ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成&〈年代別〉例文集も!

ラブレターの内容や書き方が気になる人必見!〈小学生〉〈中学生〉〈高校生〉〈大学生〉〈大人・社会人〉の年代別に、告白が成功しやすいラブレターの【例文】も書き方と一緒にご紹介します!また、ラブレターに対する【男性の本音】多数もご紹介!

目次

  1. ラブレターで告白したい!
  2. ラブレターでの告白ってあり?なし?【男の本音】
  3. ラブレターで告白するメリット・デメリット!
  4. 告白のラブレター書く時の7つの注意点!
  5. ラブレターの書き方!告白が成功しやすい構成・文章の流れは?
  6. 〈小学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  7. 〈中学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  8. 〈高校生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  9. 〈大学生〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  10. 〈大人・社会人〉告白が成功しやすいラブレターの書き方&例文集
  11. ラブレターでの告白は気持ちが伝わるいい告白!

ラブレターで告白したい!

ラブレターでの告白というと、いかにも「昭和」といった古いイメージだと思っていませんか?実は、小学校の男女をはじめ、高校生・社会人などにもラブレターは人気なんですよ。今も昔も、気持ちを相手に伝えるラブレターは、ロマンチックで素敵ですよね。しかし、いざ自分がラブレターを書こうと思っても書き方に悩んでしまいますよね。

こちらでは、ラブレターで告白したい人のための、ラブレターの書き方やラブレターに対する男性陣の本音などをご紹介します。また、小学校・高校生・大学生・社会人と男女別にラブレターの例文もご紹介しますので、参考にしてみてください。また、以下の記事では、告白する勇気がない人必見!勇気を出すための17の対処法をご紹介しています。

告白する勇気がない人必見!〈男女別〉勇気を出すための17の対処法!

ラブレターでの告白ってあり?なし?【男の本音】

こちらではラブレターでの告白について「あり」か「なし」か…男性の本音をご紹介します。片思いの女性からラブレターをもらった時の男性の本音とはどのようなものがあるのでしょうか。

会社員

24歳

もらう相手によるでしょ。正直なとこ、気のある相手とか普段から意識してる人なら、うれしい。でも、全然だれかわからないし、意識もしてない人からのラブレターは返事に困る。

こちらは24歳の男性の本音です。実際のところラブレターはもらう相手によるようですね。自分が意識している片思いの女性からもらう文には嬉しいようです。しかし、あまり意識していない親しくない女性からラブレターをもらうのは微妙と感じているようです。

公務員

32歳

ラブレターは憧れ!青春そのもの!実は、妻から結婚記念日に手紙をもらうんだけど、僕はそれをラブレターだと思ってるから!もちろん、僕も送るよ!

こちらは32歳男性の本音です。ラブレターは憧れで青春そのもののようです。こちらの男性は結婚しているようですが、結婚後も記念日にはお互いにラブレターを送りあっているようですね。夫婦仲は円満そうなので、既婚の方はぜひ参考にしてみてください。

大学生

19歳

好きな子からのラブレターはうれしい。もらったことあるけど、こんな字書く人なんだなぁとか、なんか文章からその子がにじみ出るっていうか。でも、可愛いのに字が汚かったりすると幻滅する

こちらは19歳男性の本音です。やはり好きな子からラブレターをもらうのは嬉しいようですね。ただし字が汚いという事に関しては幻滅する原因になるようです。ラブレターを書くときに一番ネックになるのは、字の汚さだと感じている人は多いです。実際、送る側も内容よりも字がうまく書けないことで何度も書き直す人は多いです。

また以下の記事では、告白の意味とは?正しい定義&恋愛においての定義・告白についてご紹介しています。こちらも、ぜひ参考にしてみてください。

告白の意味とは?正しい定義&恋愛においての定義・告白する意味など

ラブレターで告白するメリット・デメリット!

こちらではラブレターで告白するメリットやデメリットについてご紹介します。片思いの相手にラブレターを送るということはとても勇気がいることです。ラブレターと言うと一見、ロマンチックでメリットしかないように思いますが、実は思わぬデメリットがあることが判明しました!

これからラブレターを書こうと思っている人はぜひチェックしてください。

メリット①*時間をかけて書ける

ラブレターで告白するメリットとして、時間をかけて書けることが挙げられます。小学校の男女はもちろん、高校生や社会人まで、現代人は時間に追われていることが多いですよね。そんな中、ラブレターはゆっくりと自分のペースで片思いへの相手の気持ちをつづることができるのは、魅力ですよね。

関連する記事