離婚後の男性心理7選!後悔だらけ?新しい恋愛や妻との復縁はあり?バツイチの本音

離婚後の男性心理は後悔や寂しさなどさまざまです。離婚後の男性心理をバツイチ経験者の本音とあわせて紹介します。元妻との復縁や新しい恋愛に対して、どのように考えているのかも紹介します。復縁やバツイチ男性と付き合いたいと考えている女性は参考にしましょう。

目次

  1. 離婚後の男性心理は嬉しい?辛い?
  2. 離婚後の男性心理を徹底解説!
  3. 離婚後の男性は元妻をどう思う?後悔はある?
  4. 離婚後の男性は次の恋愛をしたいと思う?
  5. 離婚後の男性が次に付き合いたい女性像
  6. 元夫との復縁・離婚した男性とのお付き合いを考えている女性へ
  7. 離婚後の男性心理は経緯によって様々!

離婚後の男性心理は嬉しい?辛い?

離婚をしたものの「元夫とやりなおしたい」と思う女性もいるでしょう。復縁したい気持ちがあるなら、離婚後に元夫が何を考えているのか男性心理が気になりますよね。離婚した男性心理は辛かったり、第2の人生を楽しんだりとさまざまです。

復縁を望む人やバツイチ男性と付き合いたいと思う女性は、男性心理と経験者の本音を理解しましょう。離婚後の男性が新しい恋愛に進む気があるのか、次に求める女性像についても紹介します。

(男性心理については以下の記事も参考にしてみてください)

別れた後の男性心理は?女性と真逆?後悔して引きずる期間が復縁のチャンス!

離婚後の男性心理を徹底解説!

どのような経緯で離婚することになったかで、離婚後に抱く男性心理は異なります。しかし、離婚直後の男性心理は人それぞれであっても、ほとんどの人が半年すれば新しいことに挑戦するなど、前向きな気持ちになるものです。気持ちにも余裕が出てくるでしょう。離婚後1年も経てば辛い気持ちもうすれて、離婚した現実を前向きに捉える男性心理が働きます。

離婚後の男性心理①罪悪感でいっぱい

離婚した直後の男性心理は、罪悪感にかられる人がほとんどです。離婚の原因が自分にあれば罪悪感を感じるのも当然のことでしょう。特に、結婚生活中に妻に散々迷惑をかけたのであればなおさらです。夫として妻を幸せにできなかったことを申し訳なく感じるのです。

子持ちであれば父親としての役割を果たせなかったと自分を責めてしまいます。これから片親となる子供には、寂しい思いをさせてしまうことを心配しているのでしょう。

Twitter

離婚してストレスもなくなりすごく精神的には楽になった。でも、こどもとは離れて暮らしてる罪悪感はずっとあって辛くなる。一番は自分の人生が前向きになれてるのがいいんだろうけど、こどもって存在は大きい。後数年で2人とも成人まで育てあげれなかった後悔がある。

離婚後の男性心理②全部嫌になる

離婚した後の男性心理は、精神的なダメージを受けてすべてが嫌になります。離婚が原因でうつになる男性もいるほどです。何もやる気が起こらず、仕事が手につかなくなる人もいるでしょう。今まで家族のために働いていたので、仕事が嫌になるのは当然な男性心理です。何をしても「楽しい」「面白い」と考えることができません。

男性心理は「これからの人生どうにでもなれ」と投げやりになるのです。子供の養育費や周囲の目など、いろいろなことが気になり、人生が終わったとネガティブなことばかり考えて苦しむ男性もいます。

Twitter

消失の日のちょっと前あたりで急に別れを切り出され、離婚させられてそのまま消失の日を迎える。
故郷の集落に戻るけど、何も手につかない毎日だった。

離婚後の男性心理③家族が恋しくなる

離婚後の男性心理は、無性に家族が恋しくなります。多くの場合、失って家族のありがたさに気付くことがほとんどです。離婚の際、母親が子供の親権を持つことが一般的です。そうなれば、離婚後は1人で生活することになります。仕事から疲れて帰ってきても誰も出迎えてくれません。

当たり前だった家族の話す声や笑い声もなく、部屋には静けさだけが残ります。家族と過ごした楽しい思い出がよみがえれば、家族が恋しくなるものです。平凡な結婚生活がどれだけ幸せなことだったかを実感するのでしょう。

Twitter

家族がいない環境に全く慣れない・・
当たり前か。
みんなの笑顔が恋しい。

離婚後の男性心理④恋愛はもうしたくない

離婚した男性は恋愛に否定的になります。周りからは再婚を進められることもあるでしょう。しかし、離婚後の男性心理は再婚を考える余裕なんてありません。ましてや、新しい恋愛はなおさらです。妻の不倫が原因で離婚したとなれば、女性を信用できなくなっています。付き合った彼女に浮気でもされれば、立ち直りもできなくなるのです。

自分を守る意味でも「恋愛は二度としたくない」という男性心理が働くのでしょう。そのため、恋愛にトラウマや臆病になり、恋愛なんてこりごりだと強く感じてしまうのです。

関連する記事