男の子の日って?本当にある?症状や生理との違い!イライラの対処法も!

辛い症状が多い男の子の日。この記事では男の子の日の症状や、症状が重くなる男性の特徴を紹介しています。また、男の子の日と生理の違いと来る周期や、来てる人の見分け方もご説明。さらに、番外編として男の子の日を原因に学校・会社を休んだ剛の者のエピソードも登場しますよ。

目次

  1. 今日、男の子の日なんだよね…
  2. 男の子の日とは?どんな意味?
  3. 男の子の日は本当にある?その原因は?
  4. 男の子の日の症状13選
  5. 男の子の日の症状が重くなる男性の特徴5つ
  6. 男の子の日の症状を軽くする方法5つ
  7. 男の子の日と生理の違いは?
  8. 男の子の日が来る周期は?
  9. 「男の子の日」が来てる人の見分け方は?
  10. 「男の子の日」を理由に会社・学校を休んだ剛の者のエピソード
  11. 女子も男の子の日を理解してあげよう

今日、男の子の日なんだよね…

「男の子の日」という言葉を耳にすることはありますか?「何それ?カレンダーに載ってるの?」と何かの記念日と勘違いする方も多いのですが、女性の生理のことを指す「女の子の日」と同じものなのですよ。生理中の女性と同様に、男の子の日を迎えた男性は辛い症状に苦しんでいます。

ただ、まだまだ男の子の日に対する認知度は低い状況であるのが現状です。体調不良やイライラしている男性に「今日は男の子の日なんだよね」と言われても「冗談でしょ?」といった反応をする方がほとんどでしょう。本記事では、そんな男の子の日についてさまざまな角度から解説していきますよ。

無自覚なだけで男の子の日が来ている可能性も

「男には生理はない」という思い込みや男の子の日に対する認知度の低さから、男の子の日の辛い症状が見られていても無自覚でいる男性も少なくありません。ひどいイライラや重度の体調不良でも「休むほどの体調じゃない」と無理をしてしまう方もいます。その結果イライラを周囲にぶつけてしまったり、体調不良で迷惑をかけたりしてしまう恐れもあるのです。

男の子の日とは?どんな意味?

先ほど軽く触れましたが、ここでは「男の子の日」がいったいどのようなものなのか、どういった意味であるのかについてご説明します。男の子の日とは女性にとっての生理のように、周期的に男性が抑えられないイライラや体調不調などの辛い症状に悩まされる日のことです。必ずしもすべての男性に起こるわけではありません。

そして後ほど詳しくご説明しますが、女性の生理と似た原因で男の子の日のイライラや体調不良が起きるために「男の子の日」は女性の生理と同義的な意味として捉えられているのです。

男の子の日は本当にある?その原因は?

「男の子の日なんて本当にあるの?」とまだ半信半疑である方も多いことでしょう。ここでは、そんな男の子の日が本当に存在するのか、どのような原因で男の子の日が起こるのかについて触れておきます。「そんな仕組みで生理や男の子の日が起こるんだ」と驚く、骨盤と生理・男の子の日との関係性を知ることができますよ。

男の子の日って本当にあるの?

男の子の日というものは、実際に存在しています。この後ご紹介する男の子の日になる原因を知ることで確信できますが、男性の体にも女性同様に骨盤の周期的な変化が起きているのです。女性の生理と完全に同じ現象であるというわけではありませんが、周期的に身体的・精神的なバランスが不安定になる日が男性にも訪れることは事実です。

「男の子の日」になる原因は?

女性は生理中に周期的な骨盤の開閉が起きており、それを「骨盤周期」と呼んでいます。同様に男性の男の子の日の間にも骨盤の開閉が起きるのですが、こちらは「睾丸周期」と呼ばれているのです。全ての男性に辛いイライラや体調不良が起こるわけではありませんが、骨盤が開閉する睾丸周期そのものは全ての男性に訪れていますよ。

では、骨盤開閉がなぜ心身の不調を引き起こすのでしょう?男性は骨盤が開くときに毒素を排出するようになっていると考えられています。そのため、骨盤が開くとホルモンバランスが変化してイライラ・体調不良が起きるのです。また、骨盤の開きが睾丸での精子の生産も滞らせるために、性欲の減退が起こる男性も見られます。

男の子の日の症状13選

関連する記事