好きと言われたのは告白?本気度の見極めで付き合おう

男友達から好きと言われたけれど、友達として?それとも女として?と悩んでいませんか?好きと言う男性心理を知って、気持ちをすっきりさせたいと思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、男性の真意の見極め方や、好きと言われたときの可愛い返し方を紹介します。

目次

  1. 好きと言われたけど、女として?
  2. 好きと言われたのはなぜ?好きと言う男性心理
  3. 好きと言われたけど、真意は?
  4. 好きと言われたときの見極め方
  5. 好きと言われたときの可愛い返し方
  6. 好きと言われたら見極めが重要

「好き」と言われたものの、デートに誘ってくれるわけでもなければ、彼女だと公言してくれるわけでもない。そもそも「付き合って」とすら言われていないのであれば、男性の本気度がわからなくなってしまうのも無理はありません。

「好き」と言うだけで明確に「付き合って」と言わない男性の真意とは、どのようなものなのでしょうか。本音を見極めるために、男性の心理をさらに深堀りしていきましょう。

男性の真意①告白として伝わると思っている

男性が「僕と付き合ってください」「彼女になってほしい」などと言わない理由として、好きと言った時点で告白として伝わっていると考えていることが挙げられます。そのため、女性から「私も好きです」と返事を貰った時点で「恋人同士になれた」と思ってしまうのです。

そういう男性は「告白を了承してもらえて恋人同士になったのだから、わざわざ付き合ってくださいと言わなくてもわかるだろう」と、自己完結していることが多いようです。きちんと言葉にしてほしいと考える女性にとっては不満かもしれませんが、男性にも悪気はないということだけは理解してあげましょう。

(男性からの告白については以下の記事も参考にしてみてください)

男性からの遠回しの告白を見過ごさないで!言葉・行動別10選紹介!好きと言わせるには?

男性の真意②告白前のアプローチの一つとして

仕事やプライベートが忙しく「2人きりで話す時間を作れない」、「ひとまず自分の気持ちを伝えておきたい」などの理由から、好きという表現を告白前のアプローチとして使う男性もいます。「電話やlineではなく、きちんと会って告白したい」と考えているため、あえて「好き」だけにとどめ、付き合ってくださいとは言わないのです。

告白に向けて心の準備をしてほしい、自分を意識してほしいという気持ちの表れとも言えるでしょう。自分に自信がなく「僕と付き合ってください」と伝えられない男性の場合も、「好きです」という告白のみで終わってしまうことがあります。

男性の真意③人として好きという褒め言葉

男性の中には「恋愛対象としてではなく人として尊敬している」という心理を持っている人もいます。女性としては「勘違いするような発言はやめてほしい」と思うかもしれませんが、世の中にはあまりよく考えずに「好きだよ」と言ってしまう男性も存在するのです。

LoveではなくLikeの意味で好きと言っているだけなので、付き合ってほしいと言われることはほぼないでしょう。好きという言葉の意味を取り違えてつらい思いをしないように、注意が必要です。

(褒める男性の心理については以下の記事も参考にしてみてください)

褒める男性の心理って…?お世辞?脈あり?男子の本音&見極め方!

男性の真意④女心をもてあそんでいる

恋愛対象として意識しているわけでも、人として尊敬しているわけでもなく、ただ女心をもてあそんでいるだけという男性も残念ながら存在します。出会ってすぐに「好きになっちゃった」と言ってくる人や、lineなどでやたらと「可愛いから好き」と言ってくる人、仲間内で女癖が悪いと噂されている男性には特に注意しましょう。

本気で交際するつもりはなく、体の関係を持ちたいために「付き合って」と迫ってくるケースもあります。少しでも「怪しいな」「軽いな」と思ったら、安易に相手の言葉を信じないようにしてください。

好きと言われたときの見極め方

付き合っていないのに好きと言われたとき、「恋愛対象としての好きなのか、それとも人として好きだと思われているのか見極める方法があったらいいな」と思いますよね。そこで、好きと言われたときの男性の気持ちの見極め方を紹介します。

すぐに「私も好きです」と返事をするのではなく、ちょっとした工夫をすることで、男性の本気度を知ることができます。ぜひ参考にしてください。

そもそも相手は独り身か確認

男性から好きと言われたら、まずは相手が独り身かどうかを確認しましょう。既婚者や恋人がいる男性であれば「人として尊敬している」という意味の好き、独り身であれば「恋愛対象としての好き」だと判断できます。

意中の男性から「好きだよ」と言われると、嬉しくて舞い上がってしまうことがあるかもしれません。しかし、まれに既婚者であることや恋人がいることを隠して迫ってくる男性も存在するので、自分の身を守るためにもしっかりと確認しましょう。

直接、真意を尋ねてみる

関連する記事