振ったけど後悔するのはなぜ?告白した男性とやり直すための方法も紹介

告白してくれた男性を自分から振ったことを後悔した経験はありませんか?振った男性を惜しいと後悔する瞬間、どのような心理が働くのでしょう。告白してくれた男性とやり直したい女性のために、付き合うための方法や逆告白のタイミングを紹介します。

目次

  1. 男性を振った後悔から立ち上がろう!
  2. 男性を振ったことを後悔する瞬間
  3. 男性を振った後に後悔するのはなぜ?
  4. 男性を振った後悔から逆転!付き合うための方法
  5. 振った後悔から回復するには行動あるのみ!

付き合うための方法③友達としての関係を目指す

失恋した男性は告白したあなたにはもう未練はなく、過去の人になっています。いきなり告白の返事をやり直したいと話しても、「もう好きではない」「自分に妥協したの?」と失恋した男性はあなたを受け入れてくれません。時間をかけて女友達になるところから再出発しましょう。友達関係を築く中で、あなたは男性の本心を探ります。

逆告白を成功させるには、男性からの信頼を回復させることが不可欠です。自分磨きで、外見も内面も魅力をアップさせましょう。あなたは「男性を振るべきではなかった」と後悔したのですから、努力もつらくないはずです。男性にまだ好意が残っていることを確認してから逆告白をしてみます。もし男性が「友達のままでいたい」と言っても、焦らず様子を見ましょう。

(女友達については以下の記事も参考にしてみてください)

女友達から彼女になる方法10選!恋人に昇格するためのきっかけ作りも解説!

付き合うための方法④謝罪と訂正と告白

男性を振ったことを後悔している女性は、今すぐにでも告白の返事をやり直したいと願っています。「思い立ったが吉日」という言葉のように、失恋した男性が立ち直る冷却時間を待たずに女性からアタックする方法もあります。しかし、いきなりあなたの気持ちをぶつけるのはNG行動です。

まずは男性を振ったことを、誠意を持って謝ります。言い訳はしないで、男性を振ったことを後悔した理由を正直に伝えます。例えば、「自分には優しい男性は合わないと思っていたけれど、本心は違っていた」と告白の返事を訂正しましょう。最後に、「改めて付き合って欲しい」の逆告白です。もし男性が断りの返事をしても、素直に受け入れましょう。

振った後悔から回復するには行動あるのみ!

「相手を振らずに付き合えばよかった」と、いつまでも後悔していても仕方ありません。後悔から抜け出し回復するには、自分の気持ちに従って行動あるのみです。後悔したことを心に刻み、次の恋愛に生かそうと前向きに考えることも大切です。どうしても振った男性を忘れられないときは、逆転して付き合うための方法を実践しましょう。

振った後に男性の魅力や存在の大きさに気付き、本心から告白の返事をやり直したいと思ったら、その気持ちを忘れずに、自分から相手に連絡を取ってアプローチしましょう。しかし、「相手にまだ気持ちが残っているうちに」と、焦らないことが大切です。落ち込んだ男性が立ち直る冷却時間を置きながら準備を進め、逆告白するタイミングを図りましょう。

関連する記事