彼女を泣かせた彼氏の本音は後悔?謝罪してもらうLINEの活用方法も紹介

彼氏と喧嘩(けんか)して、つい泣いてしまうこともありますよね。彼女を泣かせた彼氏の本音はどうなのでしょうか。彼女を泣かせた彼氏の本音や謝りたいと思うLINE、NGなLINEなどを紹介します。彼氏と別れないですむように、仲直りする方法も参考にしてください。

目次

  1. 彼女を泣かせた彼氏は何を思う?
  2. 彼女を泣かせた彼氏の本音5選
  3. 彼女を泣かせた彼氏と仲直りしたいなら?
  4. 彼女を泣かせた彼氏が謝りにくる良いLINE
  5. 彼女を泣かせた彼氏が謝りにこないダメなLINE
  6. 彼女を泣かせた彼氏も謝りたがってる!

締めの連絡は明るく!

短くて明るい内容のLINEを送ってみるのもおすすめです。特に、締めの言葉は「また連絡するね!」など、短くて明るい文章にしましょう。長い文章がLINEで届くと、パッと見てうんざりしてしますよね。送った本人はそう思っていなくても、受け取った方からしてみればうるさく感じることもあります。特に、関係がギクシャクしているカップルならなおさらです。

仲直りするためには、明るくいつもの彼女に戻っていると安心させることが大事です。また連絡をしてくれるんだと彼氏の不安を拭い去るような一言で締めましょう。

自分の非も少し認める

自分にも悪いところがなかったか考えてみましょう。彼氏とケンカをして泣いてしまったほうからすれば、彼氏のほうから謝ってくるのが当然と思っているかもしれません。しかし、それでは関係はいつまでたっても修復できません。ケンカ両成敗という言葉もあります。

不満はあるかもしれませんが、彼女であるあなたの方が少し大人になって譲歩することも大事です。つい言い過ぎたと思うことがあるなら、自分の非を少し認めてみましょう。非を認めて「後悔している」と短い文章で伝えてください。彼氏も「素直で可愛いところもあるな」と惚れ直してくれますよ。

(LINEの駆け引きについては以下の記事も参考にしてみてください)

LINEの駆け引き*モテ女に学ぶ男を翻弄するテク9選!やりすぎ失敗談も!

彼女を泣かせた彼氏が謝りにこないダメなLINE

泣かされてしまったと不満に思ったり、泣いてしまって後悔したりする女性も多いでしょう。このまま彼氏から連絡が来なくなって別れることになるかもと不安になるかもしれません。しかし、焦って彼氏がうんざりするようなLINEを送ってしまうのはマイナス効果です。彼氏が謝りにくくなってしまうダメなLINEを紹介します。

・「ごめんね」「ごめんね」と連投
・「なんで返事しないの?」と返事の強要
・「別れる?」と感情的なLINE


つい別れを意識して「ごめんね」と謝るLINEを何度も送るのはやめましょう。彼女を泣かせてしまった男性も後悔しているかもしれません。冷静になるための時間を与えてあげましょう。何度も「ごめんね」を連投すると、逆にうるさくて面倒な彼女と思われてしまいます。既読スルーされたことが不満で返事を強要するようなLINEはNGです。

男性は1人で考える時間が必要です。返事を待っている間に自分も言い過ぎたことはなかったか思い出してみましょう。彼氏からの連絡がないからといって、感情にまかせて「別れる?」というLINEもNGです。ケンカをした後はなおさら冷静になることが大事です。感情的なまま、売り言葉に買い言葉で彼氏が「別れる」と同意してしまったら元も子もありませんよ。

(ダメなLINEについては以下の記事も参考にしてみてください)

「LINE嫌い」という男の心理9つ&彼らとの上手なLINEの連絡方法!

彼女を泣かせた彼氏も謝りたがってる!

彼氏に泣かされたと女性のあなたは不満に思ったり不安になったりするでしょう。焦って彼氏に連絡を取ったり、その返事がないとさらにしつこくしてしまうかもしれません。しかしその感情的な行動は逆効果になりかねません。お互いに冷静になって落ち着く時間が必要です。お互いのことを考える良いきっかけにもなります。

男性も1人で考える時間を持つことで、謝りたいという気持ちになってくれるでしょう。感情が落ち着く時間を持つことで、さらにお互いのことを分かり合えるようになるはずです。

関連する記事