好きと言われたのは告白?本気度の見極めで付き合おう

男友達から好きと言われたけれど、友達として?それとも女として?と悩んでいませんか?好きと言う男性心理を知って、気持ちをすっきりさせたいと思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、男性の真意の見極め方や、好きと言われたときの可愛い返し方を紹介します。

目次

  1. 好きと言われたけど、女として?
  2. 好きと言われたのはなぜ?好きと言う男性心理
  3. 好きと言われたけど、真意は?
  4. 好きと言われたときの見極め方
  5. 好きと言われたときの可愛い返し方
  6. 好きと言われたら見極めが重要

純粋に嬉しがる

あなたに恋愛感情がないときの返し方として、「好きって言ってもらえて嬉しい!」と純粋に嬉しがるという方法もあります。恥じらいながら「嬉しい…」と言ってしまうと脈ありサインと捉えられてしまう恐れがあるので、あくまでも明るく元気よく「そう言ってもらえて嬉しいなあ。ありがとう!」と伝えましょう。

恋愛対象だと思っていないことが伝われば、男性もそっと身を引いてくれるはずです。好きと言ってくれたことに対して喜びを伝え、明るく対応すれば、あなたの印象が下がることもないでしょう。

好きと言われたら見極めが重要

自分を好きと言ってくれる男性がいるということは、とても嬉しいものです。しかし、本気の告白だと早とちりして「私も好きです」と言ってしまうと、恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。

今回紹介したように、男性が好きという心理は「人として・友達としての好き(Like)」と「恋愛対象としての好き(Love)」に分かれます。男性の様子や告白後のアプローチなどから好きという言葉の真意を見極め、適切に対応していきましょう。あなたが男性との良好な関係を築いていけるよう応援しています。

関連する記事