LINEで復縁する方法!例文付きで切り出し方を解説!タイミング&告白で注意すべきことも

元彼と復縁したい気持ちがあっても、会話の切り出し方に悩みませんか?LINEで復縁する方法を紹介します。例文付きで、会話の切り出し方を解説します。最初のLINEを送るタイミングや、LINEで告白するときに注意すべきことも参考にしてくださいね。

目次

  1. 復縁したい!LINEで連絡するのはあり?切り出し方は?
  2. 前提としてLINEする前に冷却期間は必須
  3. 復縁のLINEを送るタイミングはコレ!
  4. 【告白する前に】復縁の成功率を高めるLINEのポイント
  5. 【告白編】復縁LINEの切り出し方!例文付きで解説
  6. LINEで告白する際に注意すべきこと
  7. LINEの返信から読み取る元彼の気持ち
  8. LINEを上手く活用して元彼と復縁しよう!

復縁したい!LINEで連絡するのはあり?切り出し方は?

恋人と別れたものの、復縁したい女性は多くいます。元彼と復縁したいとき、どのように会話を切り出しますか?最近は、LINEで復縁を切り出す人も増えています。対面よりも、LINEの方が素直な気持ちを表現しやすいようです。LINEには未読・既読機能やスタンプ機能があり、メールよりも便利です。

しかし、LINEでの連絡は直接相手に接しないため、気持ちが伝わりにくい可能性もあります。LINEで復縁を成功させるには連絡するタイミングや会話の切り出し方に注意が必要です。ここでは最初のLINEを送るタイミングを説明します。会話の切り出し方も、例文付きで解説します。LINEで告白するときの注意すべきことも参考にしてくださいね。

(LINEについては以下の記事も参考にしてみてください)

LINEで分かる男の脈ありサイン!内容・頻度・スタンプなど分かりやすい順に徹底解説!

前提としてLINEする前に冷却期間は必須

けんか別れなど感情的になって別れた場合以外は、別れてすぐに復縁LINEを送るべきではありません。別れてすぐに復縁LINEを送ると自分勝手に思われて、元彼に嫌われてしまいます。復縁を成功させたいのなら、LINEを送る前にしっかり冷却期間を設けましょう。

復縁したいときに送るLINEのタイミングは、冷却期間が過ぎた頃が効果的です。復縁にあせらないで、じっくりと冷却期間が過ぎるのを待ちましょう。ここでは、冷却期間について詳しく説明します。

冷却期間の目安

冷却期間の長さは別れた理由や別れ方によっても変わるものの、少なくとも1ヶ月は必要です。人は別れてから1ヶ月ほどで冷静さを取り戻し、3か月ほどで思い出を美化しだすといわれています。別れてから3ヵ月程度は、冷却期間を設けましょう。

別れた直後はあなたへの未練を断ち切りたいばかりに、恋活に励む男性もいます。そんな男性に復縁を持ちかけても、成功しにくいものです。冷却期間はLINEを送らないで、気持ちをリセットしましょう。3ヶ月程度過ぎると、元彼もあなたに対する嫌な気持ちを忘れてきます。あなたからの復縁LINEも、前向きに受け取ってくれる可能性があります。

冷却期間中にやるべきこと

冷却期間中にやるべきことは、あなたと元彼が別れた原因を明確にすることです。復縁して同じことを繰り返さないように、原因を突き止めて改善しましょう。あなた側に別れの原因がある場合は、元彼に謝る姿勢も大切です。自分の問題点を改善すると、復縁できる可能性をアップさせられます。

復縁のLINEを送るタイミングはコレ!

「大好きだった元彼と別れてしまったけれど復縁したい」と思ったとき、どうしたらいいのでしょうか。一度は惹かれあって付き合った恋人同士ですから、復縁の可能性はあるはずです。「ぐずぐず考えていたら復縁のタイミングを逃しそう」とあせってしまいますよね。しかし、元彼に連絡を入れるタイミングは返信率や復縁成功率を左右するほど重要です。

日頃から共通の友人やSNSを通して彼の状況を把握し、ベストタイミングで会話を切り出しましょう。ここでは、元彼と復縁するためのタイミングを説明します。復縁を考えている人は、元彼へのアプローチの参考にしてくださいね。

タイミング①自分の問題が改善できたとき

冷却期間中に、別れの原因となった自分の問題点を改善できましたか。改善できていない状態で復縁を申し込んでも、成功する可能性はありません。復縁が成功しても、また同じ理由で再度別れることが目に見えています。復縁のLINEを送る前に、自分の問題を改善しましょう。

改善できたタイミングで元彼に連絡すると、復縁できる可能性が高まります。復縁のために成長したあなたの姿に、元彼の心は動かされるでしょう。

タイミング②元彼が忙しくないとき

別れた原因が多忙によるすれ違いだった場合は、元彼が忙しくないときが連絡を入れるタイミングです。元彼の心に余裕があるときなら、あなたからの連絡に気持ちよく応えてくれるはずです。元彼の近況をリサーチして、忙しくないタイミングを狙いましょう。

元彼の近況をリサーチするには、共通の友人に協力してもらうのがおすすめです。共通の友人を味方につけて、今後の復縁に向けてのアプローチを手助けしてもらいましょう。

タイミング③元彼に新しい彼女がいないとき

元彼に新しい彼女がいないときも、復縁のLINEを送るタイミングです。この場合も、元彼の近況を共通の友人からリサーチしておきましょう。日頃から共通の友人と仲良くしておくと、復縁のサポートもしてもらえます。

別れた直後は落ち込んでいた元彼も、冷却期間を過ぎたころになると人恋しい気持ちが募るようです。恋活に励む男性もいるものの、すぐに新しい彼女ができない場合もあります。「そういえば、元カノはどうしているかな?」と思い出すときが、あなたがLINEを送るタイミングです。

関連する記事