業務スーパーで買ってはいけない商品がある?安全性は問題ある?買って失敗した商品も紹介

業務スーパーで買ってはいけない商品があると聞いたことはありませんか?中国産冷凍食品を扱うことから、危険だと心配する人もいるようです。業務スーパーの品質調査は信用できるのか、買ってはいけない商品や買って失敗した商品、おすすめ商品などを口コミをもとに紹介します。

目次

  1. 業務スーパーで買ってはいけない商品があるって本当?
  2. 業務スーパーで買ってはいけないと噂されている商品5選とその理由
  3. 業務スーパーは危険じゃない?品質調査は信用できる?
  4. 業務スーパーが安いのに安全な理由とは?
  5. 業務スーパーでおすすめ人気の商品5選
  6. 業務スーパーで買って失敗した商品5選【体験談アリ】
  7. 業務スーパーでコスパ良くお買い物しよう

品質の安全検査を行っている

出典:https://www.pinterest.jp/pin/274790014754419689/

中国産やベルギー産、ブラジル産など、海外から日本に輸入された商品は厚生労働省や農林水産省などによる厳しい検査を受けており、スーパーなどで流通しているのは、それらをクリアした安全な輸入品だけです。もちろん、業務スーパーの店頭に並んでいる商品もそうした安全性が高い商品ばかりで危険ではありません。具体的には次のような検査が行われます。

・食品衛生法の製造基準に適合しているか
・添加物の使用基準は適切か
・有害有毒物質が含まれていないか

商品検証を行っている

業務スーパーを運営する神戸物産では、顧客の声は品質改善につながる大きなヒントだと考えています。顧客の意見を参考に商品検証を行い、品質改良や商品開発を継続的に実践していくことで、安全性が高く顧客が満足する商品を届けられるように取り組んでいます。

実際に業務スーパーのホームページには、顧客の声を形にした改善事例が紹介されています。実際の声をもとに改善に取り組んでいるため、今後も顧客本位の商品開発が行われていくことでしょう。

継続的に改善を行っている

業務スーパーでは、商品開発事前チェック・現地工場チェック・品質安全検査・商品検証の4つの取り組みをしっかり行うことで、継続的に商品の改善を図っています。その理由は安全性の高い商品を顧客に届けるためです。

決して危険な商品を扱っているわけではないことが、お分かりいただけたでしょうか。

業務スーパーが安いのに安全な理由とは?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/762726886890389799/

業務スーパーが安いのに安全性が高いのには理由があります。いかに業務スーパーが安全性の高い商品を安く提供しているのか。その安さの理由を5つ、それぞれ詳しく紹介します。業務スーパーでの買い物の際の参考にしてください。

(業務スーパーのセールで買うべき商品については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーのセールで買うべき超お買い得商品20選!割引金額に見るお得度!

全行程を神戸物産で行っているため高品質で安い

業務スーパーには、自社工場で製造したオリジナル商品や、農作物・食肉などの原材料から自社で生産した商品が多数並んでいます。これが業務スーパーの安さの秘密です。

農業・養殖・漁業など原材料の生産や確保から、製造・加工、流通・販売まですべての工程を神戸物産が担っています。こうして流通のコストや手間を省くことで、安全性が高く安いものを顧客に届けています。

まとめ買いするから安い

業務スーパーではフランスやイタリア、ベルギー、アメリカ、中国など世界約40ヵ国からさまざまな商品を大きなコンテナでまとめて直輸入しています。その量は1年間で富士山7個分相当の量になるそうです。

このように大量の商品を直接輸入することで仕入れコストを下げ、海外の珍しい商品も安く販売できます。「まとめ買い」が業務スーパーの安さの秘密のひとつです。

仕入れコスト削減でより安く届けられる

出典:https://www.pinterest.jp/pin/566468459372667836/

業務スーパーでは、仕入れのコストを削減すべく、さまざまな工夫をしています。具体的には、商社などをを通さずメーカーから直接仕入れたり、海外の企業と直接取り引きして自分たちで輸入したりといったことです。

業務スーパーは国内に23の自社工場があり、店舗はおよそ900店舗です。業務スーパーでは効率的に商品を配送することで流通コストを削減し、より安い価格を実現しています。

ムダ・ロス・非効率が排除されている

業務スーパーではできるだけ商品を安く届けるため、ムダやロス、非効率の排除に力を入れています。広告もウェブチラシをメインにしているため、広告費があまりかからず、その分商品の価格を抑えられます。

また、段ボールに入れたまま商品の陳列するなど、さまざまな工夫で店舗運営のコストを削減しています。このように業務スーパーでは広告や店舗運営の面でコストを抑え、商品の品質・安全性を保ったまま低価格で商品を販売しています。

関連する記事