業務スーパーの白身フライはなんの魚?揚げない調理法や気になる味・口コミ、アレンジレシピをご紹介!

業務スーパーの白身フライはなんの魚で、まずいのかと気になっている人も多いでしょう。業務スーパーの白身フライの口コミやアレンジレシピを紹介します。フライパンでの揚げ焼き、衣にマヨネーズを塗ってオーブントースターで焼くなどの揚げない調理法も参考にしてください。

目次

  1. 業務スーパーの白身フライはなんの魚?
  2. 業務スーパーの白身フライの商品詳細
  3. 業務スーパーの白身フライの魅力
  4. 業務スーパーの白身フライの調理方法とは?揚げない方法もご紹介!
  5. 業務スーパーの白身フライはまずい?評判や口コミをご紹介!
  6. 業務スーパーの白身フライの美味しいアレンジレシピ3選!
  7. 業務スーパーの白身フライは便利で夕飯やお弁当のおかずに最適!

業務スーパーの白身フライはなんの魚?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/840836192932860472/

数多くの食品を取り扱っている業務スーパーのなかでも、白身フライは「安いのに美味しい」と人気があります。しかし、安い冷凍食品はまずいと思っていたり、そもそもなんの魚を使っているのかが気になったりする人も多いのではないでしょうか。

使われている魚は「ブルーホワイティング」という北大西洋に生息するタラの一種です。ヨーロッパでは、すり身や白身フライによく使われる魚です。味は、まずいことはありません。クセのない淡白な味で、タラに近い味です。業務スーパーの白身フライは「なんの魚を使っている?」「まずいかも?」と心配している人も、ぜひ試食してみましょう。

(業務スーパーの魚については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの冷凍魚おすすめ9選!節約アレンジレシピや解凍のコツ!口コミ多数!

業務スーパーの白身フライの商品詳細

出典:https://www.pinterest.jp/pin/855754366683271174/

業務スーパーの白身フライは安すぎて「まずいかも?」「なんの魚を使っている?」と心配になる人もいます。業務スーパーの白身フライについてくわしく紹介します。

【業務スーパーの白身フライ】商品詳細

商品名白身フライ
税込価格311円
内容量600g
原産国中国

業務スーパーの冷凍食品の人気商品といえば、白身フライです。内容量600gで、1袋に10枚の白身フライが入っています。ソースや醤油はもちろん、マヨネーズやタルタルソースをつけて食べるのもおすすめです。SNS上では、数多くのアレンジレシピが紹介されています。

業務スーパーの白身フライの原産国は、中国です。北大西洋に生息するブルーホワイティングを、中国で白身フライに加工しています。業務スーパーの白身フライはすでに衣がついているため、便利です。衣をつける手間が省けて、揚げるだけで簡単に美味しいフライが作れます。

【業務スーパーの白身フライ】カロリーとその他の栄養成分

カロリー135kcal(100gあたり)
タンパク質12.2g
脂質1.5g
炭水化物17.6g
食塩相当量0.9g

表示されているカロリーや栄養成分は、調理前のものです。油で揚げると、カロリーや脂質が高くなります。しかし、業務スーパーの白身フライには揚げない調理法もあります。フライパンやオーブントースターで揚げない調理法は、ダイエット中の人におすすめです。

【業務スーパーの白身フライ】賞味期限と保存方法

業務スーパーの白身フライの賞味期限は、製造から約1年3ヶ月です。保存方法は-18℃以下で保存します。冷凍庫に白身フライを保存しておくと、いつでも使えて便利です。食事や弁当のおかずに困ったときに役立ちます。

(業務スーパーの冷凍食品については以下の記事も参考にしてみてください)

業務スーパーの冷凍エビフライ5選!大きくてプリプリ!簡単な揚げ方やソース・レシピも

業務スーパーの白身フライの魅力

出典:https://www.pinterest.jp/pin/835277062142810394/

業務スーパーの白身フライは「まずいかも?」「なんの魚を使っている?」と気になる口コミがあります。しかし、コスパが高い商品が並ぶ業務スーパーのなかでも白身フライは人気商品です。業務スーパーの白身フライの魅力について説明します。

魅力①安くて大容量でコスパ抜群!

関連する記事