ブリーチなしのハイトーンカラーまとめ!明るめアッシュやピンクなど実例を紹介!

【美容師監修】ハイトーンの明るい髪にしてみたいけど髪が傷むのが心配で、出来るならブリーチなしで染めたいですよね。そんな方にブリーチなしでもできるハイトーンカラーの明るい髪色をアッシュ・ピンク・ミルクティー・ベージュなど色合い別にご紹介します。

専門家監修 | 美容師 佐藤旭
InstagramHOT PEPPER beauty
八王子にある美容室【ミシン】でスタイリストをしています!まとまりのある【ボブスタイル】やシンプルな【アッシュカラー】が得意です。【...
Instagram   HOT PEPPER beauty
八王子にある美容室【ミシン】でスタイリストをしています!まとまりのある【ボブスタイル】やシンプルな【アッシュカラー】が得意です。【ナチュラル】で【優しい雰囲気】の髪型、お任せください!

目次

  1. ハイトーンカラーとは
  2. ブリーチなしでも明るい髪色にできる?
  3. ブリーチなしで明るい髪色にしてみよう!【色合い別】
  4. ブリーチなしで明るい髪色に【アッシュ】
  5. ブリーチなしで明るい髪色に【ピンク】
  6. ブリーチなしの明るい髪色に【ミルクティー】
  7. ブリーチなしで明るい髪色に【ベージュ】
  8. ブリーチなしで明るい髪色に【グレージュ】
  9. ブリーチなしで明るい髪色に【ブルージュ】
  10. ブリーチなしで明るい髪色に【グラデーション】
  11. ブリーチなしで明るい髪に【イルミナカラー・アディクシーカラー】
  12. 髪色を正しく伝えて理想のカラーに!【オーダー方法】
  13. ブリーチなしで明るい髪色に【市販のカラー剤】
  14. 明るいカラーを長持ちさせるヘアケア方法
  15. ブリーチなしでも透明感ある明るい髪色に!

同じ市販のカラー剤でも髪質によって出来上がりに差が出てきます。髪質が太くて黒く、直毛でパーマなどもかかりにくい方は市販のカラー剤に書かれている放置時間より長めに放置してからカラー剤を流すことをお勧めします。逆に髪質が細くてもともと茶色っぽい方は染まりやすいので、放置時間を短めにすると明るくなりすぎるといったトラブルを避けられます。

明るいカラーを長持ちさせるヘアケア方法

せっかく美容室でカラーリングしたり市販のカラー剤で好みのハイトーンカラーにしてもすぐに色落ちしてしまったという経験はありませんか?そんな残念な結果にならないようここからはカラーをなるべく長持ちさせるヘアケア方法をいくつかお教え致します。ピンクやアッシュは色落ちしやすいと言われているのでここからご紹介する方法を試してみてくださいね。

おすすめヘアケア【1. カラー用シャンプーを使おう】

出典: https://www.pinterest.jp/pin/503981014528060270/

カラーを長持ちさせるヘアケアとして、カラー用シャンプーを使うことをお勧めします。美容室で販売されているサロン専売のものから、ドラッグストアなどで扱っている市販の物までさまざまなカラー用シャンプーがあります。市販のシャンプーを使う場合、保湿力が高くダメージ補修をする働きを持ち、洗浄力が穏やかなものを選んでヘアケアしてみましょう。

ちびたさん(@chibitarosu001)がシェアした投稿 -

シャンプーの成分でラウリル硫酸やラウレル硫酸が入っているシャンプーは洗浄力が強すぎてカラーが落ちやすくなるので選ばないようにしましょう。オーガニックオイル配合のシャンプーやアミノ酸系のシャンプーなどは洗浄力も穏やかで髪を保護・補修しながら洗ってくれるのでカラー後のヘアケアとして選びたいシャンプーです。

healthyriiiinaさんの投稿
31976368 184429559053559 941074583488823296 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram

また、シャンプーで頭を洗うのはカラーリングした当日は止めておきましょう。ヘアカラーの色素は染めた後空気の中の酸素に触れてだんだんと定着していきます。完全に定着するまでは72時間かかるそうです。できるだけシャンプーをしない方がいいですがどんなに短くても24時間は時間を空けましょう。色落ちを防ぐことも大切なヘアケアの一つです。

おすすめヘアケア【2.温度を低めにしよう】

出典: https://www.pinterest.jp/pin/341921796695070900/

また、温度が高いお湯でシャンプーをすると髪の表面を守っているキューティクルがはがれやすくなり、同時に色落ちもしやすくなってしまいます。38度ぐらいのぬるめのお湯でシャンプーしましょう。髪が乾燥することもカラーを保つためには良くありません。ドライヤーの温度にも気を付けて、一か所に温風を当てすぎないようにしましょう。

佐藤旭

美容師

寒い時期は、たいへんかしれませんが、ぬるま湯で流すのは大事です! ドライヤーや、ヘアアイロン、コテの温度も気をつけてください! 特に、毎日アイロンやコテ巻きをする方は、色落ちもダメージも進みやすいので、しっかりとケアをしつつ、たまには髪を休める日をつくってあげるのが良いですよ

おすすめヘアケア【ヘアケア剤をこまめに使おう】

また、シャンプー後には補修力が高いトリートメントを塗ってしっかり潤し、ドライヤー前後にヘアオイルや流さないタイプのトリートメントなどのヘアケア剤を使用すると髪を乾燥から守ってくれるのでお勧めですよ。カラーを長持ちさせるには面倒くさがらず日々こまめにヘアケアしておきましょう。

ブリーチなしでも透明感ある明るい髪色に!

hiro_wixyさんの投稿
32443510 590090394693306 6104993035681005568 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram

関連する記事