マニキュア除光液の成分は?エタノール・アルコールなどの割合や危険性も徹底調査!

ネイルを楽しんだ後、マニキュアを落とす時に除光液を使用します。何気に使う除光液の成分について考えたことはありますか?ここでは、マニキュア除光液の成分や〈アセトン〉〈エタノール〉〈アルコール〉〈シンナー〉などの割合や危険性について解説します。

目次

  1. マニキュア除光液の成分は?危険性は?
  2. 除光液の成分の割合は?
  3. アセトンが危険な理由4選!
  4. 安心安全!ノンアセトンのマニキュア除光液のおすすめを紹介
  5. 100均のマニキュア除光液の成分は?危なくない?
  6. 子供用のマニキュアは大人用と成分が異なる!
  7. マニキュア除光液の代わりに使えるものは?
  8. 除光液が私物に垂れてしまった・飲んでしまった際の【対処法】
  9. マニキュア除光液の成分を理解しよう!

マニキュア除光液の成分は?危険性は?

おしゃれの一環としてネイルを楽しむ方は多いですよね。でも、ネイルをつけると長持ちしたとしても約2週間ほどで剥げてきたり、新しく付け直したり、また、取らなければならないこともあるなど、ネイルオフの必要性があります。

そんな時「除光液」を使用することになりますが、この除光液はどのような成分が配合されているかご存知ですか?除光液と聞くとシンナーの臭いをイメージされる方も多いでしょう。それに、エタノールかと思う方も少なくありません。ここからは、マニキュア除光液の成分やその危険性について解説します。

マニキュア除光液に含まれる成分は?

除光液に含まれる成分は、その臭いから、アルコール成分やエタノールなどが入っていると考える方も少なくありません。除光液にはアルコールやエタノールではなく、主成分となるシンナーの臭いと似た「アセトン」が含まれています。その他にも「トリオクタノイン」「グリセリン」「メトキシケイヒ酸オクチル」「BHT」「香料」「水」などが配合されています。

「香料」と「水」以外について、以下にそれぞれの成分についてみていきましょう。

マニキュア除光液の主成分①アセトン

nail____0115さんの投稿
51641970 304090276965886 6881957672830452480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

私たちがネイルオフに使用する除光液には、その主成分として「アセトン」が含まれています。このアセトンは水に溶けないマニキュアや油性のものなどを落とす際に使用する有機化合物として知られています。このアセトンの成分が、ネイルを溶かしてくれることでオフできるのです。

でも、除光液に含まれるアセトンは、マニキュアだけを落としてくれるのなら良いですが、皮膚に必要な油分も取ってしまうので、爪や皮膚が乾燥するトラブルを招く恐れがあります。

そのため、除光液を使用してマニキュアをオフした場合は、そのままの皮膚状態で放置するのではなく、オイルを使用して爪を高保湿することを心掛けてください。また、アセトンの性質上、気化しやすいため、十分に換気を行いながら除光液を使用するようにしましょう。

気化したアセトンはシンナーの臭いがします。これを吸うことで頭痛や気管支炎を引き起こすだけではなく、ひどい場合は意識喪失など健康被害を起こすことが考えられています。だからこそ販売されている除光液は、気化して人体に危険が及ばないよう密着した蓋がなされるものとして販売されています。

マニキュア除光液の成分②トリオクタノイン

「トリオクタノイン」という成分は、化学合成された液状になった成分です。アルコール成分ではありません。本来、化粧品の油性成分で利用されているため、お肌を柔らかくしっとりと保つ働きがあります。そのため、除光液に含まれる成分としては悪影響のない成分となり、爪や肌に保護膜を作る働きをしてくれます。

また、トリオクダノインは、汚れや油分をこすらず自然と浮き上がらせる働きがあるため、ネイルオフの際に使用する除光液の成分として良い働きをしてくれると言えますね。

マニキュア除光液の成分③グリセリン

「グリセリン」は除光液に配合される成分で、アルコール成分ではありません。本来、甘味料のひとつとして食品などでも取り入れられているようです。グリセリンは水分を蓄える働きがあるため、爪周辺のお肌を保湿する効果を発揮してくれる成分です。

マニキュア除光液の成分④メトキシケイヒ酸オクチル

「メトキシケイヒ酸オクチル」はトリオクタノインと同様で、化粧品などに配合される成分で、アルコール成分ではありません。また、このメトキシケイヒ酸オクチルは、植物から採れるケイヒ酸と呼ばれる成分を配合しているため、日焼け止めとしても利用されています。

メトキシケイヒ酸オクチルを使った製品を使用したことによる健康被害の報告はないため、安全な成分が除光液に配合されているということになります。

マニキュア除光液の成分⑤BHT

「BHT」は、「ジブチルヒドロキシトルエン」の略称で、化粧品にも含まれる成分として知られています。働きは酸化防止剤や耐熱性があり、安全に使用できる成分だと言えます。除光液には0.01%〜0.05%配合されています。でも、除光液を使用することによる健康被害の報告はないんですよ。

マニキュア除光液の危険性は?

マニキュアを落とすために使用する除光液には、様々な成分が配合されているため、配合成分によっては健康被害を被るものもあるため、一概に安全なものだと言い切ることはできません。また、後でご紹介する除光液成分の「アセトン」についての危険性で詳しくご紹介していきます。

マニキュアフラワーの作り方【動画】!簡単・余ったネイルでDIY!作品集も

除光液の成分の割合は?

sae_hmさんの投稿
46673208 123428938679983 6871684527757539081 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

除光液に含まれる成分はそれぞれどれくらいの割合で含まれているのかみていきましょう。

アセトンの割合は?

マニキュア除光液の成分でも「アセトン」の割合が高いことをご存知ですか?除光液の主成分となり配合される割合の高い「アセトン」について、アセトンはいったい除光液の中にどれくらいの割合で含まれているのでしょうか?

実は、除光液の成分の割合は製品によって異なりますが、中でもアセトンの割合が一番多く、60~90%の割合で含まれています。これほど高い割合で含まれていると、それだけで危険性を感じてしまいます。

エタノールの割合は?

エタノールは0~20%の割合で配合されています。

アルコールの割合は?

アルコール成分となる「酢酸エステル」が0〜60%の割合で配合されています。

シンナーの割合は?

シンナーは「トルエン」となり、強い臭いが特徴です。除光液には10〜35%の割合で配合されています。臭いがあまりに強いため、悪臭防止法に指定されている物質です。

アセトンが危険な理由4選!

ここからは、除光液の成分に含まれている「アセトン」が危険な理由について4つご紹介します。

危険な理由①揮発性がある

除光液の臭いを嗅いでみたことはありますか?除光液は鼻をつくような独特な臭いであり、シンナーのような強い臭いだと感じる方が多いでしょう。実際、このアセトンは揮発性が高い性質があるため、気化して気体となるのです。でも、この気体を吸い込むと頭痛や吐き気の原因となるため、除光液を使用する際は、必ず換気を行い、危険回避するようにしましょう。

また、アセトンは空気よりも比重が重く、気化すると床に溜まりやすい性質を持っていることから、赤ちゃんや子供が吸い込んでしまい健康被害を被ることが考えられます。

このようなことから、除光液を使用する際は、赤ちゃんや子供に危険が及ばないよう、きちんと保管しておくようにしましょう。特に、除光液が染み込んでいるコットンは袋に入れて封をして処分するようにしましょうね。

危険な理由②引火性がある

アセトンは、強い引火性を持っているため、火を近づけることで火災の危険性があります。また、気化しやすい液体のため、静電気でさえ火災の危険性が高くなるんです。このようなことから、アセトンが高い割合で配合されている除光液は、使用中に喫煙をすると危険を伴うため、決して行わないようにしてくださいね。

危険な理由③アルコール摂取で有害作用が増える

アセトンはアルコールを摂取している中で吸い込むことで有害作用が働くため、マニキュアを落とす際に除光液を使用する場合、アルコール飲料の摂取は避けるようにしましょう。

危険な理由④目に入ると危険

アセトンが誤って目に付着することで、眼球が充血するだけではなく強い痛みが起こるため、使用の際はゴーグルなどを活用するようにしてください。また、万一目に入ってしまった場合はすぐに眼科を受診するようにしましょう。

安心安全!ノンアセトンのマニキュア除光液のおすすめを紹介

除光液に含まれる主成分が「アセトン」であることが分かりましたが、アセトンによる健康被害を考慮すると、アセトンの代わりに別の成分を含む「ノンアセトン」のマニキュア除光液があることをご存知ですか?ノンアセトン除光液には、マニキュアを溶かして落とすための「アセトン」が含まれていない除光液です。

そのため、アセトンの刺激臭がないので、つーんとした鼻につく臭いも抑えられていることから、臭いに敏感な方などにおすすめなんですよ。それに、最近はノンアセトンマニキュア除光液も100均で購入できるなどお財布にも嬉しいですね。ここからは、爪や皮膚に優しいノンアセトン除光液のおすすめを4つご紹介していきます。

「アセトン」を含まない除光液は本当に安全?

除光液には「アセトン」を含む製品が多いことで知られています。それが近年では、爪の健康や皮膚を健康を考慮して、アセトンとは別の成分を含む除光液を探す方が増えています。

そんな「アセトン」の成分が配合されていない「アセトンフリー除光液」が100均でも販売されているんです。アセトンの代わりに「酢酸エチル」を含むアセトンフリー除光液は、安心して使える除光液として注目されているんですよ。

ノンアセトンの除光液の成分【酢酸エチル】

一般的に販売されているアセトン除光液にはその名の通り、成分に「アセトン」を含んでいます。このアセトンがマニキュアを溶かす作用があります。一方で、ノンアセトン除光液には、アセトンの代わりに「酢酸エチル」を配合し、マニキュアを溶かして落とす役割があるなど優れた成分なんです。

アセトンの代わりとなる成分の「酢酸エチル」による健康上の問題報告はなく、安全な成分であることがうかがえますね。

ノンアセトンの除光液を使う時の注意点

ノンアセトン除光液は、アセトンの代わりに酢酸エチルが含まれています。この酢酸エチルは確かにアセトンと比較しても爪にやさしいと言えます。でも、マニキュアを落とす力が弱く、爪を強くこすってマニキュアを剥がそうとしてしまうことがあります。そのすると、爪に刺激が加わり、爪の表面を傷付けたり、負担となることも考えられます。

特にラメ入りのマニキュアは落としにくいため、使用するマニキュアの種類によって、アセトン入りの除光液かノンアセトン除光液かを使い分けと良いでしょう。アセトンの代わりになる酢酸エチルを含むノンアセトン除光液を使う時は、爪に強い負担を掛けないよう注意して使ってみてくださいね。

【ノンアセトン除光液】おすすめ①モイスチャースパリムーバー

hana_hanariさんの投稿
15034548 1563070503706967 5127720356152344576 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アセトンを含む除光液の代わりに、酢酸エチル以外に、ノンアセトンかつ、オーガニック植物成分の「オリーブ油」や「オレンジ油」「レモン果肉油」を配合した、お肌にも爪にもやさしいノンアセトン除光液として人気です。また、落ちにくいラメなどのネイルを落とす際も活用することができます。

【ノンアセトン除光液】おすすめ②オルビスネイルリムーバー

オルビス ネイルリムーバーは、ノンアセトン除光液なのに500円というコスパの良さに驚かされます。ノンアセトンなので除光液の強い臭いを軽減し、保湿成分が配合されているため、使用後はしっとりとした潤いを実感することができます。無香料なので臭いが苦手な方んもおすすめですよ。

【ノンアセトン除光液】おすすめ③ピュア マイルドエナメルリムーバー

manami.0314さんの投稿
19533703 481422005566679 5534414833794940928 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

見た目にもとても可愛いパッケージで、女子力アップにもつながりそうなKOSE「ピュア」の製品のノンアセトン除光液です。重ね付けのマニキュアもきれいに落とすことができます。ノンアセトンなので爪が白っぽく変色してしまうこともないのでやさしい使い心地ですよ。ぜひ使ってみてくださいね。

【ノンアセトン除光液】おすすめ④100均ダイソーエナメルリムーバー

5chi_kaさんの投稿
11205898 823006214442490 254085748 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ノンアセトン除光液はプチプラの100均ダイソーからも販売されているんですよ。アセトンを含まないので爪にもやさしい除光液が100均だなんて嬉しいですね。初めてノンアセトン除光液を使用するという方も、100均ダイソーのクオリティの高い除光液がおすすめです。

100均のジェルネイル11選!ダイソー・セリアなど!ライトやリムーバーもご紹介!

100均のマニキュア除光液の成分は?危なくない?

100均は私たちが生活する上で必要なもののほとんどを揃えることができるくらいとても便利なお店です。そんな100均でマニキュアの除光液が販売されていることをご存知ですか?実際、100均のダイソーにはアセトンフリーの除光液の取扱いがあります。まさか、100均でアセトンを含まないアセトンフリーの除光液をGETできるなんてお得ですよね。

また、100均のアセトンフリーの除光液は本当にマニキュアを落とせるのでしょうか?それに、危険性も気になります。ここからは、アセトンフリーとなる100均のマニキュア除光液の成分や危険性についてみていきましょう。

【100均ダイソー】アセトンフリー除光液の成分や危険性

100均のダイソーが取り扱う「アセトンフリー除光液」に含まれる成分は、「酢酸エチル」です。アセトンの代わりに酢酸エチルがマニキュアを溶かして剥がす役割があります。でも、100均ダイソーのアセトンフリー除光液は、ラメ入りのマニキュアなどは剥がすことが難しいと言われています。そのため、爪を強くこすってしまい傷つける恐れがあります。

とは言え、アセトンの代わりとなる酢酸エチルは、落としきれない=爪にやさしい成分とも判断できるため、アセトンを含む除光液を使用するよりも危険性は低く、爪の健康を考える場合は、お手頃価格で購入できる100均のアセトンフリー除光液がおすすめですね。

100均の除光液9選!ダイソー・セリアなど店別に厳選ネイルリムーバーをご紹介!

子供用のマニキュアは大人用と成分が異なる!

マニキュアには、大人が使用するものと、今は子供用にもマニキュアが販売されています。ここでは、大人用と子供用のマニキュアの成分の違いについてみていきましょう。

子ども用のマニキュアは成分が違う

女の子を持つご家庭には、ママの真似をしてマニキュアを塗りたがる子供も多いのではないでしょうか?子供の爪にマニキュアを塗ることは絶対にしてはいけないということではありませんが、子供の爪は大人の爪よりも薄く柔らかいため、除光液を使用した際に爪を傷つけてしまう恐れがあるからです。

大人が使用しても爪の表面が乾燥したり傷つくこともあるため、子供には負担が大きいことが想像できます。そのため、子供がマニキュアをしたいという場合は、水で簡単に洗い流すことができる子供用のマニキュアを塗ってあげましょう。水で落とせるなら、アセトンの代わりとなるノンアセトン除光液を使う必要もないため、安心して塗ってあげられますね。

マニキュア除光液の代わりに使えるものは?

今すぐマニキュアをオフしなければならない場面に遭遇した場合に、除光液がなくて困っていても、その代わりに使えるものがあります。ここからは、マニキュア除光液の代わりに使えるものをご紹介します。

エタノール

除光液がない場合でも、エタノールや無水エタノール、消毒用エタノールを代用することができます。この中でも特にネイルを落とす際に代用できるものとして「消毒用エタノール」があります。

消毒用エタノールを代用する時も、普段、除光液を使用する時と同じようにコットンにエタノールを含ませ、爪の上に置いてしばらくふやかし、マニキュアが浮いてきたら軽く拭き取ってください。マニキュアが浮いてくるのを待たなければいけないので、時間がある時におすすめの方法です。

アルコール成分が強いもの

女性ならひとつは持っている「コロン」などは、アルコール濃度が高いため、除光液として使用することができます。すぐに必要な時に除光液を準備できない場合はコロンや香水なども代用できます。

シンナー

シンナーは薄め液であってもアセトンと同じ鼻をつく臭いがします。でも、シンナーは塗料を薄める薄め液として使用することもあり、マニキュアの除光液に代用することができます。

薄め液ですが、実際の除光液とはその成分も異なりますが、薄め液でマニキュアを落とすことは可能です。しかし、薄め液であっても健康上の問題も取り上げられていることから、使用はおすすめしません。

datsunmines2さんの投稿
37601548 1955532554469574 6303111025117888512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シンナーはそもそも薄め液として建築などの仕事によく用いられています。ペンキを落とす際に薄め液としてシンナーを使用することもあるんですよ。シンナーの薄め液は使用用途が工業用などになるため、どれほど薄め液として使用していたとしても、身体に使用するのは有害な場合も考慮し、使用はおすすめできません。

また、シンナーは薄め液として使用していても、長時間におけるシンナーの吸入によってシンナー中毒に陥る事故も多発しています。このように、シンナーの薄め液であっても、皮膚へ塗布することはおすすめできません。つまり、除光液の代用品としてシンナーの薄め液を使用することはやめておきましょう。

100均の消毒液9選!ダイソー・セリアなど!無水エタノールやスプレータイプも!

除光液が私物に垂れてしまった・飲んでしまった際の【対処法】

除光液を使用してマニキュアを落とそうとしていたにも関わらず、思わず私物に垂れてしまうこともあるでしょう。また、子供が誤って飲んでしまうなど、重篤な症状を引き起こす可能性があります。ここからは、除光液が私物に垂れた場合や飲んでしまった場合の対処法についてみていきましょう。

除光液が私物に垂れた場合の対処法

除光液は、染み抜きをする時にも使うことがあります。そのため、私物に垂れてしまっても、跡が残っていなければそこまで心配することはありません。でも、その時は見た目に問題ないと思っていても、数日経過してシミとして浮き上がってくることもあるため、洗濯可能であれば洗濯を行いましょう。

無理な素材の場合はクリーニングに出しておくと安心ですよ。だたし、合成繊維の衣類に垂れてしまった場合は繊維が溶けたり変色することもあります。

子供が誤って飲んでしまった場合の対処法

小さな子供はすべてのものに興味を持っています。そのため、除光液の蓋が甘く空いてしまうようなことがあれば、誤って誤飲してしまうことも考えられます。

除光液は1mlの少量でも誤飲してしまうと危険な事態となり、吐かせようとして気管に入ることで肺炎を起こすことがあります。最悪は死に至ることも考えられるため、絶対に吐かせることなくすぐに医療機関を受診してください。

100均の洗濯ネット13選!ダイソーなど厳選!高価な物と性能比較も!

マニキュア除光液の成分を理解しよう!

kasmin_krsさんの投稿
30078383 437141413405515 2982906446938636288 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

除光液に含まれる成分や、その危険性についてみていきました。女性の楽しみのひとつであるマニキュアは気分もアップするため継続して楽しみたいものです。その際に使用する除光液は誤った使い方によって健康被害を起こす恐れがあるため、使用後はしっかりと蓋をして、中から液がこぼれてしまわないよう注意して使用しましょう。

また、除光液にはアセトンの代わりの成分として酢酸エチルが含まれるアセトンフリー除光液があります。皮膚に負担なくマニキュアを落とすこともできるため、安全に使用できるアセトンフリー除光液もおすすめです。今は100均のダイソーでも購入できるので、気になる方はぜひお買い物に行ってみてくださいね。安全に美しくネイル楽しんでくださいね。

関連する記事