業務スーパーのこんにゃくのおすすめ3選!余ったときの保存方法・下ごしらえ・おすすめレシピも紹介!

業務スーパーでは低カロリーでダイエットに役立つこんにゃくが安い値段で売られています。1キロのものやピリ辛のものなど、種類が豊富です。ここでは、業務スーパーにあるおすすめのこんにゃく3選を紹介します。下ごしらえや保存方法、アレンジレシピも紹介します。

目次

  1. 業務スーパーのこんにゃくは種類が豊富!
  2. 業務スーパー①生芋こんにゃく
  3. 業務スーパー②糸こんにゃく
  4. 業務スーパー③ピリ辛玉こんにゃく
  5. 業務スーパーのこんにゃくを美味しく食べるコツ
  6. 業務スーパーのこんにゃくの保存方法は?
  7. 業務スーパーのこんにゃくを使ったおすすめレシピ3選
  8. 業務スーパーのこんにゃくを上手に活用しよう!

商品詳細

商品名業務用ピリ辛玉こんにゃく
税込価格321円
内容量1200g
原材料しょうゆ(国内製造)、こんにゃく粉、かつお節エキス、糖類(砂糖、黒糖、麦芽糖)、食塩、たん白加水分解物/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、糊料(アルギン酸Na、キサンタン)、水酸化Ca、カラメル色素、香辛料抽出物、シリコーン、(一部に小麦・大豆を含む)

業務用ピリ辛玉こんにゃくは、醤油とかつおだし、香辛料を使ったつゆで煮込まれています。単品でもピリ辛のおつまみになり、鍋やおでんの具材としても使えるこんにゃくです。アク抜きの下処理は不要で、電子レンジで温めるか袋のまま湯煎をするだけで美味しく食べられます。

ピリ辛といっても、それほど辛味は強くないため、辛いものが苦手な人でも食べられるでしょう。

業務スーパーのこんにゃくを美味しく食べるコツ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/352828952060812723/

業務スーパーのこんにゃくを美味しく食べるためには、少しコツが必要です。一般的に、こんにゃくにはアクがあるため、下処理をしてから調理に使います。アク抜きの下処理をすると、こんにゃくの臭みがなくなり、味も染み込みやすくなるからです。業務スーパーのこんにゃくを美味しく食べるための下処理方法を紹介します。

①水で洗う

出典:https://www.pinterest.jp/pin/588916088760957464/

こんにゃくを袋から出したら、水でよく洗います。表面のぬめりを洗い流すと、こんにゃくの匂いが取れます。

②塩でもむ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/794463190523681021/

こんにゃくを食べやすいサイズにカットしてから、こんにゃく1枚あたり小さじ1/2ほどの塩で軽く塩もみします。余分な水分とともに、匂いやぬめりが取れるからです。そのため、こんにゃくに味も染み込みやすくなります。

③茹でてアク抜きをする

出典:https://www.pinterest.jp/pin/357191814191810875/

塩もみしたあとは、こんにゃくを洗い流さずに茹でてアク抜きをします。沸騰したお湯に入れて、2~3分茹でましょう。茹で終えたら、ざるに上げて水を切ります。冷水をかける必要はありません。そのまま冷まして、調理に使いましょう。

業務スーパーのこんにゃくの保存方法は?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/129267451797377458/

業務スーパーのこんにゃくは未開封であれば、常温で長期保存できます。しかし、開封後は常温保存できません。1キロという大容量のこんにゃくの場合は、一般家庭ではなかなか1度で使い切れないものです。余ったこんにゃくを無駄にしないために、冷蔵・冷凍保存のコツを紹介します。

冷蔵保存

こんにゃくの袋に入っていた水に浸した状態で冷蔵保存すると、1ヶ月ほど日持ちします。こんにゃくの袋に入っている水はアルカリ水のため、殺菌作用があるからです。容器に水とこんにゃくを入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

こんにゃくの水がない場合は、水道水で代用できます。冷蔵中も2~3日に1度、水を取り替えることが、品質を保つコツです。こんにゃくから異臭やぬめりが出てきたら、食べずに処分しましょう。

関連する記事