イヤイヤ期がないのは病気・発達障害なの?後々、子供の成長に影響する?

イヤイヤ期がない原因や、病気・発達障害の可能性などを紹介しています。思春期に子供に出る影響や、親の子供への接し方、叱り方のポイントも解説しています。実際にイヤイヤ期がない子供を育てた先輩ママの【体験談】紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

目次

  1. イヤイヤ期がない原因は?
  2. イヤイヤ期がないのは病気・発達障害の可能性も?
  3. イヤイヤ期がない場合、思春期に子供に出る影響とは?
  4. イヤイヤ期がない子供への接し方は?
  5. イヤイヤ期の子供に叱る時のポイント
  6. イヤイヤ期がない子供を育てた先輩ママの体験談
  7. イヤイヤ期がなくても気にしすぎないで!

イヤイヤ期がない原因は?

2歳を過ぎると何をするにも嫌がるような態度をとるイヤイヤ期があり、世界中のママたちの悩みになっています(※1)。しかしこのイヤイヤ期は誰にでもあるものではなく、イヤイヤ期が目立たない2歳児もいるのです。ここからは、イヤイヤ期がない原因を紹介します。

(4歳の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳で反抗期が再発!?2歳の時との違いは?原因と対処法!体験談あり

おとなしい性格

2歳児にも積極的に何でも取り組むような性格や、反対に人前に出るのが恥ずかしい消極的な性格など、いろいろな性格の子供がいます。おとなしい性格が原因でイヤイヤしたくてもそれが積極的に表に出せずに、イヤイヤ期があまり目立たないという場合があるのです。

ママのサポートがうまくできている

子供がやろうとしていることをママが上手にサポートできていると、子供は自分の欲求通りに行動することができて満足し、反抗する必要がないのでイヤイヤ期がないと感じる場合があります。2歳くらいの子供は何でも自分でやりたがりますが、早い段階でママから「それはダメ!」といわれてしまうと反抗したくなります。

無理なこととわかっていても、ママが上手にサポートすることでいろいろなことにチャレンジして子供は成長していくのです。

言いたいことを上手に伝えられている

言いたいことを上手に伝えられていることが、イヤイヤ期がない原因にもなります。言葉の発達が早いとコミュニケーションの幅が広がるため、ママも子どもとの関わりが楽しみになるでしょう。しかし言葉を上手に話すことができるとママに自分の思いを伝えて意思疎通が図れるので不満に思うことがなく、イヤイヤ期の特徴がでない場合があるのです。

こだわりがない

2歳頃の子供はあれがしたい、これがしたい、という強いこだわりを持つことがあります。こだわりがある場合はママから何を言われても、自分の好みではないことは「イヤ!」と拒否してしまうのです。

しかし、特にこだわりがない場合はママから言われたことも反抗せずにスムーズに受け入れることができるので、イヤイヤ期も目立たなくなります。

欲求が満たされ満足している

自分のしたいことが普段からさせてもらえていると、反抗することもなくイヤイヤ期がない状態で成長するケースがあります。たとえば、自分の希望する時にタイミングよくおやつや食事が出る環境で欲求が満たされているなどです。ママが子供の自立を普段から実践して子供もそれを楽しみながらやっていると、不満に思うことがないのでぐずることも少ないのです。

子供のイヤイヤ期に気づかない

親に反抗する方法は子供によって違いがあり、反抗の仕方が一般的ではない場合は親は子供が反抗がしていることに気づかない場合があります。ぐずったり「嫌だ嫌だ!」と叫んだりせず、その場から動かずに自分の主張を無言で訴える場合は、子供がイヤイヤ期であることに気づきにくいでしょう。

イヤイヤ期の時期がずれている

イヤイヤ期は一般的に2歳前後に始まるとされていますが、この時期からずれてイヤイヤ期がくることもあるのです。早い時期の1歳過前後にイヤイヤ期がある子供や、6歳くらいにイヤイヤ期が始まるなど子供によって違います。イヤイヤ期は時期がずれても子供が成長する過程で必要なので、イヤイヤ期の時期が早いか遅いかはあまり心配せずに見守りましょう。

親を恐れている

本当はわがままを言ったりぐずったりしたいのに、親に対して怯えた気持ちがあると自分の気持ちを表現することがなくイヤイヤ期がない場合があります。体を叩かれて怒られたり、怯えるほど強いストレスを与えられると子どもは本当の気持ちを隠して、内にこもるようになってしまうのです。

イヤイヤ期がないのは病気・発達障害の可能性も?

イヤイヤ期がない原因はすでに紹介したことのほかに、病気や発達障害の可能性も考えられます。早い段階で病気や発達障害があることを決めるのは難しいですが、ここからは具体的な特徴を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

人との関り方がわかっていない・興味がない

ある程度の年齢になれば親以外の大人や、自分と同じくらいの子供と遊んだり関りを持つようになります。しかし病気や発達障害がある場合は、人と関わる距離が近すぎてしまったり全く関わろうとしなかったり、人とうまく関われないという特徴があるのです。

睡眠に関して特徴がある

病気や発達障害があると、寝つきが悪かったり夜から朝にかけて泣きっぱなしであったり、眠れないことでパニックを起こすなどの睡眠に対して特徴的な行動が見られます。一緒に寝ているママも落ち着いて寝ていられないほどの行動があった場合は、子供のためにも病院などで夜の状態について相談してみることをおすすめします。(※2)

(赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

【赤ちゃんの夜泣き】原因・対策を理解し、育児ストレス軽減しよう!

食事に関するこだわりが強い

2歳くらいになると食べ物に関する好き嫌いが出てきます。食事を食べる量があまりにも少ない・好きな物以外は食べないなど、食事に関して強いこだわりがある場合は病気や発達障害の特徴のひとつである可能性もあるでしょう。

言葉を話さない・理解していない

言葉を話すのが早い子供もいる中で、2歳になっても「ブーブ」や「にゃんにゃん」などの単語を一切話さない場合や、子供の名前を呼んでも聞こえていないかのように反応を示さない場合は、病気や発達障害の可能性があります。または、名前を読んでも反応がない場合は、理解していないという理由のほかに耳の病気も原因として考えられます。(※3)

気になる場合は早めに病院を受診してみたり、保健師や専門機関に相談することがおすすめです。

イヤイヤ期がない場合、思春期に子供に出る影響とは?

「イヤイヤ期がないことが原因で、思春期の時には子供にいろいろな影響が出るのでは?」と心配になるママもいるでしょう。ここからは、イヤイヤ期がない場合の思春期の子供に出る影響について紹介します。

ただし、イヤイヤ期がなかった子供全員に、必ずしもこれらの特徴がみられるわけではありません。イヤイヤ期がなくても特に思春期に影響が出ることなく成長する場合もあるので、心配しすぎずに子供の成長を見守ることが大切です。


(2歳のイヤイヤ期の対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳のイヤイヤ期の対処法10選!絶妙な叱り方や逆効果な対応も…!

反抗がひどくなる

イヤイヤ期がなく自分の思ったことやしたいことを表現せずに成長してきた子供は、思春期になってその気持ちが強く出て、ひどく反抗するようになる場合があります。思春期になり言葉で反抗する場合や、時には暴力をふるうような乱暴な行動に出ることもあるので、注意が必要です。

内にこもってしまう

自分のやりたいことや言いたいことが言えずにイヤイヤ期がなかったタイプの子供は、内向的になってしまうことがあります。自分の欲求を表に表現できないことで「なんでこんなこともできないんだ!」と自分自身に怒りや悲しみを向けて、自分を否定するようになってしまうのです。

そうなると、ほかの人に会ったり関りを持ったりすることも拒否し、思春期になって引きこもることにつながる場合もあります。

怒りやすくなる

2歳のころに訪れるイヤイヤ期では、自分の欲求を表現することと同時にダメなことを理解し、我慢を学ぶ大切な時期でもあるのです。しかしこのイヤイヤ期がないことが原因で、我慢ができなかったり自分勝手な行動をしてしまう場合があります。そうなると、周りのことを考えずに怒りやすくなるという特徴がでる場合があるのです。

依存体質になりがち

イヤイヤ期がなく成長した子どもは、心身ともに成長する思春期になっても誰かを頼り、1人では何もできない独立心のない子どもへと成長してしまう可能性があります。イヤイヤ期はママやパパが子供に対して手を焼く時期と言えますが、それだけ親と子供の関りを深くもつことで独立心を育むタイミングでもあるのです。

年齢の早い時期から独立心を芽生えさせることで、子どもは自分で考えて行動する力を身につけることができるでしょう。

イヤイヤ期がない子供への接し方は?

イヤイヤ期がない子供にはどのような接し方をすればいいのでしょうか。ここからは、イヤイヤ期がない場合の、親から子供に対する接し方について紹介します。

(2歳で英語を始めることについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳から英語は早い?英語耳の作り方は?おすすめ教材7選!体験談も

手を出さずに子供の行動を見守る

イヤイヤ期がない場合、子供の行動に対して親が早い段階で先回りして手を出しており、子供の自己表現の機会を奪っているケースがあります。何をするにも子供だけに任せるより、親が手を出した方が早いかもしれません。しかし、それでは子供は自分のしたいことができずに依存体質になったり、本当に言いたいことが言えなくたってしまったりするのです。

子供がしたいことを最後まで見守り、子供が手助けを必要とする時だけ手を貸してあげることで、自立心を芽生えさせることができるでしょう。

我慢ばかりしていないか様子を見る

2歳前後に始まるイヤイヤ期がない原因に、我慢をしていて自己主張ができないということが考えられれます。2歳の子供が我慢をしないでやりたいことができているか、自己主張できる環境が整っているかを考えましょう。もしも子供が我慢をしているようなら、接し方や環境を整える必要があります。

自分で選べるように選択肢を与える

自分の言いたいことをうまく表現できないことが原因で、自己主張ができないためにイヤイヤ期がないのかもしれません。この場合は「これとこれはどっちが好き?」とか「こうしてほしかったの?それともこの方がよかったのかな?」と子供が選びやすい質問をすることで、子供は言いたいことを伝えやすくなるでしょう。

違う場合は首を横に振ってもらい、自分の言いたいこと言えるように促すことが大切ですね。

子供の気持ちに共感する

イヤイヤの表現としては泣いたりぐずったりするだけでなく、じっと黙って耐えていたり動かないことで自分の気持ちを表す子供もいます。その場合は、子供の気持ちを理解して共感してあげることで、言葉でも気持ちを表現してくれるようになるでしょう。

「これは好きじゃなかったんだね」とか「これは自分でやりたかったんだね」と親が共感し、自分の意見を言葉にして表現することを促していくと良いですね。

怒り方に注意する

イヤイヤ期がない原因に、親を恐れている場合があることを紹介しました。怒り方によっては、子供は親に恐怖を感じる場合があります。感情的に怒ったりすべてダメだという怒り方は、2歳の子供の自己主張する気持ちを押さえつけてしまうのです。大人の感情を子供にぶつけるような怒り方にならないように注意しましょう。

イヤイヤ期の子供に叱る時のポイント

イヤイヤ期は特に、親が子供に対して叱ることが多くなるかもしれません。何度言ってもわからないからと言って、子供の性格を悪く言ったり感情的に怒るのは良くない叱り方です。叱る時には具体的に、短い言葉で叱りましょう。おもちゃを投げてしまった時には「投げちゃダメ、当たると痛いんだよ」と投げてはいけない理由も一緒に付け加えます。

そうすることでなぜやってはいけないのかを少しずつ理解し、ダメなことはやめるようになるでしょう。早い段階でやめてほしいからといつまでも叱るってもあまり効果が期待できません。その都度短い言葉で具体的に話をし、粘り強く接していきましょう。

(魔の2歳児については以下の記事も参考にしてみてください)

「魔の2歳児」とは?パターン別イヤイヤ期の対処法と育児のコツは?

イヤイヤ期がない子供を育てた先輩ママの体験談

ここからはイヤイヤ期が特に気にならなかったというママたちの声を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

6歳娘ママ

30代

小さい頃から人見知りがなかった娘はイヤイヤ期もなく、発達障害や病気も心配したけど特にそういった兆候もなく育っているよ。さすがにわがままな部分もあったけど、娘に話をすればいうことは聞いてくれたし育てやすい子供なんだと思う。

人見知りをする時期になっても周りの大人を怖がらず、誰とでも平気で関わることができると発達障害や病気の可能性を疑いますが、必ずしもそうなるわけではありません。ほかの子供と比べてイヤイヤ期の特徴がみられなくてもそれは性格ということもあります。温かく成長を見守ってくださいね。

2人のママ

40代

イヤイヤ期にぐずって癇癪を起すこともなく、かといって病気もなく発達障害の可能性もなかったのでマイペースに子育てしてきました。今は子供は成長して中学生ですが、今でも目立った反抗なく穏やかです。

イヤイヤ期がない場合は思春期になってひどく反抗をするケースもありますが、そのまま穏やかに思春期を過ごす子供も多いです。個人差はあるのでイヤイヤ期がないからといっても、思春期の反抗期を必要以上に心配する必要はないでしょう。

3人のママ

40代

イヤイヤ期がないと思春期になってから反動で、ものすごい反抗すると聞いて怖かったけど成長しても反抗期のない子供に育ってます!おとなしい性格だったからか、2歳の時も目立った反抗はなかったですね。

自己主張というイヤイヤ期の特徴がある子供や、自己主張もなくイヤイヤ期の特徴がみられない場合もあります。しかしそれも子供によって差があるので、イヤイヤ期がないから病気や発達障害があると思わずに、それぞれの行動を見守りすくすくと成長できるようにサポートしていきましょう。

イヤイヤ期がなくても気にしすぎないで!

イヤイヤ期がない原因や障害や発達障害の可能性について、イヤイヤ期の特徴がなかった子供の思春期の影響やイヤイヤ期がない子供への接し方などを紹介しました。イヤイヤ期がないからといっても気にしすぎずに、早い時期にイヤイヤ期が落ち着くよう、のびのびと過ごせるように接していけると良いですね。

関連する記事