布染めを100均で!おすすめインク・染料や簡単な染め方は?作品集も!

ダイソーやセリアなどの100均で購入できるアイテムを使い、布染めで失敗しない簡単な【染め方・模様の付け方】や染めるのに【必要な物】を紹介します。布染めの面白アイデア集&作品集をご紹介するので、身の回りの物を100均のアイテムで自分好みにアレンジしてみましょう。

目次

  1. 100均グッズで簡単に布染め!
  2. 染料・染め粉にできるおすすめ100均グッズ6選!
  3. 100均の染料で【簡単】布染め!用意するもの8選!
  4. 100均の染料で【簡単】布染め!失敗しない染め方を紹介!【動画】で解説も!
  5. 100均の材料でいろんな【模様・デザインの付け方】も紹介!
  6. 食品で布染めするアイデア集4つ
  7. 100均の染料で布染めした【みんなの作品集】を紹介!作り方【動画】も!
  8. 100均の染料で布染めを楽しもう!

さっと水洗いした布を塩と酢で作っておいた色止め液に30分ほど浸けます。色止め液に浸ける工程を挟むことで、布染めをしたインクの色持ちがぐっと上がります。30分ほど浸けたら、酢のヌルヌルした感触がなくなるまでよくすすぎましょう。布を絞り余分な水分を取り除いておきます。

⑧すすいだあと輪ゴムなどを外して乾かす

すすぎ終わったら、模様を作るために付けた輪ゴムやタコ糸を取り外します。全て取り外したらあとは乾かすだけです。酢の匂いが少々残ってしまっても、干せば匂いは飛ぶので大丈夫ですよ。干すときの注意点ですが、布染めをした布は必ず陰干ししましょう。紫外線の影響で、染料によっては変色してしまう可能性があります。

乾いてもすぐには使わず、しっかり時間をかけて乾かし続けると色落ちしにくい染め布のできあがりです。染めた布を洗濯する場合は色落ちすることを考えて、しばらくの間は白い衣類と一緒に洗濯することは避けた方がいいかもしれませんね。

布染めをする際に参考になる動画です。動画では専用のキットを使ったり、火を使ったりしていますが、こちらの記事では100均のアイテムで火を使わない染め方をご紹介します。染める工程は動画と同じなので、参考にしてみてくださいね。

100均の材料でいろんな【模様・デザインの付け方】も紹介!

輪ゴムで水玉模様

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均でも購入できる輪ゴムを使い、水玉模様を付けるアイデアをご紹介します。布染めに使いたい布を広げて水玉模様を付けたいところを小さく指でつまみます。つまんだところを輪ゴムでしっかり留めると、かわいい水玉模様に染めることができます。

つまむ長さを変えれば大きな水玉や小さな水玉を作ることができます。できあがりを想像しながら布染めDIYを楽しんでみましょう。

輪ゴムを使って渦巻き模様

次に渦巻模様に染めるアイデアをご紹介します。染めたい布をきれいに広げて親指と人差し指で布を少しつまみます。つまんだまま指を回転させ、布を渦巻になるように丁寧に巻いていきましょう。布がきれいに渦巻状にできたら輪ゴムを複数使い、すべての輪ゴムが布の中心を通過するように留めましょう。

渦巻模様の染め方は染め液に浸ける方法ではなく、インクを直にたらして染めていく方法です。とても簡単なのでぜひ試してみたいですね。

輪ゴムを使ってシワ模様

輪ゴムを使ったシワ模様は、布染めで模様を付ける際に最も簡単な模様の付け方です。布染めしたい布を適当に輪ゴムで縛り、適当なシワを作って染める方法となります。できあがった布を広げるまで、どんなシワ模様ができているのかわからないのでドキドキです。

タコ糸を使って縞模様

最後にタコ糸を使って簡単に縞模様が作れるアイデアをご紹介します。布染めに使用したい布を広げ、細い筒状になるようにきれいに巻きましょう。巻いた布にタコ糸を縛ります。縛ったところには色が付かないため、縛る間隔を調節しながら自分好みの縞模様を作ってみましょう。

漂白剤を使った模様の付け方

関連する記事