トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!2021海外で噂のあの商品も!

効果的な洗剤でトイレ掃除を楽にしてみませんか。この記事の前半では、トイレ汚れや洗剤の種類、酸性・中性・塩素系など選び方をご紹介します。後半では、スプレー・液体・置き型・スタンプなどタイプ別に、口コミで人気のおすすめトイレ掃除用洗剤を15選見ていきます。

目次

  1. トイレ掃除の決め手は洗剤選び
  2. トイレ汚れにはどんなものがあるの?
  3. トイレ掃除の洗剤タイプ
  4. トイレ掃除の洗剤の選び方
  5. トイレ掃除の洗剤選びの注意点
  6. トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!
  7. トイレ掃除のおすすめ洗剤【中性洗剤】
  8. トイレ掃除のおすすめ洗剤【酸性洗剤】
  9. トイレ掃除のおすすめ洗剤【塩素系洗剤】
  10. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2020年】
  11. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2021年最新】
  12. 効果的な洗剤を使えばトイレ掃除も楽々!

トイレ掃除の洗剤:スプレータイプ

スプレーノズルのついたタイプは、便器にシュッシュッと吹き付けるだけで掃除ができるので手軽で便利です。霧状のものだけでなく、泡状のものは便器にこびりついた汚れをゆっくり落としてくれるので効果的です。スプレー式だと掃除がやりやすく、時短効果も期待できます。

スプレータイプはノズル付きの本体を一度購入して、中身を詰め替えて使用すればコストも比較的安く抑えられます。便器だけではなく、トイレの床やお風呂なども吹きかけてお掃除できるものもあるので、スプレータイプは日常使いに重宝しそうですね。

トイレ掃除の洗剤:液体タイプ

便器の頑固汚れをしっかりと除去したい時には、液体タイプのトイレ洗剤が便利です。強力な酸性や塩素系のものなどが多く、便器の黒ずみや黄ばみ、水垢などをきっちり除去してくれます。便器のふちやふちの裏側まで洗剤が届くようにノズルが設計されているものがほとんどで、大掃除や徹底的にトイレをきれいにしたい時にはぴったりです。

液体がジェル状や泡状になっているものが多いので、洗剤が便器にくっつきやすく、数分放置するだけでこすらずに黒ずみやカビなどを落とすことができます。洗剤をかけるだけのお掃除は時短にもなり便利ですよね。画像のように、洗剤液を染み込ませたトイレットペーパーで便器をパックして、汚れを落とすというやり方も効果的のようです。

トイレ掃除の洗剤:置き型タイプ

置き型タイプとは、タンク式トイレの手洗い用の水が出てくるところに置くタイプの洗剤です。置くだけでタンク内の水が洗剤と混ざり、水を流すたびに便器をきれいにしてくれるのが特徴です。水を流すだけなので、時短にもなりこまめにトイレ掃除をする時間が持てない人におすすめでしょう。ソープやアロマの香り付きのものも人気のようです。

トイレ掃除の洗剤:スタンプタイプ

スタンプ式のトイレ用洗剤は、ジェル状の洗剤を便器に直接スタンプのようにくっつけておくものです。水を流すたびに洗剤成分が溶け出し、便器内をきれいにたもってくれます。便器内にくっつけておくだけなので、時短にもなりますね。

香り付きのものや、きれいなお花の形をしたものや透明で目立ちにくいものなど次々と新しい商品が出てきています。スタンプ式トイレ用洗剤は、トイレ掃除をしながら便器をかわいくデコレーションできると口コミでも人気です。トイレのインテリアにこだわりたい方は、ぜひこのスタンプ式洗剤をチェックしてみてください。

(おしゃれなトイレのインテリアについては以下の記事も参考にしてみてください)

トイレの床のDIY*簡単なおしゃれアイデア&やり方20選!賃貸も

トイレ掃除の洗剤の選び方

トイレ用洗剤は、中性洗剤、酸性洗剤、塩素系と、大きく3種類に分けることができます。トイレ汚れの種類によって、洗剤を使い分ける必要があるのです。洗剤の選び方を間違えてしまうと、汚れが落ちにくい原因になってしまいます。それぞれの洗剤の特徴について見ていきましょう。

普段のトイレ掃除には中性洗剤を

関連する記事