字の由来と意味

「野」も、のと読める漢字のひとつで、字画数は11画です。「野」は「野原」などの言葉があるように、草が生えた広々とした土地という意味があります。広大な大地のイメージや、野花や野苺など、自然にある可愛らしいイメージを持つ人もいることでしょう。「野」には別の意味があり、都会などの中心から離れている田舎といった少しネガティブな意味もあります。

しかし、漢字の成り立ちは、神様を祀る場所がある里からできた漢字で、悪い意味合いは少ないです。広い野原のような大きな人間になって欲しいという意味や、野原に咲く花のように可愛らしく強く育って欲しいなどの意味を漢字に込めることができるでしょう。

(やの名前については以下の記事も参考にしてみてください)

『や』から始まる男の子&女の子の名前200こ!文字数や画数・ひらがなのみなど多数!

『の』から始まる女の子の名前〈漢字1文字〉5選

のから始まる名前の中から、漢字1文字の女の子に使える名前を紹介します。女の子の場合、漢字の選び方では次第では、男の子に間違われることもあります。どんな漢字を使うと苗字を合うかなども考慮して名付けを考えるといいでしょう。

漢字読みがな字画数
のう10画
のどか8画
のどか12画
のぶ7画
のん13画

『の』から始まる女の子の名前〈漢字2文字〉35選

のから始まる名前のうち、女の子に使える漢字2文字の名前を見てみましょう。よく使われる漢字は「乃」「野」のほか「希」「望」などもよく使われています。漢字との組み合わせ次第では、赤ちゃんの名付けにあらゆる意味を込められます。

かわいらしい女の子になって欲しい、凜とした人になって欲しい、優しさのある子供になって欲しい、などの意義を名前に組み込むこめるでしょう。

漢字読みがな字画数
乃秋のあき11画
暖杏のあん20画
乃維のい16画
能麻のうま21画
乃永のえ7画
野絵のえ23画
乃香のか11画
乃菊のぎく13画
乃子のこ5画
希郁のぞか16画
乃南のな11画
乃菜のな13画
乃音のね11画
望乃のの13画
野花ののか18画
乃已ののみ5画
乃音ののん11画
乃葉のは14画
望花のはな18画
乃悠のはる13画
乃笛のぶえ13画
暢花のぶか21画
允子のぶこ7画
悦代のぶよ15画
乃帆のほ8画
乃麻のま13画
乃鞠のまり19画
乃弥のみ10画
王美のみ13画
希結のゆ19画
乃雪のゆき13画
紀歌のりか23画
乃和のわ10画
乃音のん11画
暖乃のんの15画

『の』から始まる女の子の名前〈漢字3文字〉20選

のから始まる名前のうち、女の子に使える漢字3文字の名前を見てきましょう。漢字3文字にするのであれば、苗字との調和を考えて、画数が少なく、難しくない漢字を選択すると、読みやすく大げさに感じない印象を与えます。よく使われる「乃」は字画数が2画と少なく、圧迫感を与えにくいです。

また「の」は「のの」と、同じ読み方が繋がると、かわいい印象を与えます。名前の聞こえ方が「ののか」「ののみ」など、かわいらしく、かつ現代的な名付けになるでしょう。漢字が難しくなりすぎないように字画数を考えるのがポイントでしょう。

漢字読みがな字画数
乃惟子のいこ16画
乃衣子のいこ11画
乃絵子のえこ17画
野枝美のえみ28画
乃衣里のえり15画
野土香のどか23画
野乃唯ののい24画
希々花ののか21画
埜乃歌ののか27画
乃々子ののこ7画
埜の羽ののは18画
野乃実ののみ21画
野舞鼓のぶこ39画
野歩実のぶみ27画
乃麻子のまこ16画
乃萌美のもみ22画
野夕美のゆみ23画
乃莉音のりね21画
乃璃帆のりほ23画
乃李美のりみ18画

『の』から始まる女の子の名前〈ひらがなのみ〉20選

ひらがなのみを使った女の子に使える、のから始まる名前を紹介します。ひらがなの「の」は丸いフォルムがかわいい印象を与えます。漢字を当てずにあえてひらがなの名前を選ぶママ達も多いです。ひらがなは漢字と違い丸いフォルムをしているため、文字にしても、柔らかい印象になります。

「の」の聞こえ方も相手に嫌な印象を与えにくい響きです。ひらがなの組み合わせと、響きを大切にしながら文字を選ぶと、赤ちゃんにあった名付けができることでしょう。

読みがな字画数
のあな9画
のえ4画
のえみ7画
のか4画
のこ3画
のぞみ9画
のどか8画
のな5画
のにか7画
のの2画
ののあ5画
ののか5画
ののな6画
ののみ5画
のはな10画
のばら10画
のゆ4画
のゆり6画
のん3画
のんの4画

『の』から始まる女の子の名前〈外国人風〉10選

のから始まる女の子に使える名前のうち、外国人風の名前を見てきましょう。のから始まる名前は、組み合わせ次第では外国人風の名前になります。グローバルな社会になりつつある現代では、外国人が呼びやすい名前にすることも、名付けのひとつの方法でしょう。

名前に使う漢字に込める意味だけでなく、海外に向かって羽ばたくような女の子になって欲しい意味を込めることもできます。外国人風の名前にするときは、当て字っぽくならないような漢字を選択することも大切です。

漢字読みがな字画数
乃愛のあ15画
穏愛のいな29画
乃英奈のえな18画
乃慧瑠のえる31画
乃萌のも13画
乃羅のら21画
野里のり18画
仁碧のりあ18画
乃梨奈のりな21画
紀乃のりの11画

『の』から始まる女の子の名前〈古風〉5選

のから始まる名前の中から古風な印象になる女の子の名前を見ていきましょう。のから始まる名前は「乃」や「野」などの漢字が人気ですが、昔からよく使われる「典」「義」「紀」なども使われます。これらは、男の子の「~のり」という名前に使われることの多い漢字ですが、女の子の名前としてもよく使われています。

古風な名前にすることで、しっかりとした女性の印象になるでしょう。また、人気の「乃」の漢字でも「乃子」など、昔からよく使われる漢字と組み合わせることで古風な印象になります。かわいいイメージもありますが、歳を重ねても恥ずかしくならない名前にすることができるでしょう。

漢字読みがな字画数
乃子のこ5画
野萌子のもこ25画
乃也子のやこ8画
典枝のりえ16画
義子のりこ16画

『の』から始まる男の子の名前〈漢字1文字〉20選

のから始まる名前は女の子の名前の印象があるママもいることでしょう。「の」単独の使い方としては女の子に使われるケースが多いです。しかし、のから始まる名前は、昔から男の子にも多く名付けとして使われてきた名前でもあるのです。

その名前の中から、漢字1文字の男の子に使える名前を紹介します。同じ漢字でもさまざまな呼び方ができる漢字もあります。男の子に1文字で使う場合は、漢字の意味やイメージ、また苗字との調和を大切にし、名付けに選びましょう。

漢字読みがな字画数
のう13画
のぞみ・のぞむ18画
のぞむ13画
のぞむ11画
のびる・のぶ・のぶる・のぼる7画
のぶ・のぶし9画
のぶ12画
のぶ15画
のぶし8画
のぶゆき11画
のべる8画
のぼる3画
のぼる8画
のぼる8画
のぼる10画
のぼる・のり14画
のぼる10画
のぼる12画
のり4画
のり5画

『の』から始まる男の子の名前〈漢字2文字〉25選

のから始まる名前のなかから、男の子にぴったりの漢字2文字の名前を見てきましょう。男の子の名付けの使用頻度が高い読み方は「のぶ」と「のり」の響きです。「のぶ」と「のり」は昔から使われることの多い漢字も多いです。また、漢字もイメージも堅実な印象を与えやすいものが多い特徴があるでしょう。

漢字は、通常の音読み訓読みの詠み方での使い方より、名前の時だけに使われる読み方の方を好んで使うママ達が多いです。そのため、漢字によっては、一度見ただけで正しく名前を呼んでもらえないケースも考えられます。しかし、名付けとして昔から、のから始まる名前として使われてきた漢字であるため、いわゆるキラキラネームにはなりにくいでしょう。

漢字読みがな字画数
翔成のざき18画
延達のびたつ20画
信彰のぶあき23画
総臣のぶおみ21画
伸一のぶかず8画
宣毅のぶき24画
信輔のぶすけ23画
信匡のぶただ15画
暢恒のぶつね23画
亘登のぶと18画
展尚のぶなお18画
宜範のぶのり23画
暢人のぶひと16画
展匡のぶまさ16画
伸哉のぶや16画
亘祥のぶよし16画
令彬のりあき16画
矩禎のりさだ23画
規嵩のりたか24画
紀大のりだい12画
憲知のりとも24画
権大のりはる18画
徳寿のりひさ21画
典秀のりひで15画
倫史のりふみ15画

『の』から始まる男の子の名前〈漢字3文字〉20選

のから始まる男の子に使える漢字3文字の名前を見ていきましょう。漢字3文字で名付けをするのであれば、苗字との調和や「の」と読める漢字の選択が重要になります。のから始まる名前は、優しい印象になりますが、直線で成り立つ漢字を使うことでカッコよさが生まれ、呼び方と視覚との間にギャップが生まれます。それを利用して名付けしても面白いでしょう。

また、漢字の選び方次第では、中性的にも、男らしさもイメージさせることができます。漢字のイメージも大切にして、男の子の赤ちゃんの成長を願う漢字を選ぶように心掛けると、良い名前になることでしょう。

漢字読みがな字画数
乃一丸のいちまる6画
能三郎のうざぶろう22画
能次郎のうじろう25画
乃太朗のたろう16画
乃舞希のぶき24画
申喜男のぶきお24画
信吾朗のぶごろう26画
敦二郎のぶしろう・のぶじろう23画
頌大佳のぶたか24画
展太郎のぶたつろう23画
伸之進のぶのしん21画
野馬彦のまひこ30画
能利雄のりお29画
乃利勝のりかつ21画
乃理太のりた17画
乃理人のりと15画
之理彦のりひこ23画
乃理久のりひさ16画
乃理也のりや16画
乃利之のりゆき12画

『の』から始まる男の子の名前〈ひらがなのみ〉20選

のから始まる男の子に使えるひらがなの名前を見ていきましょう。「のあと」のようなあまり聞きなれない名前から「のぶゆき」などの昔からある名前を、あえてひらがなにしているママ達もいます。響きから名前を選び、当て字の漢字は使わず、ひらがなにすることで柔らかいイメージにになります。

「のぶゆき」や「のぶなが」のような、戦国武将についているような名前も、あえてひらがなにしてもいいでしょう。ひらがなにすることで現代風にアレンジすることができ、印象も優しく感じられます。ひらがなにすることで、子供も覚えやすく、人にも伝えやすい点もメリットとして大きいでしょう。

読みがな字画数
のあと6画
のえる6画
のぎ7画
のくと4画
のびお9画
のぶ7画
のぶお11画
のぶなが17画
のぶゆき14画
のぼる10画
のり3画
のりあき10画
のりお7画
のりかず11画
のりき7画
のりじ6画
のりと5画
のりひこ7画
のりまさ10画
のりみち9画

『の』から始まる男の子の名前〈外国人風〉10選

のから始まる男の子の名前の中から、外国人風になる名前も見てきましょう。外国人風の名前のうち「のある」や「のえる」の響きが人気です。紹介している名前はごく一部ですが、いろいろな漢字を使うことで、外国人風でありながらも日本人の名前として成立しています。

グローバルな世界が広がり、外国人とのコミュニケーションも身近なものになっています。世界で活躍して欲しいと願いを名付けに込めるのであれば、外国人が呼びやすい、外国人風の名前にするのもひとつの選択肢でしょう。

漢字読みがな字画数
希空斗のあと19画
望有のある17画
野斗のいと15画
能夢のうむ23画
乃夜のえる10画
乃駆斗のくと20画
希李のぞり14画
野辺流のべる26画
野留土のるど24画
乃漣のれん16画

『の』から始まる男の子の名前〈古風〉5選

のから始まる男の子の名前は、昔ながらに使われている名前が多い特徴があります。男の子に使える古風な名前を見ていきましょう。

さまざまな名付けが増えている現代おいて、古風な名前は古いと感じる人もいるでしょう。しかし、堅実さを持ち合わせている印象が強く、歳をとっても名前と合わなくなるケースが少ない利点があります。むしろ、多種多様な名前があるからこそ古風な名前が、斬新に感じる人もいます。

男の子だからこそ、大人になって社会に出て行く際に、イメージがぶれにくい古風な名前にしたいと考えるママ達も多いです。

漢字読みがな字画数
野々介ののすけ26画
伸篤のぶあつ23画
暢一郎のぶいちろう24画
信勝のぶかつ21画
則之進のりのしん23画

『の』から始まる〈中性的〉な名前10選

のから始まる名前は、女の子、男の子、共に名付けに使いやすい名前だと言えます。そのため、中性的な印象を与える名前をあえて付けるママ達も多いです。ジェンダーについて考えられる現代において、中性的な名付けは、現代に合っている考え方でしょう。

しかし、中性的な印象の名前は、人によって男の子か女の子か分からず困るケースも考えられます。そのため、他人に性別が分からない印象を与えるデメリットも考慮して名付ける必要があるでしょう。子供が名前で悩むリスクも考え、なぜこの名前を付けたのか明確な答えを、ママ達から伝えられるようにしておく必要があるでしょう。

漢字読みがな字画数
野亜のあ18画
乃維のい16画
望未のぞみ16画
のどか8画
乃々佳ののか12画
暢希のぶき21画
伸帆のぶほ13画
伸実のぶみ15画
乃蘭のらん21画
乃羽のわ8画

『の』から始まる名前をつけるときの注意点5つ

のから始まる名前には、さまざまな名前があります。これまでに紹介した名前の中に気になる名前があったママもいることでしょう。しかし、赤ちゃんに名付けをするのであれば、気を付けておきたい注意点があります。のから始まる名前だからこそ気を付けたい注意点を見ていきましょう。のから始まる名前で検討しているのであれば、参考にしてください。

1. 漢字の意味を知ろう

漢字で名付けをするのであれば、漢字の意味を知っておく必要があります。「乃」や「之」など意味はあっても、助詞として使われることが多く、意味が弱い漢字もあります。形がかわいいから、かっこいいからというだけでなく、その漢字の意味や他人が受けるイメージなども考慮して赤ちゃんの名付けを行いましょう。

漢字で名付けるのであれば、字画数も大切です。それらも考慮してぴったりの名前を選びましょう。

2. 無理な当て字は使わない

のから始まる名前は、外国人風の名前が考えられるほど、いろいろな可能性があります。そのため、少し人と違う名前にしたい場合は、無理やり当て字にしたり、キラキラネームにならないように注意しましょう。無理な当て字でキラキラネームになった場合は、意味も字画数もいい名前であったとしても、他人から心ない一言を言われる恐れを考える必要があります。

子供が物心ついた時に、名前が変だと言われないように、当て字に感じない漢字を選びましょう。名前をひらがなにしている先輩ママ達もいます。ひらがなで考えるのもひとつの方法でしょう。

3. イニシャルでも変にならない名前

名前をイニシャルにした場合、おかしくならない名前であることも大切です。のから始まる名前の場合、「N」がつきます。そのため、例えば「が行」が苗字であれば「N.G」になってしまいます。学校でローマ字や英語を習うため、名前をイニシャルで書くケースが多くあります。それをきっかけにして、友達にからかわれるケースも考えられるでしょう。

名前を付ける場合は、苗字のイニシャルと組み合わせても変な意味にならない名前を選びましょう。

4. 変な読み方にならないこと

名前と苗字を並べた時、変な読み方にならない名前を選ぶことも大切です。せっかく赤ちゃんにぴったりの名前を付けても、苗字を組み合わせると変な読み方になってしまうことがあります。例にあげると「埜花(のはな)」という名前を付けたとします。苗字が「佐藤」であれば「砂糖の鼻」などと、言われるケースがあるかもしれません。

名前と苗字を組み合わせることで、違う意味になり、からかわれる原因に発展するケースもあります。名前に意味や思いを込めることも大切ですが、子供がからかわれにくい名前を考慮することも大切でしょう。

5. 苗字にあった名前にする

苗字にあった名前を選ぶことも注意したい点のひとつです。名前がのから始まるため、苗字が「~の」が付いている場合は、のから始まる名前はできれば避けた方がいいでしょう。例えば高野さんが「高野乃音」という名前を付けたとします。ひらがなにすると「たかのののは」と「の」が3つも続き、少し言いにくいと感じる人もいることでしょう。

「の」は日本語では助詞としても使われるため、名前と苗字の組み合わせによってはおかしいと感じる人もいます。「の」を使いたい場合は苗字との相性を考えて、慎重に選択したほうがいいでしょう。

(苗字にあった名前については以下の記事も参考にしてみてください)

苗字に合う名前を名付けるコツ!響き・画数のバランスなど組み合わせるポイントを紹介!

『の』から始まる有名人の名前

のから始まる名前をを付けている有名人は多くいます。有名人の名前を紹介しますので、名付けの参考にしましょう。実際に、のがつく名前を付けている例を見ることで、イメージも浮かびやすいと感じることでしょう。赤ちゃんの名付けのイメージを膨らませるのに、有名人の名前はぴったりなため、名付けの参考にしてくださいね。

1. 藤原紀香

のから始まる名前を付けている有名人は「藤原紀香(ふじわらのりか)」です。女優、タレントとして、多数の作品に活躍しています。歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚したことでも話題になりました。女性のファンも多く、好感度の高い人気のタレントです。

2. 島﨑信長

次に紹介する、のから始まる名前を付けている有名人は「島﨑信長(しまざきのぶなが)」です。声優として多くのアニメ作品に出演しています。名前の由来は、戦国武将の織田信長ではなく、赤ちゃんの時に命名師から名前を「信長にした方がいい」と言われたことがキッカケとなり、信長になったのだそうです。一度で覚えてもらえるインパクトがある名前でしょう。

3. 大山のぶ代

のから始まる名前を付けている有名人は「大山のぶ代(おおやまのぶよ)」です。アニメの「ドラえもん」の初代の声優として有名です。本名も「羨代(のぶよ)」という名前で読み方は一緒です。コンプレックスであった自分の声をあえて活かすことで、声優として活躍した実績は、参考にしたい人生だと感じる人もいることでしょう。

4. 喜多乃愛

のから始まる名前を付けている有名人は「喜多乃愛(きたのあ)」です。中学3年生の時に、母親が勝手に履歴書を送ったことがきっかけで、芸能界に入った若手女優です。出演しているドラマやCMは少ないですが、情報番組でのかわいらしいリポーター姿が魅力的で、これからの活躍が楽しみな女優です。

5. 今村信貴

のから始まる名前の有名人は「今村信貴(いまいのぶたか)」です。プロ野球の読売ジャイアンツの投手として活躍しています。2011年のドラフト2位で入団し、2012年にはリーグ史上21人目のノーヒットノーランを達成しています。

『の』から始まる名前をつけた理由は?【みんなの体験談】

名前は実際に付けてみないと、どのようなことが起こるのか分からな点とが多いのも事実です。のから始まる名前を付けたママ達や子供には、どういった体験談があるのでしょうか。実際に名付けてみて、良かった点と悪かった点の両方の体験談も一緒に紹介します。のから始まる名前で名付けを検討しているママは、ぜひ体験談を参考にしてくださいね。

『の』から始まる名前に決めた体験談

信彰(のぶあき)くんのママ

(30代)

呼びやすく書きやすい名前にしたいと思い決めました。愛称をお兄ちゃんを「としくん」と呼んでいるので、一緒に読んでもおかしくならない名前にしました。愛称は「のぶくん」です。名前も間違われることが少なく、子供が困ることのない名前を選んでよかったと思います。

信道(のぶみち)くんのママ

(20代)

自分の信じる道を進んで欲しいという思いを込めて名付けました。ちょうど戦国時代ブームの時だったためか、戦国武将?とよく言われました。そういうつもりではなかったのですが、時代劇ファンのおじいちゃんにはとてもウケが良かったです。字画数的にも良い名前になったと思います。

徳来(のりか)ちゃんのママ

(20代)

神職の実父に付けてもらいました。「女の子は父親の徳を貰い、男の子は母親から徳を貰う」といいそうです。パパから一文字貰い「徳来(のりか)」になりました。いい名前だと思うのですが、漢字だけ見ると男の子に間違われます…。しかし、年配の方には「徳のあるいい名前」だと言われ好評ですよ。

和(のどか)ちゃんのママ

(30代)

「和」という漢字が好きでこの漢字を選びました。苗字が字画数が多く書きにくいため、名前は呼びやすく書きやすいものをと考えて1文字で字画数の少ない漢字にしました。子供に合っていると言われるのは嬉しいです。

のから始まる名前に決めたエピソードです。信彰、信道などの名前は読みやすく間違われにくいです。誰にでも分かりやすい名前で名付けをするのも選択肢のひとつでしょう。また、苗字が珍しい、難しい場合にも、のから始まる名前はさまざまなバリエーションが考えられるため、ぴったりです。体験談のように字画数の少ない漢字を選ぶこともできるでしょう。

それぞれの家の事情や、親の思いも名前には込めることができます。いろいろな考え方がありますが「赤ちゃんにぴったりの名前だ」と言われることが、名付けをした親としては一番うれしいことでしょう。

『の』から始まる名前を付けてよかった体験談

希ちゃんのママ

(30代)

苗字が三文字なので漢字一文字にしようと決めていました。「のぞみ」という響きが気に入り、漢字一文字でもかけることから、希望の「希」の「のぞみ」に決めました。女の子なので字画数にはこだわりませんでした。のんちゃんとみんなから読んでもらえています。

暖乃(のんの)ちゃんのママ

(20代)

パパが休みの日に赤ちゃんと3人でリビングにいた時、パパのふとした暖かさにふれ、「暖」の漢字を使いたいと思い付きました。それをパパに伝えたら、パパも乗り気になり、そのあとはスムーズに「暖乃(のんの)」と決まりました。

聞き返されることも多いですが、その分覚えてもらいやすいので気に入っています。

乃々香ちゃん

(10代)

私の名前はママがつけてくれました。友達からは「ののちゃん」と呼ばれています。自分でも「のの」と言いやすいので気に入ってます。

のから始まる名前を付けて良かったと感じた人達の体験談です。のから始まる名前の響きに魅せられて決めた体験談が多く見られました。のから始まる名前によっては、漢字だけでは名前がわからないケースもあります。しかし、一度間違われたほうが次から覚えてもらいやすいケースが多く、珍しい名前で良かったという声もあります。

「ののちゃん」や「のんちゃん」など、可愛らしいニックネームで呼ばれるのも、のから始まる名前の良い点でしょう。愛称も一緒に考えてあげると親しみやすいと感じることでしょう。

『の』から始まる名前を付けて悪かった体験談

希羽(のわ)くんのママ

(30代)

妊娠中に大きな地震があり、体調的にも不安な妊娠生活を送っていました。生まれた時は標準より小さい男の子でしたが、無事に生まれてきたことに感謝し、世界に希望を持って羽ばたいて欲しいと願いを込めて「希羽(のわ)」と名付けました。

名前は気に入っているのですが、女の子に間違われるので、漢字を工夫すればよかったとその点だけ後悔しています。

乃梨音(のりね)ちゃんのママ

(20代)

初めての子供なので、色々な案や漢字を候補に出して、やっと乃梨音に決まりました。字画数は女の子なので、あまり気にしなかったのですが、旧字体があると知り、旧字体の方が字画数が良かったのでショックでした。それ以外は、覚えやすいと好評です。

希海(のあ)くんのママ

(30代)

女の子だと思っていたので「のあ」にしようと決めていたのですが、生まれてみたら男の子でした。この名前でお腹にいる時から呼びかけていたので、男の子にでも使える名前と知ったので希海に決めました。それでも、女の子に間違われることが多いです。

のから始まる名前を付けて悪かった体験談です。男の子に付けた場合、女の子と間違われやすい点が失敗したという意見が多く見られました。中性的な名前がいいと思う人もいるため、考え方は人それぞれでしょう。

また、旧字体で失敗したという意見もありました。漢字を選ぶ際は、新字体と旧字体では字画数が変わるケースがあるため、字画数を気にする場合は注意しましょう。

『の』から始まる名前は素敵な名前ばかり!

のから始まる名前は、中性的で神秘的な印象のある名前や、古風な名前など、さまざまなバリエーションが考えられる名前です。男の子の場合は「のぶ~」「のり~」から始まる名前が多くあります。昔から多く使われる名前でもあるため、それらを選ぶと堅実なイメージを与える名付けができるでしょう。

また、中性的だったり、現代風や外国人風の名前を付けることができるのも、のから始まる名前の特徴でもあります。現代風や外国人風の名前を付ける場合は、当て字やキラキラネームにならないように配慮する必要があるでしょう。

のから始まる名前は、変わっている名前もありますが、素敵な意味を込めることができる素敵な名前です。名前選びに悩んでいるのであれば、のから始まる名前を検討するのもひとつの方法でしょう。

関連する記事