ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成&〈年代別〉例文集も!

ラブレターの内容や書き方が気になる人必見!〈小学生〉〈中学生〉〈高校生〉〈大学生〉〈大人・社会人〉の年代別に、告白が成功しやすいラブレターの【例文】も書き方と一緒にご紹介します!また、ラブレターに対する【男性の本音】多数もご紹介!

目次

  1. ラブレターで告白したい!
  2. ラブレターでの告白ってあり?なし?【男の本音】
  3. ラブレターで告白するメリット・デメリット!
  4. 告白のラブレター書く時の7つの注意点!
  5. ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成・文章の流れは?
  6. 〈小学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  7. 〈中学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  8. 〈高校生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  9. 〈大学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  10. 〈大人・社会人〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  11. ラブレターでの告白は気持ちが伝わるいい告白!

こちらでは、告白が成功しやすいラブレターの構成や文章の流れについてご紹介します。小学校の男女から、高校生・社会人と片思いの相手にラブレターを書く際には、どのような流れで文章を構成したらいいのか、わからないですよね。

親しい友達に送るラブレターと、あまり親しくない人に送るラブレターの2種類をご紹介します。ぜひ、こちらを参考にしてみてください。

<友達編>ラブレターの書き方①*挨拶文を入れる

まず、挨拶文を入れるようにしましょう。挨拶文は、「こんにちは」「元気にしてる?」など、親しい間柄であれば、そこまで深く考えなくても大丈夫です。

<友達編>ラブレターの書き方②*突然の手紙を詫びる言葉

次に、突然手紙を送ったことに対するお詫びの言葉です。こちらも、深く考えなくても大丈夫です。「突然のお手紙でごめんね」「突然でびっくりしたよね」などフランクな言葉でOKですよ。

<友達編>ラブレターの書き方③*相手に対する気持ち

片思いの相手に送るラブレターで一番大切なのは、相手に対する気持ちです。ここでは、相手を思う気持ちを伝えつつも、誉める言葉を織り交ぜていくと効果的でしょう。文章が長すぎると読むのが大変なので、なるべく簡潔であることを意識してください。

<友達編>ラブレターの書き方④*返事を待つなど締めの言葉

最後には、締めくくりの言葉を入れます。「お返事を待ってます」「返事待ってるね」などの言葉で締めくくるときれいですね。逆に、ここで返事を待つということを書かないと、ラブレターをもらった相手はどうしていいかわからないので、相手に対してどうしてほしいかをしっかり入れましょう。

<知人編>ラブレターの書き方①*挨拶文を入れる

あまり親しくない片思いの人にラブレターを送る場合は、挨拶文はフランクにならない無難なものを選ぶようにしましょう。例として、「はじめまして」「こんにちは」などです。

<知人編>ラブレターの書き方②*突然の手紙を詫びる言葉

次に、突然手紙を送ったことに対するお詫びの言葉を入れます。こちらも、親しくないのであればフランクな表現は避けましょう。「突然のお手紙失礼します」など、無難な言葉がおすすめです。

<知人編>ラブレターの書き方③*自己紹介

次に、自己紹介を入れましょう。親しい相手に送る場合は、自己紹介は不要ですが、親しくない相手に送る場合は、簡潔に自己紹介を入れる方が良いでしょう。知人程度の相手にラブレターを送るのは、社会人が多いかと思いますが、自己紹介はあまり主張しすぎず、簡潔に収めるようにしましょう。

関連する記事