観葉植物の選び方&おすすめ25選!初心者向け・大型・風水など目的別に紹介!

部屋のインテリアに観葉植物を取り入れてみませんか?今回は、観葉植物のおすすめポイントや選び方を踏まえ、育てやすさ、大型、かわいい・小さい、風水効果など目的別におすすめを紹介!口コミもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 観葉植物を育ててみよう!
  2. 観葉植物のおすすめポイント
  3. 観葉植物のおすすめの選び方
  4. 観葉植物のおすすめ25選をご紹介!
  5. おすすめ観葉植物【育てやすさ】
  6. おすすめ観葉植物【かわいい・小さい】
  7. おすすめ観葉植物【大型】
  8. おすすめ観葉植物【風水効果】
  9. 観葉植物を家に取り入れよう!

観葉植物を育ててみよう!

観葉植物は初心者にも育てやすく、部屋のおしゃれなインテリアに最適の植物です。種類・大きさも様々なので、自分の好みや室内の広さにあった観葉植物を選ぶことができますよ。

この記事の前半では観葉植物のおすすめポイントや選び方をご説明し、後半では前半の内容を踏まえたおすすめの観葉植物をご紹介します。実際の観葉植物について知りたい方は、後半から読むことをおすすめします。

観葉植物のおすすめポイント

観葉植物は初心者だけでなく、これまで植物を育てた経験がある人や部屋をおしゃれにしたいと思っている人、部屋のインテリアに風水を取り入れたいと思っている人にもおすすめです。そんな観葉植物のおすすめポイントを4つご紹介します。

観葉植物の癒し効果がおすすめ

観葉植物を見ることにより、アルファ波が多く分泌されると言われています。アルファ波には血圧を下げ、筋肉の緊張を和らげる効果があります。それにより、体はリラックス状態になるのです。

家事や育児、仕事など、日常生活の中にはストレスを感じる機会がたくさんあります。そんなときは生活の中に観葉植物を取り入れてみませんか?

室内で育てることが可能

植物は外で日光を浴びて育つイメージがありますよね。「植物の世話のために、わざわざ外に出るのはめんどう…。」と思っている人も多いのではないでしょうか?観葉植物の場合は直射日光に弱いものもあるので、室内で育てることができるものもあります。部屋のおしゃれなインテリアとしても最適ですよ。

種類によっては毎日の水やりが不要なものも

「水やりを忘れて植物を枯らしてしまった」という経験のある人も多いのではないでしょうか?観葉植物の種類によっては、水をあげ過ぎることで枯れてしまう場合もあります。植物を育てることに慣れていない初心者や水やりを忘れがちな人は、乾燥に強い観葉植物を選びましょう。

インテリアにもおすすめ

先ほども少しご説明しましたが、観葉植物の種類によっては室内で育てるのがおすすめなものもあります。小さいものから樹木タイプ、大型のものなど種類・大きさは様々なので、おしゃれなインテリアにもぴったりですよ。自分の好み、部屋の広さにあった観葉植物を選んでみましょう。

観葉植物のおすすめの選び方

ここでは、観葉植物の選び方についてご説明します。インテリア目的や風水効果など、観葉植物を取り入れる理由は人によって違いますよね。選び方を参考に、自分にあった観葉植物を取り入れましょう。

初心者の場合は育てやすいものがおすすめ

関連する記事