妊娠した時の基礎体温グラフ実例!妊娠超初期の体温はどう変化する?

妊活をしている方にとって重要な情報である基礎体温の変化。そんな妊娠を望む方必見の、基礎体温の変化を妊娠超初期と非妊娠時で比較し、グラフを交えながらわかりやすくご説明します。また、妊娠超初期の妊娠時の体の変化や症状もグラフを交えてご紹介していきます。

目次

  1. 基礎体温グラフってどういうもの?
  2. 高温期と低温期とは何度?下がる時期は?
  3. 基礎体温のグラフの変化と特徴!妊娠した時は?
  4. なぜ基礎体温が乱れるのか?
  5. グラフでわかる基礎体温とホルモンの関係
  6. 妊娠しやすい時期は?
  7. 高温期が2週間続くと妊娠の可能性も!?
  8. 妊娠超初期になると基礎体温はどう変化するのか?
  9. 妊娠超初期から見る基礎体温の変化
  10. 基礎体温を毎日測ること!

基礎体温グラフってどういうもの?

妊活中の人なら基礎体温を毎日測っているという人も多いでしょう。妊活中ではなく妊娠を希望していない方も、基礎体温を測ることは健康維持のためにオススメなのですよ。

基礎体温とは何度くらいで、上がる時や下がる時どのように変化していくものなのでしょうか。また、基礎体温をグラフで記録すると、身体について何がわかるのでしょうか。詳しくご説明していきます。

そもそも「基礎体温」って何?

基礎体温とは、朝起きてから身体を動かす前の体温のことです。簡単にいうと「起床後すぐの状態で測る体温」のこと。基礎体温は生活リズムや体温の測り方などによって、すぐ変化してしまいます。正しく測るポイントは、身体を動かす前に体温を測ることです。

体温を測るポイントは?

ここで正しい基礎体温の測り方を説明していきます。

●体温計(婦人用)で測る
●毎朝、身体を起こす前に測る
●口の中の舌の裏側に当て計測する
●横になったまま安静にして測る
●飲酒、睡眠不足に気をつける

__munmun3さんの投稿
39167049 250706355588640 5537097268504559616 n

このポイントを守って毎日測り続ければ、正しい基礎体温がわかるでしょう。(※1)正しい基礎体温がわかれば妊娠超初期の少しの体調変化にいち早く気づくことができます。妊娠や体調不良への対処も早くできるでしょう。妊活中の皆さんは間違いのない基礎体温を把握することが大切です。

通常時(妊娠していない時)の体温は2種類ある!?

女性の基礎体温は大きく2つの時期に分けることができます。体温が低い時期を表す「低温期」と、体温が高い時期を表す「高温期」です。これらは生理周期によって変化していきます。低温期と高温期は基礎体温を記録していく上で重要なポイントになるもの。ここから詳しくご説明していきます。

(高温期や基礎体温については以下の記事も参考にしてみてください)

高温期とは?体温は何度くらい?基礎体温の測り方と妊娠しやすいタイミング!

高温期と低温期とは何度?下がる時期は?

高温期と低温期はそれぞれ何度くらいが目安なのでしょうか。そして、体温が上がる時期や下がる時期をグラフで表すとどのようになるのでしょうか。ご説明していきますね。

基礎体温が何度かをグラフで記録する

女性の基礎体温は、生理周期やホルモンバランスによって左右されています。特に排卵の影響を大きく受けており、おおむね1ヶ月の間に体温が下がる「低温期」と体温が上がる「高温期」の2つにわかれるのが一般的です。

常日頃から基礎体温を記録してグラフ化することで、この2つの周期がわかるようになっていくでしょう。低温期と高温期がわかるようになると自分の排卵のタイミングや生理周期が認識できますよ。(※3)

グラフで見る低温期とは?

関連する記事