トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!2021海外で噂のあの商品も!

効果的な洗剤でトイレ掃除を楽にしてみませんか。この記事の前半では、トイレ汚れや洗剤の種類、酸性・中性・塩素系など選び方をご紹介します。後半では、スプレー・液体・置き型・スタンプなどタイプ別に、口コミで人気のおすすめトイレ掃除用洗剤を15選見ていきます。

目次

  1. トイレ掃除の決め手は洗剤選び
  2. トイレ汚れにはどんなものがあるの?
  3. トイレ掃除の洗剤タイプ
  4. トイレ掃除の洗剤の選び方
  5. トイレ掃除の洗剤選びの注意点
  6. トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!
  7. トイレ掃除のおすすめ洗剤【中性洗剤】
  8. トイレ掃除のおすすめ洗剤【酸性洗剤】
  9. トイレ掃除のおすすめ洗剤【塩素系洗剤】
  10. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2020年】
  11. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2021年最新】
  12. 効果的な洗剤を使えばトイレ掃除も楽々!

トイレ掃除の決め手は洗剤選び

毎日使うトイレは、いつでも清潔に保っておきたいですよね。トイレ掃除で決め手となるのは、トイレブラシとトイレ用洗剤です。トイレ用洗剤は泡状スプレータイプやジェル状のスタンプタイプ、置くだけのものなど多種多様。汚れやすい場所だからこそ、汚れに相性の良い洗剤を選んでトイレ掃除を時短できたらいいですよね。

この記事の前半では、トイレ汚れの種類やトイレ用洗剤のタイプとその選び方、洗剤使用時の注意点などを解説していきます。後半では、トイレ用洗剤おすすめ15選を、中性洗剤、酸性洗剤、塩素系洗剤と洗剤の液性別にご紹介します。口コミやレビューで人気の高かったおすすめ洗剤が気になる方は、後半から読み進めてみてください。

(人気のトイレブラシについては以下の記事も参考にしてみてください)

トイレブラシの人気おすすめ15選!100均・無印など!収納もおしゃれで機能的に!

トイレ汚れにはどんなものがあるの?

トイレは毎日使う場所なので、汚れがどうしても溜まりやすいですよね。こまめに掃除をしたいけれど、においがきつかったりトイレ掃除を億劫に思ってしまう人も少なくありません。トイレ掃除を時短かつ効果的に行うには、トイレ汚れの種類と特徴を知る必要があります。便器の隙間につきやすい汚れや、しつこい頑固汚れなどトイレ汚れの性質を解説していきましょう。

便器の隙間やふちにつきやすい黄ばみや尿石

トイレの黄ばみは、便器にこびりつきやすい尿石というものが原因です。尿石はリン酸カルシウムという無機汚れと、尿に含まれるたんぱく質が結合したもので、こまめに便器を掃除していないと、便器の隙間やふちにたまりやすい汚れです。便器に尿石が溜まってしまうと、独特のにおいを放ち悪臭の原因となってしまいます。

放っておくと厄介な水垢やカビ

水の流れる跡に沿って、便器に水垢ができてしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。水垢はカビや雑菌が繁殖して発生することが多く、嫌なにおいの原因にもなります。トイレだけではなく、キッチンやお風呂場など水周りはどうしても水垢が付いてしまいます。放っておくと、とれにくい汚れなので、定期的な掃除が大切ですね。

頑固汚れになりやすい黒ずみや輪ジミ

ついさぼってしまいがちなトイレ掃除ですが、トイレ掃除を怠けているとカビや雑菌が繁殖して、便器の黒ずみや輪シミの原因になってしまいます。黒ずみのほとんどはカビが原因で、湿度が高く栄養分の多いトイレはカビの繁殖に最適です。トイレ掃除を怠っていると、カビがどんどん繁殖して黒ずみや輪シミが付いてしまうのです。

黒ずみの原因としては、カビ以外にも便器にたまった尿石が黒ずみになってこびりついてしまうとこもあります。便器の黒ずみ汚れは、一度ついてしまうと落とすのになかなか苦労してしまうので、日頃からこまめに掃除しておくといいでしょう。

(トイレの黒ずみや水垢を落とす方法については以下の記事も参考にしてみてください)

トイレの黒ずみ・水垢を簡単に落とすやり方!汚れの原因や予防法も!

トイレ掃除の洗剤タイプ

スーパーやドラッグストアには、様々な種類のトイレ用洗剤が売られていますよね。ノズルから泡が出るものや、置くだけで時短掃除ができるもの、ジェル状のものやスタンプタイプなど、トイレ用洗剤のタイプを見ていきましょう。

(トイレについては以下の記事も参考にしてみてください)

トイレが臭い…7つの原因&対策!半年はもつ掃除法や予防法も!

関連する記事