【復縁を成功させる連絡頻度】元彼との関係性・返信内容別に解説!相手の心理&LINEの例文も

別れた元彼と復縁するにはどれくらいの頻度で連絡するのがよいのでしょうか。連絡頻度は元彼との関係性や返信内容によっても変わってきます。復縁を成功させる連絡頻度を参考に、LINE例文も試してみましょう。元カノと連絡をとっている元彼の心理についても紹介します。

目次

  1. 復縁するための連絡頻度はどれくらいが適切?
  2. 復縁成功の連絡頻度【基本編】
  3. 復縁成功の連絡頻度【2人の関係性・現状から】
  4. 連絡をとっている時の元彼の心理とは?
  5. 元彼と連絡する際の注意点
  6. 復縁率を高める連絡方法を解説!
  7. 復縁への連絡頻度は元彼の状況を見極めて判断しよう!

復縁するための連絡頻度はどれくらいが適切?

「元彼と復縁したい」と思っても、連絡を取らないことには何も進みませんよね。頻繁に連絡を取って、できれば早くよりを戻したいですよね。しかし、たくさん連絡すれば、元彼が嫌がったり返信をくれなかったりして逆効果にもなりかねません。復縁を成功させるための連絡頻度は、2人の関係性や元彼の状況によって異なります。

元彼にマイナスイメージを与えない連絡頻度を参考に、復縁成功への道を掴みましょう。

(復縁については以下の記事も参考にしてみてください)

別れを繰り返すカップルの5つの特徴!何度も復縁する心理とは?相手との結婚の可能性は?

復縁成功の連絡頻度【基本編】

復縁を成功させるためには、元彼との連絡頻度が重要になってきます。1日に何度もやり取りをすればよいというわけでもありません。毎日連絡を続けても、元彼もそれだけで満足してしまいます。付き合わなくても、連絡するだけの関係でよいと思わせることになりますよ。

復縁を成功させるには、適度な距離感を保つことも大切です。元彼と復縁するためにベストな連絡頻度を参考にしましょう。

1日に2~3ターン

1日に何回やり取りするかは、元彼が学生か社会人か相手の状況によっても変わってきます。それでも2~3ターンほどが相手の生活を邪魔しない連絡頻度です。返信がくるからといって、1日に何度も連絡しないようにしましょう。新鮮さがなくなり、元彼は連絡することに飽きる場合も考えられます。

復縁に繋げるためにも、元彼にはまたあなたと連絡を取りたいと思わせるように仕向けることが大切です。そのためにも、1日の連絡頻度は多すぎないように抑えるのがポイントとなりますよ。

(元彼への連絡については以下の記事も参考にしてみてください)

別れた元彼と復縁しやすいタイミング7選!連絡にベストな期間&成功する切り出し方も

毎日は続けない方が良い

連絡をすれば元彼が毎日返信をくれる場合でも、毎日やり取りを続けないほうがよいでしょう。毎日連絡すれば、未練がましいと思われることもあります。早く復縁したいからといって焦ってはいけませんよ。週に2~3回に抑えて、ゆっくりと2人の距離を縮めていきましょう。

連絡すれば元彼からすぐに返信がある場合でも、だらだらと毎日続けないことです。少し距離を置く方が元彼の心を動かすことに繋がります。連絡のない間、あなたのことを考える時間を作ることが復縁への成功の道となりますよ。

復縁成功の連絡頻度【2人の関係性・現状から】

基本編で紹介した連絡頻度はあくまで一般的な場合です。別れてすぐや友達関係に戻っているなど、2人の関係性によって復縁成功の連絡頻度は異なります。元彼の状況や、連絡に対しての元彼の対応によっても連絡頻度を変えていくことが必要です。それぞれのパターンに合った頻度にすることで、復縁成功への可能性も変わってきます。

元彼と連絡をする前に、2人の関係性や元彼の現状を把握しましょう。そして、ある程度連絡を続けたら、元彼の反応も参考に頻度を変えることをおすすめします。

元彼と別れてすぐの場合

元彼と別れてすぐの場合は、一旦連絡は控えましょう。別れた後に連絡を取り合っても、元彼にもまだ復縁したいという気持ちは芽生えません。元彼から別れを告げられた場合はなおさらです。少し恋愛はお休みしたいと思っているはずですよ。

一切連絡をせずに、お互いに気持ちを整理する時間を設けましょう。基本的には、2~3ヶ月経ってから連絡を取り始めることをおすすめします。最低でも元彼への連絡は、1ヶ月空けるのがベストです。連絡頻度も1ヶ月に2~3回から始めて、徐々に回数を増やしていきましょう。

元彼と友達の場合

元彼と友達として付き合っているのであれば、連絡する頻度を減らします。元彼はあなたに恋愛感情はなく、気軽に話せる友達として連絡を取っているのです。あなたのことを友達として見ている以上、頻繁に連絡しても復縁する可能性は低くなります。2~3ヶ月程度一旦連絡するのを控えて、友達関係をリセットさせましょう。

関連する記事