業務スーパーはオートミールも激安!食べ方やダイエットレシピは?ラトビア産の取り扱い情報も!

この記事では、業務スーパーの食材で作るオートミールについて徹底解説!産地や、農薬などの安全性についてもご紹介!業務スーパーのオートミールは値段も安いしコスパがいいの?記事の後半ではみんなの口コミや、美味しい食べ方とそのレシピも!ぜひ参考にしてみてください!

目次

  1. 業務スーパーのオートミールが安い!
  2. 業務スーパーのオートミールの値段・量は?
  3. 業務スーパーのオートミールの食べ方
  4. 業務スーパーのオートミールはダイエットに最適!おすすめレシピも!
  5. 業務スーパーのオートミールはまずい?【口コミ】
  6. 業務スーパーのオートミールは農薬など安全性は?
  7. ダイエット中は業務スーパーのオートミールがおすすめ!

業務スーパーのオートミールが安い!

みなさんは普段どうやって食卓を揃えていますか?毎日の健康のことを考えて献立を考えるのは何かと大変ですよね。『調理に時間がかかってしまう』ことや『使いきれない野菜を捨ててしまった』など日々の食卓には何かと悩みがつきものです。

オートミールはコスパ最強で家計に優しい!健康にも良い!

しかし、そんなに悩みも解決してくれる食材「オートミール」があります。オートミールとは、日本でいうおかゆのようなもので主に欧米で食されています。燕麦(エンバク)を脱穀し調理師やすく加工されているので、困ったときは何かと便利ですよ。そしてカロリーも少ないので、ダイエットにちょうど良いところがメリットといえます。

特に最近は業務スーパーのオートミールが安いので何かと家系の役に立つのではないでしょうか。栄養を考えた食生活のために、今夜はオートミールを検討してみるのも悪くないかもしれませんよ!それでは、業務スーパーで揃えるオートミールの便利なポイントを見ていきましょう!なお、記事中の内容は2019年3月時点での情報をもとに紹介しています。

業務スーパーの冷凍野菜が超便利!栄養・コスパ抜群なおすすめは?安全性も徹底解説!

業務スーパーのオートミールの値段・量は?

まずは業務スーパーで売られているオートミールの値段や量について見ていきましょう。実はオートミールは原産地によって価格が違うことがあります。主な原産地はカナダとラトビアになります。ラトビアはバルト海に面しているヨーロッパの国で、美人が多いことで有名ですが、もしかしらたらオートミールが美の秘訣なのかもしれませんよ。

では早速カナダ産とラトビア産のオートミールの違いについて見ていきましょう。オートミールはコスパが良いですがどちらの方がおすすめなのでしょうか。

業務スーパーの通販・ネットスーパーおすすめ15選【訳あり・激安】

カナダ産オートミールはダイエットにオススメ?業務スーパーの値段についても解説!

内容量(g)1kg
価格税抜き398円
具材燕麦(エンバク)・牛乳・コンソメ
産地カナダ

まず、カナダ産のオートミールにからみていきましょう。こちらは食物繊維が豊富で便秘気味な人におすすめです。ラトビア産に比べると値段は安いものではないため、手を伸ばすのをためらってしまう人も多い特徴がありますが、安全性と栄養価ではカナダ産が最も信用できる輸入先といえるでしょう。

カナダ産オートミールはダイエットにオススメ

一度に食事に使う量は40gから50gなので一食あたり20円前後とみて良いでしょう。ですからカナダ産のオートミールはコスパ最強といえるのです。日本ではまだまだオートミールが浸透していないので、今なら業務スーパーに駆け込んでも比較的安い値段で手に入るでしょう。値段は変動するので業務スーパーに寄った際は確認してみると良いかもしれませんね。

しかし皮が厚く、麦感があるのでまずいと感じてしまう人も多いのがデメリットといえます。また、業務スーパーにいったとしてもオートミールが必ず置いてあるとも限らないのでその点もデメリットといえるのではないでしょうか。しかし、安全性と値段ならカナダ産がおすすめなので、検討するのも全然ありですね。

ラトビア産オートミールは業務スーパーに置いてるの?コスパはいいの?

関連する記事