ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成&〈年代別〉例文集も!

ラブレターの内容や書き方が気になる人必見!〈小学生〉〈中学生〉〈高校生〉〈大学生〉〈大人・社会人〉の年代別に、告白が成功しやすいラブレターの【例文】も書き方と一緒にご紹介します!また、ラブレターに対する【男性の本音】多数もご紹介!

目次

  1. ラブレターで告白したい!
  2. ラブレターでの告白ってあり?なし?【男の本音】
  3. ラブレターで告白するメリット・デメリット!
  4. 告白のラブレター書く時の7つの注意点!
  5. ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成・文章の流れは?
  6. 〈小学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  7. 〈中学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  8. 〈高校生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  9. 〈大学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  10. 〈大人・社会人〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  11. ラブレターでの告白は気持ちが伝わるいい告白!

メリット②*口で言えないことも伝えられる

ラブレターで告白するメリットとして、口で言えないことも伝えられることが挙げられます。片思いの相手が親しい相手の場合は、口で伝えるのはなんだか恥ずかしくためらってしまうこともありますよね。手紙での告白は、小学校の男女から高校生・社会人まで、普段恥ずかしくて口に出せない気持ちを正直出せるというメリットがあります。

メリット③*返事を考えてもらう時間が作れる

ラブレターで告白するメリットとして、返事を考えてもらう時間が作れるということです。手紙で片思いの相手に告白すると、相手も返事を考えてくれますよね。しかも、手紙の返事は手紙なので、もしもよくない結果だとして、口で伝えるよりも書きやすいでしょう。ラブレターでの告白は、お互いにとってメリットになります。

デメリット①*自分の字に自信がない

ラブレターで告白するデメリットとして、自分の字に自信ない人はつらいでしょう。小学校の男女から、高校生・社会人まで字が汚いと悩んでいる人は多いですよね。特に、小学校男子の字が汚いのはまだしも、社会人や高校生の男女で字が汚いのは、あまり良い印象ではありませんね。本人のイメージと字のギャップで、幻滅してしまうこともあります。

デメリット②*相手が手紙が苦手かも

ラブレターで告白するデメリットとして、相手が手紙で告白されることが苦手な可能性があるということです。小学校の男女から、高校生・社会人と人の好みはそれぞれですよね。ラブレターが嬉しい、好き!という人もいれば、LINEや電話がいいという人もいます。

もしかすると、相手がラブレターでの告白が苦手な可能性もあるということを、あらかじめ念頭においておきましょう。

デメリット③*必ず返事がもらえるわけではない

ラブレターで告白するデメリットとして、必ず返事がもらえるわけではありません。基本的には、ラブレターに対しては返事を書くものですが、決して書かなくてはならないわけでもないのです。特に、気まずかったりなんて書いていいのかわからないという理由から、スルーされてしまうこともあります。

また以下の記事では、告白に失敗した後が重要!挽回して仲良くなる&逆転で付き合う方法などをご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

告白に失敗した…後が重要!挽回して仲良くなる&逆転で付き合う方法まで!

告白のラブレター書く時の7つの注意点!

こちらでは告白のラブレターを書くときの7つの注意点をご紹介します。片思いの相手にラブレターを書くときはどのようなことに注意をしたらよいのでしょうか。ラブレターはロマンチックで憧れを持っている人も多いですが、ラブレター告白ならではの注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1. ラブレターの書き方注意点*短く簡潔に

関連する記事