妊娠した時の基礎体温グラフ実例!妊娠超初期の体温はどう変化する?

妊活をしている方にとって重要な情報である基礎体温の変化。そんな妊娠を望む方必見の、基礎体温の変化を妊娠超初期と妊娠時で比較し、グラフを交えながらわかりやすくご説明します。また、妊娠超初期の妊娠時の体の変化や症状もグラフを交えてご紹介していきます。

目次

  1. 基礎体温グラフってどういうもの?
  2. 高温期と低温期とは何度?下がる時期は?
  3. 基礎体温のグラフの変化と特徴!妊娠した時は?
  4. なぜ基礎体温が乱れるのか?
  5. グラフでわかる基礎体温とホルモンの関係
  6. 妊娠しやすい時期は?
  7. 高温期が2週間続くと妊娠の可能性も!?
  8. 妊娠超初期になると基礎体温はどう変化するのか?
  9. 妊娠超初期から見る基礎体温の変化
  10. 妊娠に早く気付く為には
  11. 基礎体温を毎日測ること!

基礎体温グラフってどういうもの?

ご自身の基礎体温が何度なのかというのは、把握しておいた方がいいでしょう。これは何も妊活中の人に限ったことではないのです。これといって妊娠を願っていない人も健康の為に測っておくようにしましょう。それではこの基礎体温とは何度程度で、上がる時や下がる時、どうなると思いますか?基礎体温をグラフにして記録していくことでご自身の身体について何がわかるのでしょうか?この先で詳細をご案内していきますね。

そもそも「基礎体温」って何?

基礎体温とは、朝起きてから、活動するまでの間のエネルギーを消費していない落ち着いた状態の時に測る体温のことを指します。簡単にいうと、「起床後すぐの状態で測る体温」のことです。生活リズムや体温の測り方などによってすぐに変化してしまう基礎体温を正しく測るためには、起床後に何か行動をする前に体温を測る必要があります。

体温を測るベストなタイミングは?

例えば、「朝起きてトイレに行ってから体温を測った」や「朝起きてからリビングにある体温計を取りに行ってから体温を測った」などとします。この測り方だと朝起きてから動き出してしまった後に体温を測っているため、正しい基礎体温にはなりません。正しく測るには、朝起きて何か活動をする前、低い時に測る必要があります。体温計はベッドからすぐに手の届く範囲に置いておくと良いでしょう。

また測るのは1度で十分です。何度も何度も測ってしまうと記録に支障が出てきまう恐れがあります。あとは可能であれば、体の上体を起こす前に測る(体温が低い時)のがベストです。「上体を起こす」という動作もなるべく避けた方が正しく測ることができます。

通常時(妊娠していない時)の体温は2種類ある!?

女性の基礎体温には大きく分けると2種類あります。体温が低く下がる時期を表す「低温期」と、体温が高い時期を表す「高温期」があるのです。こちらは生理周期によって変化していきます。この低温期と高温期は基礎体温を何度か記録していく上で重要な部分になりますから、こちらも説明していきます。

(高温期や基礎体温については以下の記事も参考にしてみてください。)

高温期とは?体温は何度くらい?基礎体温の測り方と妊娠しやすいタイミング! | AKANBO[あかんぼ]

高温期と低温期とは何度?下がる時期は?

高温期と低温期はそれぞれ何度くらいなのでしょう?そして、上がる時期や下がる時期はグラフで表すとどうなるのでしょう?ご説明していきますね。

基礎体温が何度かをグラフで記録する

女性の方の基礎体温は生理周期やホルモンバランスによって左右されます。特に排卵に影響されて強く変化していき、概ねひと月の周期の中で体温が下がる「低温期」と体温が上がる「高温期」に二分されています。その為、常日頃から基礎体温を測り、記録してグラフ化することでこの二つの周期が判るようになっていきます。体温が低い低温期や高温期が判るようになると自分の排卵や生理周期が認識できます。

グラフで見る低温期とは?

関連する記事