振ったけど後悔するのはなぜ?告白した男性とやり直すための方法も紹介

告白してくれた男性を自分から振ったことを後悔した経験はありませんか?振った男性を惜しいと後悔する瞬間、どのような心理が働くのでしょう。告白してくれた男性とやり直したい女性のために、付き合うための方法や逆告白のタイミングを紹介します。

目次

  1. 男性を振った後悔から立ち上がろう!
  2. 男性を振ったことを後悔する瞬間
  3. 男性を振った後に後悔するのはなぜ?
  4. 男性を振った後悔から逆転!付き合うための方法
  5. 振った後悔から回復するには行動あるのみ!

男性を振った後悔から立ち上がろう!

告白してくれた男性を自分から振ったのに、モヤモヤとした気持ちが残ることがありますよね。通勤時間や仕事の合間のふとしたときに、男性を振ったことを後悔する場合があります。男性の気持ちに応えられないと思ったり、自分に自信がなかったりなど、振った理由はさまざまです。しかし、男性を振った後には想定外の感情が押し寄せてきます。

孤独感からくる寂しさや男性を惜しいと思う後悔がこみ上げ、落ち込む女性もいるようです。そのような自分から振ったのに後悔する瞬間の心理について説明します。「男性を振るべきではなかった」と後悔している気持ちを整理して、立ち上がりましょう。告白されたのに断ってしまった男性とやり直したい女性のために、付き合うための方法についても紹介します。

(男性心理については以下の記事も参考にしてみてください)

振られた男の気持ちを思い知れ!その9の心理&未練がある行動の特徴!

男性を振ったことを後悔する瞬間

自分ではよく考えて、告白してくれた男性を振ったのに後悔してしまうことは、よくあります。自分の気持ちの変化に戸惑う女性も多いようです。告白される前に男性に好意を持たれていることに気付く人もいれば、気付かない鈍感タイプの人もいます。周囲の人の気持ちを推し量れない自分中心の性格の人も、男性に好意を持たれていることに気付きません。

女性は突然の告白にとまどい断る返事をしてしまうものの、告白を断った後で男性の視線や優しさに気付くのはよくあることです。失恋した男性からの連絡が途絶え、女性は喪失感に襲われます。男性を意識し始め、告白の返事をやり直したいと思うようになります。男性を振ったことを後悔する瞬間の自分の心理を振り返り、本心をもう一度確かめてみましょう。

後悔する瞬間①他の男性との出会いがない瞬間

告白してくれた男性は自分の好みではないため振ったとしても、なかなか自分の好みの男性に出会えないと心に焦りが出てきます。友達や同僚と比べて恋人ができないことで焦る場合もあります。恋人がほしいと思っても、すぐには自分の好みの男性に巡り会えないこともありますよね。

「出会いがない」と焦るあまり、「あの人の告白を受け入れていれば」と後悔する女性もいます。片思いの男性もいないフリーのときは、完全なひとりぼっちです。女性は、本心を打ち明けられる男性がいたらと考えます。自分のタイプでない男性でも自分を好きでいてくれるなら、優しい彼氏になってくれたかもしれないと考えてしまうのです。

(出会いについては以下の記事も参考にしてみてください)

彼氏を作るには「場所」が全て!〈年代別〉おすすめ出会いの場・環境9選!

後悔する瞬間②他の男性と比較して魅力に気付いた瞬間

告白してくれた男性に魅力を感じなくて振ったにもかかわらず、その後、合コンで知り合った男性と無意識に比較してしまうことがありますよね。合コンにいた男性と比較して、「あの人ほど優しい人はいない」「あの人なら話が合うのに」と告白してくれた男性の魅力に改めて気付かされることがあります。

告白してくれた男性と付き合っていたらと妄想が浮かぶと、告白の返事をやり直したい気持ちがみるみる膨れ上がってしまう女性も多いようです。外見が好みでなかったために断ってしまったけれど、後になって性格の良さに気付くというのはよくあるケースです。恋愛相手を選ぶのに重要なポイントは、外見よりも相性や内面の良さと言われています。

女性は考えれば考えるほど、告白してくれた男性のことを忘れられなくなるのです。

後悔する瞬間③振った男性が幸せそうなのを見た瞬間

男性の告白を断った女性は、多少なりとも男性を傷つけたかもと心配しますよね。しかし、次に見かけたときはかわいい彼女を連れていることもあります。会うことがなくても、SNSやうわさ話から男性の近況を知る場合もあります。失恋後、あっという間にスピード婚をしていたり、父親になっていたりと驚くほどの変化する男性もいるようです。

男性が幸せそうだと、告白を断った女性の心はモヤモヤします。「私が振ったのに、私より幸せそうにしている」という嫉妬心から、男性を振ったことを後悔する場合もあります。そんなとき、男性の側は自分を振った女性を見返したいと、より自分を磨き、成長しようと考えていることが多いようです。そんな男性に、女性は「逃がした魚は大きい」と考えてしまいます。

学生なら進学先や就職先、社会人でも出世や起業で、男性の肩書きは変化します。周囲が憧れる資格取得に頑張る男性もいます。男性を振る時点では女性は目先のことしか頭になかったのが、後悔する理由です。将来の伸びしろまで予見していなかったと女性が反省するのも、よくあるケースです。

後悔する瞬間④振った男性に優しくされた瞬間

関連する記事