【市販】青のカラートリートメントおすすめ7選!使い方・仕上がり画像も!口コミ多数

市販の青(ブルー)のヘアカラートリートメントおすすめ7選を【口コミ】交えて紹介します。アンナドンナの口コミやカラーリングの仕上がり画像も紹介します。色持ちを長持ちさせるカラートリートメントの使い方と、青のカラートリートメントの使い方を【動画】とともに解説します。

目次

  1. そもそもカラートリートメントとは?
  2. カラートリートメントのメリット・デメリット!黒髪にも使える?
  3. 青のカラートリートメントの仕上がり画像
  4. 青のカラートリートメントの選び方のポイント!
  5. 市販の青のカラートリートメントおすすめ7選!口コミ多数!
  6. 【動画】カラートリートメントの使い方
  7. 青のカラートリートメントの染め方のコツ!色落ちを防ぐには?
  8. 青のヘアカラートリートメントで可愛い髪色にしよう!
内容量400g
主成分ナノリビジュア
色の特徴インパクトのある色合い

⑥ルベル ロコル インディゴ

ルベル ロコル 300g
1,848円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

出典:https://www.pinterest.se/pin/562035228498815167/

ルベルロコルはプロからも人気を集める、市販のヘアトリートメントです。青系のカラーは、インディゴの他にもインディゴよりも深みのある色合いのオーキットや、水色に近いターコイズなどがあります。自分の好きな色に近づけるために2色使いもおすすめですよ。

素早く浸透してくれるので髪の毛への負担も少なく、色持ちもいいですよ。バイオゼリーが髪の毛の表面をコーティングすることによって、艶のある指通りの良い髪質へ導いてくれます。

楽天レビュー

★★★★★

発売当初から気になっていました。
発色はばっちり、そして染まる時間が早いです。

Amazonレビュー

★★★★★

濃い緑楽しみたいならガッツリブリーチしないで茶髪にON、ブルー出したいなら激ブリーチすればキレイにONしますね、5分くらいですぐ染まります。
色落ち激しいのが難点ですね洗面所、風呂場黒ぢゃない限り確実に色が着きます

内容量300g
主成分バイオゼリー
色の特徴塩基性カラー

⑦マニックパニック バッドボーイブルー

マニックパニック バッドボーイブルー
1,658円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

カラーバリエーションが豊富で、自分好みの色を見つけやすいと人気を集めるのがマニックパニックのカラークリームです。ブルー系の色でも、バッドボーイブルーのように淡い色からビビットなもの、明度の高いものから低いものまで揃っています。

バッドボーイブルーは淡い色なので、黒髪にはあまり向いていませんが、繊細なブルーの色を出したいという人におすすめですよ。また、同じブルー系統の他の色とのグラデーションもきれいです。

Amazonレビュー

★★★★★

ヘアーマニュキュアになります。
なるべく白に近づけるように、脱色することをお勧めします。
そうすると、マニュキュア本体の色にとても近づきます。
マニュキュアの為、髪が痛む心配も無く、一回の使用で色が落ちながらですが一カ月は持ちます。
内容量は、女の人がお尻までの髪の人で1回分です。

Amazonレビュー

★★★★★

サイコー♪
他の色も使ってるけど
発色がホントに綺麗

どれもスゴい色なのに
違和感がなく綺麗

内容量118ml
主成分褐藻エキス、ホップエキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレエキス
色の特徴淡い色

【動画】カラートリートメントの使い方

カラートリートメントをセルフで行いたいけれど、初めてだと不安という人も多いですよね。セルフでのカラートリートメントの使い方について紹介していきます。使い方のポイントを抑えて丁寧に行えば、セルフでもきれいに塗っていくことができますよ。

(カラーバターの使い方については以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】カラーバターの使い方!エンシェールズ全カラーや配合レシピも紹介!黒髪でも染まる?

①カラートリートメントを使う前に髪の毛を整える

関連する記事