胎児性アルコール症候群とは?妊娠超初期の飲酒も影響する!?

【医師監修】胎児性アルコール症候群は妊娠中のママさんがアルコールを飲酒することによって赤ちゃんにおこる先天性疾患です。妊娠に気付かなく飲酒してしまって慌てるママさんもいらっしゃると思います。ここでは胎児性アルコール症候群とは何か妊娠超初期の飲酒の影響についてご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 胎児性アルコール症候群の原因は?
  2. 胎児性アルコール症候群の治療法?
  3. 胎児性アルコール症候群による影響
  4. 妊娠超初期に飲酒をした場合
  5. 胎児性アルコール症候群といつわかるのか?
  6. 妊娠中はどのくらいなら飲酒できるか
  7. 産まれてくる赤ちゃんが胎児性アルコール症候群にならないためにはお酒を飲まない!

胎児性アルコール症候群の原因は?

胎児性アルコール症候群の原因は、妊娠中によるママさんの「アルコールの飲酒」です。妊娠中は胎盤を通してママさんが口にした食事の栄養は全て胎児に送り届けられますよね。7ウイルスや身体に悪い物は通さない役割をもつ胎盤ですが、アルコールはそのままダイレクトに胎児に送り届けられてしまうのです。

胎児の肝臓はまだ未完成で未熟です。そんな肝臓を持つ胎児はもちろん、アルコールを分解することが出来ません。送られてきたアルコールは体内に暫く残った状態が続いてしまうでしょう。それが原因で発育や脳など神経に影響が出てしまい、胎児性アルコール症候群を引き起こしてしまうのです。(※1)

(妊娠中の飲酒については以下の記事も参考にしてみてください。)

妊娠超初期の飲酒はダメ?アルコールが胎児に影響するのはいつから?

胎児性アルコール症候群の治療法?

現段階では「胎児性アルコール症候群」と診断されてしまうと、残念なことに治療法はありません。胎児性アルコール症候群と診断されたらご家族がきちんと向き合って受け入れるしかないのです。しかし、ママさんが日頃からアルコールを飲酒しない習慣を身につけ、アルコールを摂取しないことで100%の確率で胎児性アルコール症候群を防ぐことは出来ます。

胎児性アルコール症候群は誰にでも予防することが出来る先天性疾患です。

胎児性アルコール症候群は予防で解決できる

胎児性アルコール症候群は100%の確率でママさんがアルコールを飲酒しなければ予防出来ます。妊娠を希望としている女性の方なら、いつわかるかわからない妊娠に備えて、アルコールを飲まない習慣を常日頃から身につけておきましょう。喫煙もそうです。早い段階から気を付けることで精神的な負担も減るでしょう。

少しでも妊娠に心当たりがあるなら直ぐに検査をして、早めに妊娠に気付くことでアルコールの摂取を防ぐことが出来るでしょう。妊娠超初期からアルコールを摂取しない事が理想ですが、遅くても妊娠が発覚した時点でアルコールの摂取をきっぱりとやめて、産まれてくる赤ちゃんのためにも胎児性アルコール症候群を100%の確率で防ぎましょう。

カズヤ先生

産婦人科医

胎児性アルコール症候群の発生率は1000出生中、0.5人程度と言われています。 記載のとおり飲酒しなければ100%予防可能なのですが、アルコール依存症の女性の出生児では1/3にまで発生確率が上がります。 すなわち、機会飲酒程度の妊婦さんであれば自制する事はそれほど難しくないのですが、普段からアルコール摂取の多い妊婦さんは 相当の覚悟と自覚を持っていただくことが重要です。

胎児性アルコール症候群による影響

胎児性アルコール症候群は「胎児の成長が遅れる」「脳の発育にも影響し言語障害が起こる」「学習障害」など何らかの障害をもって産まれてきます。いつわかるかわからないですが、母体にいる時から成長の遅れにより小さく未熟児として産まれてきたり、顔の作りにも影響を与えてしまうほどです。お腹の中にいる時から症状は表れ、軽度から重度の個人差があります。

胎児性アルコール症候群による影響【成長の妨げ】

胎児性アルコール症候群と診断され産まれてきた赤ちゃんは小さく低体重、低身長であったり母体にいる時から成長の遅れがみられるでしょう。アルコールを飲酒したことにより成長を妨げてしまうのです。通常の赤ちゃんよりも5~10%の確率で小さい傾向にあるようですね。

胎児性アルコール症候群による影響【中枢神経系の障害】

「学習障害」「注意欠陥多動性障害(ADHD)」など、コミュニケーションがうまくとれない発達障害がみられることがあるでしょう。他にはうつ病などの精神障害の関わりも妊娠中のアルコール摂取によって引き起こす原因となっていることがあります。

これらは子供が幼いうちは気付かず成長とともに気付くケースや、成人してから発症することがあり、いつわかるかわからず軽度から重度まで程度は様々でしょう。

関連する記事