旦那以外に好きな人ができた…しかも両思い!離婚?不倫?後悔のない未来のためにすべきこと

旦那以外に好きな人がいて相手と両思いだとしたら不倫や離婚を考える人もいるでしょう。しかし「既婚者でも本気で好き」「両思いだから」と感情のまま暴走すると、後に残るのは悲惨な末路と後悔だけです。そこで本記事では、旦那以外に好きな人ができた時の対処法を紹介します。

目次

  1. 旦那以外に好きな人ができた!しかも両思い!あなたならどうする?
  2. 旦那以外に好きな人ができたらまず自分の気持ちを整理する
  3. 旦那以外に好きな人ができたけど諦める場合
  4. 旦那ではなく両思いの好きな人を選ぶ場合
  5. 旦那以外に好きな人ができると態度や言動に表れるので注意して!
  6. 旦那以外の好きな人を選んだ女性のその後とは?
  7. 旦那以外に好きな人ができた時は、幸せな将来のために慎重な判断を

旦那以外に好きな人ができると、「自分は既婚者なのに…」という罪悪感から好きな人にそっけない態度で接してしまうことがあります。しかし、同時に「嫌われたくない」という心理も働くので、結果的にチグハグな態度になりがちです。

あとで冷たくしたことを謝ったり、不自然に飲み物をおごったり、その様子は「ツンデレ」そのものです。好きな人と職場が同じだとしたら、すぐさま他の同僚たちに感付かれてしまうでしょう。そうならないために今まで通りの態度で接することを心がけましょう。

両思いに舞い上がって周りが見えなくなる

好きな人に好かれるのは嬉しいものです。しかし、両思いに舞い上がって周りが見えなくなってしまう人も少なくありません。感情が表に出やすい素直な性格ともいえます。ただ、「旦那以外に好きな人がいる」とにおわせるような発言をしがちなタイプでもあるので注意しましょう。

SNSなどを使用する際も同様です。むしろ、相手の顔が見えない分うかつな発言をしやすいかもしれません。不特定多数の人たちの中に、あなたをよく知る身近な人物も含まれるということを常に意識しながら使用してください。

旦那以外の好きな人を選んだ女性のその後とは?

離婚や不倫に気持ちが傾いている時に最も気になるのは「両思いの彼を選んだ女性のその後」ではないでしょうか。そこで、好きな人と上手(うま)くいった例と、上手くいかなかった例を1つずつ紹介します。

両者とも不倫の末に離婚した女性です。結末は違いますが、「何かを得るために他の何かを犠牲にした」という点は共通しています。ただし、上手くいかなければ失うだけで何1つ得ることはできません。旦那以外の人を選ぶ場合は、それを覚悟をした上で行動に移しましょう。

両思いの好きな人と上手くいった例

こちらの女性はかなりの紆(う)余曲折を経て、相手の男性と結婚しました。いくつかの代償はあるものの、現在は落ち着いて暮らしているそうです。

ヤフー知恵袋

女性

二度目の不倫で駆け落ちまでいかないけど、数日だけ行方をくらませました。すぐみつかってまさに地獄を味わいました。今その男が旦那です。代償はあります。かなり地味な生活になって実家に帰るのも今はできませんが、幸せです。

得たものと失ったものを天秤(てんびん)にかけたら、きっと失ったものの方が多いでしょう。それでも、お互いの「好き」という気持ちさえつり合っていれば、幸せを感じられるのかもしれません。

(駆け落ちについては以下の記事も参考にしてみてください)

駆け落ちした人たちの実体験!その後は?幸せ&後悔エピソードに学ぶ駆け落ちの全貌

両思いの好きな人と上手くいかなかった例

こちらは、相手も本気だと信じて旦那と離婚したのに、その気持ちを裏切られた女性の体験談です。厳しい言い方になりますが、「いつか離婚するから」という不倫の常套(とう)句に踊らされてしまったケースでしょう。

発言小町

女性

最初の2年ほどはW不倫でした。私のほうが先に離婚しました。現在は彼はまだ既婚中。「離婚できない」と聞いてから半年たったころ「やっぱり離婚してくるからまっててほしい・・」と言われました。そういわれてから、半年。。。何も動いてくれません・・・。

このような結末を迎えても「自業自得」と言われるのが不倫です。自分を裏切った相手のことすら大っぴらには責められません。あとに残るのは、自己嫌悪と後悔だけではないでしょうか。

旦那以外に好きな人ができた時は、幸せな将来のために慎重な判断を

旦那以外に好きな人ができるのは、誰にとっても想定外の出来事であり、一種の不可抗力でもあります。しかし、その先の行動は自分で決められます。

ときには「好き」という感情に振り回されて、何も考えられなくなる瞬間もあるでしょう。それでも決して焦らずに、できるだけ後悔の少ない選択をしてください。幸せな将来のために、納得がいくまで考え抜いて慎重に判断しましょう。

関連する記事