夜泣きしない子の特徴や割合は?ぐっすり寝る子に育つ話題の育児法も!体験談多数

子供の夜泣きは、ママやパパも寝不足にもなってしまい困りますよね。一方で、まったく夜泣きしない子もいます。この記事では、夜泣きしない子の特徴や割合、胎教・性格との関係などについて説明します。また、夜泣きしない子に育つ話題のフランス式育児法もあわせて紹介します。

目次

  1. 夜泣きしない子の特徴や割合は?
  2. 夜泣きしない子と胎教との関係は?
  3. 夜泣きしない子の性格の特徴は?
  4. 夜泣きしない子に育つ話題のフランス式育児法
  5. 夜泣きしない子に育つ育児法を実践しよう

夜泣きしない子の特徴や割合は?

多くのパパやママが、夜中に突如起きる赤ちゃんの夜泣きに悩まされています。一方でほとんど夜泣きしない赤ちゃんもいることを知っていますか?

自分の子供が夜泣きをしないと、発達障害などを疑ってしまう場合もあるかもしれませんが、あまり心配はいりません。発達障害などではなくても、ある程度の割合で夜泣きしない子供はいるのです。そんな、夜泣きしない赤ちゃんには、特徴や傾向があるとも言われています。

(赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

【赤ちゃんの夜泣き】原因・対策を理解し、育児ストレス軽減しよう!

夜泣きしない子の特徴

夜泣きしない子にはいくつか特徴がありいます。一つは、母乳ではなくミルクで育児をしていることです。ミルクは母乳と比較して、空腹を感じることが少ないため、お腹が空いた時に起こりがちな夜泣きにつながりづらいのです。

また、ママやパパと一緒に寝ている赤ちゃんも、夜泣きが少ない傾向にあります。夜中に起きても親が近くにいるという認識から、安心して眠れるという可能性もあるでしょう。

消化不良に陥ることも、夜中の夜泣きの原因になります。そのため、離乳食の消化不良が夜泣きの原因となる場合もあるでしょう。そのため、離乳食の開始が遅い子供も夜泣きしづらい傾向があるようです。すでに消化機能がある程度発達しているため、消化不良に陥りにくいのでしょう。

(赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続く?原因・対処法を月齢・年齢別に紹介

男の子も夜泣きが少ない

パート

40代

うちの子は二人とも男の子ですが、二人とも夜泣きらしいものはありませんでした。障害も心配したりもしましたが、上の子は、今ではもう10歳ですが成長には全く問題ないです。今思い起こせば、夜泣きがなくて楽させてもらったなと思っています。

理由は定かではありませんが、女の子に比較して、男の子の方が夜泣きが少ない傾向があります。これは、女の子の方が男の子よりも早く情緒が発達し、怖い夢を見る傾向があるためです。しかし、男の子がまったく夜泣きをしないというわけではありません。

夜泣きをしない子の割合

営業職

30代

うちの子供は、あと一週間で7ヶ月になります。友達から夜泣きは大変と聞いていたのですが、うちの子はまったく夜泣きをしません。何か障害でもあるのではないかと不安にもなりましたが、案外夜泣きをしない子は多いみたいです。障害などではなくほっとしています。

自分の子供が夜泣きをしないと、何か障害を抱えているのではないかと心配になる場合もあるかもしれません。しかし、実際には3〜4人に一人の割合で、夜泣きをしない子はいます。障害は関係なく、単にその子の性格や環境などに起因するものと言えるでしょう。

夜泣きしない子と胎教との関係は?

胎教をすると、夜泣きをしなくなるという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。ここでは、胎教と夜泣きをしない子の関係性について説明します。

(胎教にいい音楽については以下の記事も参考にしてみてください)

胎教にいい音楽とは?いつから聞かせる?おすすめ10選【動画あり】

胎教で具体的に行うこと

妊娠中の胎教と言われても、実際に何をするのかあまりイメージがつかない場合も多いかもしれません。実際に胎教として取り入れられていることの例としては、妊娠中に赤ちゃんに話しかけたり、挨拶をするなどの行動です。そのほかにも、絵本を読んであげたり音楽を聴いたりすることも胎教の一つと言えるでしょう。

また、ママ自身がマタニティヨガやウォーキングなどの、妊娠中でも無理のない運動を取り入れることも胎教の一つです。

妊娠中の胎教の影響

Webデザイナー

40代

「夜泣きをしなくなる」「穏やかな子になる」と聞いて、胎教を取り入れていました。今では3歳と5歳の娘の母親です。確かにそこまで夜泣きに悩まされることはなかったですが、実際胎教は母親である私自身に色々なものを与えてくれました。

専業主婦

30代

一番目の子の時は、特に胎教なんて考えずに過ごしていました。でも、二番目の子がお腹にいる時は、一番目の子が2歳。結果として絵本の読み聞かせなどを自然に胎教としてしていたせいもあるのか、夜泣きもせずにほとんど手がかからない子でした。

妊娠中に胎教をしたからと言って、赤ちゃんが夜泣きをしなくなるという確実性のあるデータはありません。実際、胎教をしなくても夜泣きをしない赤ちゃんもいます。逆に胎教をしたけれども、夜泣きをする赤ちゃんもいるでしょう。実際、夜泣きに対する胎教の効果を実感しているママもいますが、胎教をすれば絶対に夜泣きをしないとは言い切れません。

しかし、胎教はママ自身の心のバランスを整えるのに役立つ場合があります。妊娠中は、母親としての心や体の変化についていけずに、メンタルバランスを崩してしまう場合もあるでしょう。

「夜泣きをなくすため」と肩に力を入れすぎるのは禁物ですが、胎教はママ自身のメンタルを整えることにも役立つので、無理のない範囲で取り入れるのもおすすめです。

夜泣きしない子の性格の特徴は?

夜中に夜泣きをしない子には、性格面でも特徴があると言われています。ここでは、そんな、夜泣きをしない子供の性格の傾向を紹介します。

おっとりしている子・穏やかな子

専業主婦

40代

4人の子供がいますが、長男と長女と次男は全然夜泣きしませんでした。性格はおっとりしてます。一方で、次女はひどい夜泣きしてました。しかもすごい元気いっぱいです。やっぱり夜泣きすることしない子って性格が違うなあと思います。

大人も色々な性格・個性があるように、赤ちゃんも生まれたその時から、それぞれの性格の特徴があります。その中でも特におっとりした性格や、穏やかな性格の赤ちゃんは、夜中に夜泣きをしない場合が多いようです。

夜泣きをしやすい赤ちゃんは、小さな音などをきっかけに泣いてしまいますが、あまり音に動じない性格の赤ちゃんも、中にはいます。どんなに近くで大きな音を立てても、まったく起きない赤ちゃんもいるでしょう。このように、夜泣きをしないのは、生まれ持った性格・個性による場合もあるのです。

寂しがり・繊細な子は夜泣きしやすい傾向

看護師

30代

我が家では、上の子は夜泣きがありました。でも、下の子は夜泣き無く成長しました。違う性格の二人を育てての経験談ですが、夜泣きする子は、ちょっと癇癪持ちだったり繊細で神経質なタイプな部分があるかもです。下の子はおっとりしています。

寂しがりの性格の赤ちゃんの場合は、夜中に起きても近くに親がいなかったりすることが原因で、泣いてしまう場合もあるでしょう。また、繊細な子は怖い夢を見たり、物音がしたりすると、夜泣きをしてしまう場合があります。

夜泣きしない子に育つ話題のフランス式育児法

「フランスの子どもは夜泣きをしない」という話を聞いたことがあるかもしれません。フランスと日本では、育児の方法や考え方も異なります。フランス流の子育て方法を取り入れることが、夜泣きのない子供を育てることにつながる可能性もあるでしょう。

ここでは、夜泣きに関するフランス式育児法の考え方を紹介するので、取り入れられそうな考え方は取り入れてみるのもおすすめです。

生後2〜3ヶ月から独り寝させる

専業主婦

40代

ある時ベッドにいれたら一人で寝てくれたことをきっかけに「寝るのは一人で」の習慣を徹底することにしました。すると、あっという間にそれに慣れてくれました。子供の習慣を作るのは親なんだと、実感しました。今では寝かしつけしなくてもベッドに入れば一人で寝てくれます。

日本では、子供と親は一緒に添い寝するケースが多いかもしれません。しかし、フランスでは生後2〜3ヶ月から独り寝をするのが一般的です。日本では布団で眠ることもできるので、添い寝をしても赤ちゃんが高いところから落ちる心配はありません。一方、フランスはベッドが一般的なので、子供と一緒にベッドに寝ると落ちてしまう可能性があります。

そのため、あえて大人と一緒にベッドに寝かせるようなことはせず、子供用のベビーベッドに寝かせるのが一般的です。また、フランスでは「添い寝や添い乳、抱っこでなくても眠れるようにする」ことも重視しています。

フランスでは、赤ちゃんが自分の好きな時に起き、もしも夜中に目が覚めてしまっても自分の力で眠れるように、幼い頃から訓練することを大事にしているのです。

夜泣きをしてもすぐに手を出さない

金融関係

30代

2ヶ月半の子供がいますが、フランス式育児法にならって添い寝や添い乳はせずに過ごしました。結果として夜泣きをしないで寝てくれる子になったので大成功だと思っています。ただ、放置は5分くらいを目安にしています。寝言泣きかどうかは5分でわかると思います。

イラストレーター

20代

夫婦で育児法を話し合った結果、夜泣きをしても、抱っこしたり授乳をしないというフランス式育児法を、我が家では取り入れています。結果として、夜は寝てくれるし、朝も私が多少寝坊した日も迎えに行くまで一人で静かに過ごしているというサイクルが出来上がりました。

夜泣きをすると、すぐに抱っこしてあやしているという人も多いかもしれません。しかし、フランス式育児法では、あえて「すぐには手を出さない」ことを大事にしています。赤ちゃんが夜中に夜泣きをする場合、おむつが汚れている場合や、空腹を感じている場合など、その理由はさまざまです。

一方で、単純に睡眠サイクルの波の中で、一時的に目を冷ましただけという場合もあります。一時的に目を覚ましただけの場合は、あえてしばらく泣かせておくことで、赤ちゃんの睡眠時間のサイクルが整い、やがて朝まで眠ってくれるようになるという考え方なのです。また、泣いた時に、すぐに抱っこや授乳をする癖をつけないことも大事でしょう。

そのため、フランスでは夜泣きをしても5〜10分放置することがほとんどと言われています。本当に空腹を感じているときだけ、おっぱいをあげるなど、泣き方や表情から判断するようです。日本では、家同士の距離が近く、泣かせっぱなしはなかなか難しいかもしれませんが、取り入れられそうな考え方は取り入れるのも良いでしょう。

(夜泣きの放置については以下の記事も参考にしてみてください)

夜泣きの放置は『ほったらかし』とは別!放置するための過程や注意点を解説!

夜泣きしない子に育つ育児法を実践しよう

夜泣きは、夜中にパパやママも起こされてしまうので、睡眠不足になってしまいますよね。できることなら、夜泣きはない方が楽でしょう。夜泣きの有無は赤ちゃんの性格面での差もあります。しかし、どんな子でもフランス式育児法のように、訓練することで夜泣きをしないようにすることも可能です。

夜泣きに悩んでいるのなら、まずはできる範囲から、夜泣きしない子に育つ育児法を実践してみるのも良いでしょう。

関連する記事