トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!2021海外で噂のあの商品も!

効果的な洗剤でトイレ掃除を楽にしてみませんか。この記事の前半では、トイレ汚れや洗剤の種類、酸性・中性・塩素系など選び方をご紹介します。後半では、スプレー・液体・置き型・スタンプなどタイプ別に、口コミで人気のおすすめトイレ掃除用洗剤を15選見ていきます。

目次

  1. トイレ掃除の決め手は洗剤選び
  2. トイレ汚れにはどんなものがあるの?
  3. トイレ掃除の洗剤タイプ
  4. トイレ掃除の洗剤の選び方
  5. トイレ掃除の洗剤選びの注意点
  6. トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!
  7. トイレ掃除のおすすめ洗剤【中性洗剤】
  8. トイレ掃除のおすすめ洗剤【酸性洗剤】
  9. トイレ掃除のおすすめ洗剤【塩素系洗剤】
  10. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2020年】
  11. トイレ掃除のおすすめ洗剤【2021年最新】
  12. 効果的な洗剤を使えばトイレ掃除も楽々!

中性洗剤は酸性、アルカリ性に比べて強力な効果は期待できない反面、便器を傷つけにくいというメリットがあります。塩素系洗剤はきついにおいを発生させるものなどもありますが、中性洗剤は比較的マイルドで使いやすい洗剤です。

頑固な黒ずみや尿石がある場合は別として、普段のトイレ掃除では中性洗剤で十分です。汚れがこびりついて尿石や黒ずみになってしまう前に、中性洗剤で日頃から汚れをきれいに落としておきましょう。

トイレの黄ばみや尿石掃除には酸性洗剤を

便器のふち裏や隙間につきやすい黄ばみや尿石は、酸性洗剤できれいに落とすことができます。尿石や水垢はアルカリ性の性質をもつ成分が凝固したものです。酸性洗剤を使うことにより汚れを中和して落としやすくしてくれます。

酸性洗剤は液状のものが多く、そのまま直接便器にかけて放置するタイプが多いようです。ブラシなどでこすらずに水で流すだけで汚れが落ちると評判のものもあります。おすすめ酸性洗剤はこの記事の後半で紹介していきますよ。

(トイレ掃除については以下の記事も参考にしてみてください)

重曹&クエン酸で掃除が簡単ピカピカ!場所別に使い方を紹介!洗濯にも!

トイレの黒ずみ掃除には塩素系洗剤を

塩素系洗剤には除菌効果があるため、カビや雑菌の繁殖による便器の輪シミや黒ずみ汚れに効果的と言われています。液体状の強力なものが多く、便器にこびりついた頑固汚れを除去したいという方にぜひおすすめです。強力な洗剤は汚れの落ちも良いですが、きついにおいを発生するものもあります。

塩素や酸などで汚れを化学反応させて、泡などの力で頑固汚れを落とすタイプの多い洗剤です。合成洗剤が苦手な方は、重曹やクエン酸などで汚れを落とす方法もあります。状況や目的に合った洗剤選びを心がけましょう。

(重曹での掃除については以下の記事も参考にしてみてください)

重曹&お酢で排水口をピカピカお掃除!準備ややり方は?綺麗のキープ方法も!

トイレ掃除の洗剤選びの注意点

塩素系洗剤はカビの除去には大変効果的です。しかし、同時に体に良くないガスを発生させることでも知られています。特にトイレは窓がなかったり狭かったりするので、塩素系洗剤を使用する場合には換気に十分注意しましょう。

塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜて使てしまうと有毒ガスが発生するので、絶対に混ぜて使用してはいけません。洗剤のラベルに注意事項や使い方が記されているので、使用前には必ず確認してください。また、赤ちゃんや子供の誤飲を防ぐため、絶対に子供の手の届くところに置かないようにしましょう。

トイレ用洗剤を正しく使えば、汚れがきれいに落とせて気分も晴れやかになりますね。トイレをきれいに保っておくと運気が上がるとも言われています。効果的なトイレ洗剤でトイレ掃除を習慣づけてみてください。

(トイレから運気を上げる方法については以下の記事も参考にしてみてください)

トイレから運気をあげる風水ルール11選!方角別に色やインテリアを紹介!

トイレ掃除の洗剤おすすめ15選!

ここからは、トイレ掃除におすすめの洗剤15選をご紹介していきます。中性洗剤、酸性洗剤、塩素系洗剤と、3つのタイプに分けて口コミなどで人気の高かった商品を見ていきましょう。スプレータイプやスタンプ式など好みに合った洗剤を探してみてください。

トイレ掃除のおすすめ洗剤【中性洗剤】

関連する記事