お酒が弱い人の特徴!強くなる方法や、強い/弱いの基準は?女子は要注意!?

お酒に弱い人にはどんな特徴があるのでしょう。そして、お酒に弱い人強い人の基準は何なのでしょう。お酒が弱い人の特徴や、強い人との違いも一緒に、紹介します。加えて、お酒に強くなる方法や、弱くても潰れない飲み方のコツもご紹介します。

目次

  1. お酒が弱いと何かと不便だよね…!
  2. お酒の強い/弱いの基準は?強い人はどれぐらいの量飲める?
  3. お酒が弱い人の特徴7選!強い人との違いも!
  4. お酒に弱い原因は?遺伝子の問題だから抜本的解決は無理?
  5. お酒に強くなる方法5選
  6. お酒に弱くても潰れない飲み方のコツは?
  7. お酒が弱い人の注意点!女子は特に要注意!?
  8. お酒が弱い人は無理せず楽しく飲もう!

お酒が弱いと何かと不便だよね…!

お酒が弱くて苦労したり苦い思いをした経験をした人はたくさんいるでしょう。飲み会の場で楽しめなかった、つい飲みすぎてしまって二日酔いの症状になってしまったなど、お酒が弱いと何かと不便な思いをしてしまいがちです。

そんな経験のあるお酒が弱い人とは、どんな特徴があるのでしょうか。そして、強い人との違いや基準は何なのでしょうか。それらの疑問を紹介します。そして、弱い体質の人のおすすめの酔わない対策や強くなるための方法も紹介します。

お酒の強い/弱いの基準は?強い人はどれぐらいの量飲める?

お酒に強い・弱いの基準とはなんでしょうか。一般的に言われている基準を紹介します。

お酒に強い人の基準

女の人の場合、チューハイを5杯以上飲んでも顔色も変わらず二日酔いの症状も出ない、という人がお酒に強いという基準となります。お酒に強い女の人ならば、もっと飲めるイメージがあります。ですが、客観視すると、5杯以上を無理なく飲無ことが出来る女の人は「お酒に強い人」のカテゴリーに入ります。

お酒に弱い人の基準

女の人の場合、チューハイを2杯以上飲むと気持ちが悪くなったり眠くなったりする症状が出る、という人がお酒に弱い基準になります。女性の1回の飲み会の場で飲むお酒の量の平均基準が、3杯程度です。ですので、それを下回った時に既に酔った症状が出てきてしまう女性は「お酒に弱い人」のカテゴリーに入ります。

お酒に強い人はいくらでも飲める?

お酒を飲む人は、飲む量や飲むお酒の種類にもばらつきが出ます。ビールをジョッキで飲む人、日本酒をおちょこで飲む人、カクテルをグラスで飲む人など様々です。そこに基準はありません。

お酒に強い人というのはどれくらいの量が飲めるかということではなく、自分の力量を知って他の人に迷惑をかけることなくお酒を楽しむことが出来る人です。たくさん飲めても酔っぱらう症状が出て周りに迷惑をかけてしまう人は強い人とは言えません。

お酒が弱い人の特徴7選!強い人との違いも!

お酒が弱い人の特徴を7つ紹介します。

お酒に弱い人の特徴①お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる

関連する記事